新着一覧
『後背位で突くたびに下乳に手と指が挟まってその感触で暴発しそうになる』

人間のおっぱい当たってる!挟まってる!アッどくどくどくどく(…決めた。今後は北大路かのんみたいにKカップ以上しか選ばないと!)

大型オナホール『北大路かのん』とのセックスでいっぱい突きまくって長時間セックスしようと思っていたのに生の下乳が突くたびに当たってきてあっという間に暴発してしまった。悟った。ラブドールのおっぱいはKカップで生乳感に豹変すると。そして今後は北大路かのんみたいにKカップ以上しか選ばないと!

『ラブドールは頭部があって初めて人間と思い込んでプレイする億劫さなく素で人間とセックスする体験にできる』

“北大路かのん”とのSEXで学んだ。セックスドールは“頭部あり一択”だということを!ヘッドがないと7日で飽きる末路だ!

「セックス目的のリアルドールが欲しい」そう思った時にとりあえず安い“下半身だけ”のラブドールや“胴体のみ”のラブドールが購入候補に挙がる。しかし、それらを買った結果、ほとんど未来はすでに決まってしまう。「今すごく欲しくて盛り上がっているのにいざ迎え入れたら1週間で飽きる」という未来がほぼ決まって起こるのだ。原因はただ1つ。頭部だ!

風俗嬢の方の舌がお構いなしに入ってくる|風俗体験談

風俗ソープに行く前にするべきこと?リップクリームで毎日唇を整えておくことだ!そうすれば最高の長時間ディープキスを味わえる!

風俗に行って唇が乾いて気持ち良くなれなかった。悟った。「毎日リップクリーム塗るべきだと。」そしてあることに気づいた。ラブドールもオッパイオナホも風俗と同じく「リップクリーム毎日塗って整えた時のほうがキスも乳首舐めも圧倒的に美味しかった」ということを!さらばベコベコ唇、ようこそプルプル唇!

ガールフレンドの肉体から「体温」を感じるローションセックスができる方法。後始末も驚愕に楽

ローションはローションでも『温感ローション』を使用する。温感ローションを使えば、ガールフレンドの肉体から「体温」が発生する。ガールフレンドの肉体はすでに生身そっくりである。そしてこのローションによってさらに体温が付与される。いっそう「人間」に近づく。プレイ時はもう「温かい生身の女性」とセックスしているようである。

オナホなのに「体温」ある女性とローションSEXできる

これを塗るだけで冷たい肉体のガールフレンドから温かい体温を持った肉体のガールフレンドに大変化する(これには目がまんまるになるほど驚愕であった)

h

「ローションプレイがしたい、しかし、ヒヤッとするのがいやだ!後始末も面倒!」そんなときは温感ローションを使用する。触ると温かいローションである。ガールフレンドが体温を持ったようになる。

h

温める必要がない。最初の一瞬からもうガールフレンドの肉体から体温を感じる。肉体に体温がもたらされる。ローションプレイでヒヤッと感じない。

h

「競泳水着を着せたままローションプレイをしたいが、ローションに触れるあの最初のヒヤッとする瞬間が嫌でなかなか重い腰が上がらない」それが無くなる。

ローションなのに後始末が驚愕に楽

h

後始末も驚愕に楽である。シャワーを当てているだけでツルツルになる。競泳水着をベトベトにしてもその競泳水着がすぐに綺麗になってしまう。粘っこく残らない。「体がベトベトになって後始末が嫌だ」という感覚が無くなる。

そして何よりもオナホールの冷たい肉体に「体温」を付与できる。ガールフレンドに体温が宿ってしまうのがもう、驚愕に感動してしまう。この「体温」をガールフレンドの肉体に付与できる点はもはや「神」だ。

1. オナホールに人体温を付与できる

ガールフレンドから体温を感じられる

この温感ローションを塗りたくったガールフレンドを抱き締めた時に「温かい人肌」を感じられる。裸で抱きしめた時に「体温」を感じることができる。妄想ではなく、ガールフレンドの肉体から直接的に体温が伝わってくる。ヒヤッとしないのはこのためである。

h

人体のように自然に“体温上昇”する。よく薬局に売っている「吹きかけるだけでヒヤッと続く」夏クール系ジェルと同じ類の商品ではある。しかし、この温感ローションにはそれらにお決まりの人工的な感じがない。温感ローションは人体の体温に触れたように自然に滑らかに上昇していく感じである。「自身の腹部に手を当てた時に一瞬暑く感じるものの、その直後は手と腹がお互いに体温を共有するようにだんだんと生温かくなってくる」そんな人間独特の体温の感じをガールフレンドの肉体でも感じられるようになる。

h

温感ローションは常温のようなローションである。熱いといった感じでは無く、生温かく感じる。「このローション、実は昼から炎天下に置いといたやつなんです」といった生ぬるい温かさである。

h

温度計を直接当てても温かいわけではない。しかし、肌で触れると反応して温かくなる。化学的と言えども、人工的な温度上昇ではないことに驚く。夏に出回っている”拭くだけで涼しくなる爽快タオル”などのように「結局、クーラー効いた部屋のほうが良い。人工的過ぎ」といった人工的な感覚がお決まりである。

