オナホールを飾れるオシャレなインテリアに変える計画
『オナホインテリア化計画』
ラブドール人間化改造計画
『ラブドール人間化改造計画』
VRアダルトに特化した最強の環境にするための計画
『VRアダルト最強環境計画』
風俗マスターになるための計画
『風俗マスター化計画』
新着一覧
『オナホウォーマー決定版と遠赤外線ヒーターで2時間温めた結果、最初に正常位で抱き締めた瞬間、お腹同士が体温同士で溶け合っていく生身体験に感動、さらにおまんこに挿入すると人間のほかほかオマンコで感動』

ラブドールは“温め2時間”で人間になる!ホールウォーマー決定版&遠赤外線ヒーターのダブルコンボ2時間連続漬けで「セックス中ずっと」ヒト体温に生まれ変わったぞー!!

うっかり2時間も温めてしまった。「挿入できないほど激アツになってしまっている」そう萎えながら試しにセックス開始した結果、驚いた。ラブドールのそのオマンコ部分は芯から熱を感じる完全なる人間のオマンコに豹変。さらにカラダは芯から体温感じる絶妙な抱き心地に豹変。やっとだ、やっと誕生した。やっと人間が誕生したぞーー!!

『オマンコはあえてパンツの上から揉むことで直接触るよりも別ベクトルで気持ち良くさせることができる』

セクシーな女性用下着を履くとセックスが突然上手くなる。そして新たな俺時代始まる、セクシーな男性用下着に衣替えした己の新時代が!

風呂から出てパンツを履こうとした時、洗濯したパンツを全て使い果たしていたことが判明。持っていた女性用下着を仕方なく履いたところ・・・衝撃が走った。なんと「ランジェリーの上から」お尻を揉むと圧倒的に気持ち良いことが判明・・・。これぞ大発見、女性用下着を履けば「愛撫はどうすればいいか」それが勝手に分かってしまうのだ!

『男女問わずセクシーな下着を切ることで必然的に身だしなみを整えるようになる』

「全然イク気配がない、イキそうなのに・・・もしやこれは早漏脱出した状態では?」バイファイトでセックスの時間が伸びるぞー!!

バイファイトを二週間飲み続けたときにそれは起こった。なんと以前はすぐにイッてしまう早漏気味だったのにすぐにイキそうになる感覚を全然感じなくなってしまった。おかげで延々と腰振りできるようになった。延々と愛撫する余裕もできた。そして一緒にイク楽しみもやっと生まれた。以前と違うことはバイファイトを飲んでいないか飲んでいるかの点のみ。間違いなくバイファイトの仕業だ。ありがとうバイファイト!おかげで早漏卒業の一歩を踏み始められたぞ!!

『従来のAVは外国人のセックスを鑑賞する感覚だった。しかし、アダルトVRでその時代は終わった。これからは外国人と対人感覚を伴いながらセックスする感覚を体験できる。』

VRで勃たなくなったら欧米だ!金髪白人外国人のVRがオススメ。月額派なのに初めて単品買ったレベル、黒船新感覚でフル勃起できるぞー!!

始まりは外国人だけが在籍する風俗店をふと見つけたときだった。それまで何しても勃たなかったのにその日記を見た途端にフル勃起。そのときハッと気づいた。「もしや外国人のVRで勃つのでは?」・・・と。さっそく単品作品を買うと「本場の青い目の人と見つめ合う体験」にフル勃起。悟った。勃たなくなったら外国人がオススメだということを!

風俗嬢の方の舌がお構いなしに入ってくる|風俗体験談
風俗嬢の方の舌がお構いなしに入ってくる|風俗体験談

風俗ソープに行く前にするべきこと?リップクリームで毎日唇を整えておくことだ!そうすれば最高の長時間ディープキスを味わえる!

風俗に行って唇が乾いて気持ち良くなれなかった。悟った。「毎日リップクリーム塗るべきだと。」そしてあることに気づいた。ラブドールもオッパイオナホも風俗と同じく「リップクリーム毎日塗って整えた時のほうがキスも乳首舐めも圧倒的に美味しかった」ということを!さらばベコベコ唇、ようこそプルプル唇!