一方、温度ローションは滑らかにまさに体温のように自然的に生物的に上昇していく。商品のクオリティが最上級に高い。人工的な温かさではないのでガールフレンドがまさに自然な体温を持ったように感じられる。

着衣ローションプレイでも温かい(例:競泳水着)

h

人間の肌が触れた時に温かく感じるローションなので、競泳水着の上からでもガールフレンドの生肉体に塗った時と同じように体温を体感できる。ガールフレンドが本当に体温を持った感覚であり、競泳水着の上からでもその体温を感じられる。

※ちなみに、電気毛布で温めても温かくならない

電気毛布をガールフレンドにくるめて数時間放置した結果、全然温かくならなかった。一瞬だけ温かいと感じたものの、その後みるみるうちに冷めていった。そしてまた冷たい肉体にすぐさま戻ってしまった。

一方、温感ローションは塗るだけで瞬時に温かくなった。それでいて密着していればずっと体温を感じられる。自身が服を脱ぐ必要はあるものの温感ローションは非常に手軽に感じる。自身が全裸にならなくても、股間の接触部分に部分的に塗りたくってプレイすればガールフレンドの体温を股間全体で臨時的に楽しむこともできる。

さらに電気毛布と比べても後始末が楽である。水でサラッと流れていくので、股間を温感ローションでベトベトにしても後始末の面倒さを考えなくてよい。利便性が極めて高く、非常に重宝する。

オイルのようなのですぐに肉体全体になじませられる

h

ローションのように硬くない。温感ローションはローションというよりオイルである。それでいて密着時の感触はローションと同じ密着感になっている。

h

密着時にサラサラしすぎない。ヌルヌルと程よくなめらかにコシのあるヌルヌルさを保ってくれる。感触はローションではあるが、オイルのようで塗りやすい。なじませやすい。

h

ローションの“伸ばす”といった作業が、温感ローションでは一撫ででオイルのようにサーーーッとダマなく一発で馴染んでいく。なじませるのが本当に楽である。普通のローションは絵の具をグネグネと塗る感覚であった(水で薄めればマシにはなるもののやはり面倒)。それに対して、温感ローションはぶっかけるとそれ一色に染まってしまうようなまさに「液体」と同じ手軽さである。パーーッと一気に馴染んでいく。

2. 後始末が驚愕に楽

洗い流すのが極めてラク。シャワーで瞬時にツルツルになる

ローションなのにシャワーを当てただけでツルツルになってしまうのには本当に驚いた。

h

ヌルヌルになった自身の体、ヌルヌルになったガールフレンドの肉体、ヌルヌルになった競泳水着、ベトベトになった温感ローションのボトル、シャワーをサーッと当てただけですべてがツルツルになってくれる。

h

シャワーを当てながらこすり洗いしているときもローションをこすり落としてる感触ではなく、水をこすっている感触である。瞬時に水に変化していくので、水をこすり落としているような段階に一瞬で変わる。つまり、もうこすっている段階にはすでにツルツルに落とせているレベルなのである。水に接触するとローションから水に変容してくれるこの最上級な後始末の良さには本当に感動する。ローションプレイが億劫にならない。

さきほどまであれほどヌルヌルできていたのに、シャワーでスパッとツルツルになるのですごく都合が良い。実用性も後始末性も最上レベルである。寝る時間も後始末で削られることが無くなる。

水に触れるとヌルヌル油からツルツル水に一瞬で変わる

シャワーを当てているだけで綺麗に落ちてくれる。水と接触するとローションから水のように変わってくれる性質がある。水と接触してすぐにツルツルになるため、例えばローションで競泳水着がベトベトで後始末に一苦労するということも無くなる。

ガールフレンドで競泳水着などの着衣をさせたままローションプレイをする際にはこの温感ローションが非常に役に立つ。体温も感じられ、そして後始末もサッと終わる。「ローションプレイはしたいが、後始末が面倒でやる気が失せる」そんな時は温感ローションによってその面倒が無くなる。億劫ではなくなる。

h

なお、風呂場でローションプレイする際は、「体温」を感じられるのは楽しめるものの、しずくに触れてすぐに水っぽくなってしまう。「ヌルヌルローションプレイ」がすぐに終了して「ツルツル水プレイ」になってしまう。体温を感じつつ、そしてヌルヌルローションプレイをする場合は風呂以外の場所が最適となる。

シーツにこぼれてもそれは“水”のよう

ローションをこぼしたという感覚よりも、シーツに「水」をこぼした感覚である。

一切ダマにならない。温感ローションにはダマになる要素がない。普通のローションのようにボトっとシーツに落ちてそのままヌルヌルの水玉物体が残るといったことがない。温感ローションは水のようなこぼれ方であり、水のように瞬時にシーツに染み込む。それをティッシュで拭いてもそのシーツにヌルヌルが広がったりしない。水のようである。

例えば、普通のローションをシーツにこぼしたときはボディソープをシーツにこぼしたようなふき取りの面倒さがある。拭こうとすれば周りに広がってしまう上に、ゴシゴシしても最後までなかなかふき取れない。一方、温感ローションをシーツにこぼしたときは水をこぼしたようなふき取りの楽さである。拭こうとすると周りに広がらることなくすぐに最後まで拭き取れてしまう。しつこく残らない。温感ローションはプレイ時ではあれほどヌルヌルになるのに、拭く際には水のように拭き取れる。非常に都合の良い後始末性の良さになっている。

ローションマットをドカーンと用意しなくていい

100均タオルをただ敷くだけにで済む。

普通のローションの時はボディソープのごとくボトボトにベトベトに落ちて下がベトベトになってしまう。しかし、温感ローションは水やオイルのようなものなのでこぼれてもすぐにさっぱり拭き取れるので下がベトベトにならない。オイルマッサージでは下に敷くのはタオルだけで良いように、温感ローション時もタオルだけで良い。ローションマットを敷かないと後始末が大変になるといったことが一切無い。

もちろん、温感ローションでローションマットを使えば、そのローションマットの洗浄も楽である。シャワーを当てただけでツルツルになってくれる。普通のローションのようにしばらくシャワーを当ててこすらないとツルツルなってくれないといった粘っこく残る感じがない。

ローションが染み込んだまま洗濯機に一緒に放り込んでも平気

温感ローションは水のような染み込み方であり、また、もみ洗いすることもなくただシャワーを当てているだけで綺麗に落ちるので、温感ローションが染み込んだまま他の洗濯物と一緒に洗濯機に放り込んでもまったく平気である。

温感ローションは水に触れるとオイルから瞬時に水のように変化するので、その洗濯時に水を入れた途端にオイルっぽいのが水っぽくなる。洗濯機のドラムに水が入った時点で、ローションが他の洗濯物に付くといった心配さえ無い。後始末が非常に楽である。

オイルと言ってもサラダ油をぶっかけたような後始末の悪さは全く無い

温感ローションはローションというより、オイルといった印象である。しかし、このオイルっぽい温感ローションを体に塗りたくることは、サラダオイルを塗りたくることと同じではない。塗っても水ですぐにツルツルになるのである。

“オイルのよう”といってもサラダ油みたいに食器用洗剤でゴシゴシしないと取れないといった後始末の悪さは一切無い。シャワーでサーッと当てているだけで気づいたらツルツルになってくれる。洗剤さえ使っていない。それなのにツルツルに落とせてしまう。

ベトベトになったガールフレンドを放置しても勝手に乾いてくれる

洗い流さずに放置しても案外平気である。ガールフレンドの肉体に付いたそのヌルヌルがなぜかすぐに自然乾燥して消えてくれる。なお、プレイ時に密着していれば乾燥することはなく、ヌルヌルが続いてしばらくずっとヌルヌルプレイを楽しめる。

h

後始末時は乾く前にニットワンピなどを着せても乾く。後始末時に乾かすのが面倒でベトベトなった状態のままニットワンピースを着せ戻して、そのまま放置しても綺麗に乾く。いつまでもペタペタ残らない。後始末でシャワーを浴びるのは自分だけで良い。

「最悪、洗わなくても別に良い」その後始末の良さは本当に格別である。それゆえに利用頻度も高くなる。後始末の面倒が浮かぶことなくローションプレイができる。洗うのは次回の風呂プレイ時についでに洗うといったくらいでも良くなる。

3. オマンコ部分に注入するローションとしても使える

ローションなのでオナホール内部使用としても使える。温感ローションをガールフレンドのオマンコ部分に注入すれば、人工的な冷たさのオマンコ部分から生温かいオマンコ部分の挿入感に変わる。

USBウォーマほど温かくはならないがそれでも生温かくなる

VS

USBウォーマと違って一瞬で変化してくれる。ただし、コンドーム上からであっても「あぁ・・オマンコってこんなにあったかいんだ」と感じられるUSBウォーマほどの温かさはない。しかし、注入してペニスを挿入した直後に一瞬で「生温かく」なる。この温めなくて良い点には最上級の手軽さを感じる。そしてその生温かさは「生挿入時」にはっきりと顕著に感じられる。

生挿入にするとハッキリしたあったかオマンコを味わえる

h

温感ローションで温かいオマンコ挿入感を感じられるのはコンドーム使用ではなく生挿入時である。温感ローションを使えば人工的に冷たい挿入感から「常温のあったかいオマンコ」の挿入感に変化する。常温レベルなのでコンドーム使用ではその温かさはペニスではあまり感じられない。

しかし、生挿入したときにはその生々しい温かさをモロに感じる。コンドーム使用では生ぬるくてあまり感動はなかったものの生挿入に切り替えたところ、ペニスから染み入ってさらに全身に染み渡っていくような温かさを感じることができた。

標準ローションと併用するとより気持ち良い

温感ローションはオイルのようなローションなので単体ではゾリゾリ感が目立ってしまう。ゾリゾリ感が目立つと本来の「生ものオマンコ」挿入感が失せてしまう。しかし、使用時は普通のローションと併用するとそのゾリゾリが消えてくれる。

温感ローションは超低粘度かつオイルのようなのでガールフレンドのオマンコ部分に使用すると、ゾリゾリ感が目立ってあまり気持ち良く使えなかった。しかし最初に、例えばガールフレンドのオマンコ部分との相性が良いホールズピーシーズティアラを注入した後に、この温感ローションを後追いで注入するとゾリゾリが消えた。

そして後注入してもなぜかヒヤッとしない。先に入れたローションよりもうまく先にその温感ローションがペニスに接触してきてくれる。「あぁ・・生のオマンコってやっぱりあったかい・・・」を温めることなく注入した直後から感じることができる。

h

もちろん、生ペニスで肉体に押し付ければ、ガールフレンドの体温をペニスでも直に感じられる。ニュルニュルで温かい女肉にトロトロに包まれる。

4. 股間と股間が接触し合う部分に塗りたくるとより最高になる

ガールフレンドの肉体に塗りたくってローションプレイ。胸やお腹部分に塗りたくったのはいいものの、意外に股間と股間が接触し合う底部部分に塗りたくるのを忘れてしまう。しかし、股間上部だけでなくその「底部」にまで塗りたくるとさらに気持ち良い。

股間全体が「ヌルヌルになって」トロけそうになる

胸板や腹部だけでヌルヌルを味わっていたのが、今度は股間全体でもヌルヌルを味わえる。突くたびにぬちゅぬちゅ鳴る。そしてぬちゅぬちゅ鳴りながらヌルヌルになるので股間全体がトロけそうになる。ただヌルヌルなために溶けそうになるのではない。ヌルヌルな上に「体温」を感じられるためである。

股間全体でも「体温を感じられて」さらにトロけそうになる

股間全体が女体の体温でトロけそうになって脚首の力が一気に抜けてしまう。

h

女性独特の体温で股間も溶けそうになる。人肌で溶けそうになる。胸板や腹部だけではない。骨盤から股間、そして太ももにかけてもガールフレンドの肉体から人間の体温を感じられる。胸板から太ももにかけて全身でガールフレンドの肉体から「体温」を感じられる。全身がその女性独特の「体温」でトロける。

ローションのニュルニュルによってさらにトロける感じが直接的に増幅される。ニュルニュルになりながら体温も感じられるローションプレイは最上級に気持ち良い。冷たいローションプレイがいかに人工的であったかを痛感し、もう冷たいローションでのローションプレイはできなくなってしまう。

生モノが生き返る。よみがえる。復活する

h

「裸の人間を抱き締めないと体感できなかった体温の感覚」がオナホールでも体感できたことに、やはり感動と恐ろしさを隠せない。それは冷たく死んだ肉体にかけると再び温かくなって蘇ってしまう液体のよう。

遺体留置所で本人であることを確かめて、思わずその冷たい手を握りしめて「お願いだから・・神様・・生き返らせて・・・」と決して叶わない希望を抱きながら泣き崩れていると、突然その握り締めていた手が温かくなり出してムクッと生き返る感動である(映画で探せばあるかもしれない。)冷たい肉体が温かくなるこの感じはある意味ホラーであると同時に、驚愕な感動を覚える。

このローションを使うことで、冷たいガールフレンドを生き返らせることができる。

「実際はどうなの?」ガールフレンド レビュー一覧
下着で癒される
香水で癒される
ネックレスで心癒し
競泳水着セックス
人体温を付与する
素早く人肌感に変える
側位も異常
アナルも異常
総合レビュー
良い点
ミラクルエンジェルボディまおとの比較
収納保管方法
洗浄方法
洗わず安心衛生
色移りにご注意

すぐに乳首や皮膚部分が剥がれる。しかし、“異常”に気持ち良い

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
絶対失敗したくない!おすすめの電動オナホール三神 2014年版