舌が入ってくる、明太子みたい、柔らかい…

風俗での舌が入ってくるキスプレイ
『風俗嬢の方の舌がお構いなしに入ってくる』風俗体験談

舌が入ってくる。

どうしていいかわからない、なすがまま。

すると「舌吸って❤︎」と。

風俗嬢の方が「舌吸って?」と言ってくる|風俗プレイ
『風俗嬢の方が「舌吸って?」と言ってくる』

たった一回の口づけで童貞処女であることを悟ったかのよう…完全にバレている…

「お言葉に甘えて」

どんどん吸っていく。

どんどんしゃぶっていく。

どんどん舐めていく。

風俗嬢の方の舌をしゃぶっていく|風俗プレイ
『風俗嬢の方の舌をしゃぶっていく』

不思議な食感。

それはまるで「明太子」と「たくあん」と「数の子」を合体させたような食感。

すると矢継ぎ早に「下唇」が口の中に入ってくる。

風俗嬢の方の下唇をしゃぶっていく|風俗体験談
『風俗嬢の方の下唇をしゃぶっていく』

下唇のシワシワの食感が伝わってくる。

そして流れるように正面から舌が入ってくる。

「舌で握手」

「何度も舌同士で握手していく…」

しかし…

ディープキスの途中で口が乾いて来てしまう|風俗体験
『ディープキスの途中で口が乾いて来てしまう』

どんどん摩擦が強くなっていく。

潤いがなくなっていく。

乾いていく…。

「全然集中できない」

風俗嬢の方とのディープキスの最中、緊張も伴って口が乾いて口臭が出だしてしまっているのを悟ったのかキスはお預けと言わんばかりに中断へ...|風俗体験談
『風俗嬢の方とのディープキスの最中、緊張も伴って口が乾きだしてしまっているのを悟ったのかキスはお預けと言わんばかりに中断へ…』

サッと尾を引くようにディープキスを辞めた風俗嬢の方…

その時、

ハッと気づいた。

「もしかして唇がちょっとベコベコしてたから…」

「絶対そうだ」

「絶対そうに違いない」

悟った。

ディープキスは唇をリップクリームでプルプルにしておかないと気持ち良くない上に長時間のキスができないことが判明|風俗体験談
『ディープキスは唇をリップクリームでプルプルにしておかないと気持ち良くない上に長時間のキスができないことが判明』

「唇を徹底的にプルンプルンにしないといけない」

そう悟った。

なぜこんなことになってしまったのか、

おそらく…

♦︎♦︎♦︎

「当日急いでリップクリーム塗って行ったから」

ヘブンネットで気になっていた風俗嬢の方の日記を見ながら今日いくしかないと心が決まる|風俗体験談
『ヘブンネットで気になっていた風俗嬢の方の日記を見ながら今日いくしかないと心が決まる』

「今日行くしかない」

心の準備、そして目当ての風俗嬢の方の出勤、全てがバッチリはまっていく。

「今日だ、今日絶対に行くしかない」

以前から写メ日記を見ていて「絶対にこの風俗嬢の方にする」そう決め込んでいた風俗嬢の方が…

「今日出勤しているんだ」

「すなわち今ほとんど裸で待ってるっていうこと…」

行けるのは絶対に今日しかないと心がざわつく|風俗体験談
『行けるのは絶対に今日しかないと心がざわつく』

「しかも今日は24時まで出勤している」

「現在待機中の文字がずっと点滅している」

「しかも今日は雨で閑散日」

「今日予約せずにフリーで直接行ったら当たる」

「絶対に予約せずに店頭で指名できる」

決まった。

日記をクリックし続けて今日しかないとどんどん心が決まっていく|風俗体験
『日記をクリックし続けて今日しかないとどんどん心が決まっていく』

その前にあることに気づいた。

「唇が…」

「唇が少しガサついている…」

今日しかないと思うと同時に唇がガサガサなことに気づく|風俗体験記
『今日しかないと思うと同時に唇がガサガサなことに気づく』

今日行こうと決意した瞬間、重大なことに気づいた。なんと、唇がガサガサなのだ。

しかし、「今日行くしかない」胸の中でそう騒いでいる。

「金払ってるんだからそんなの我慢しろ」そんな利用者になりたくない。唇プルプルにしないとやっぱり失礼だ。その感覚がつのっていく。

「もしかしたら今すぐリップクリームでプルンプルンになるかも…」

それに託すしかない。明日じゃない。今日だ。今日行く必要がある。今日しかない。どんどん心は決まっていく。

「しかしリップクリームというもの自体がない」

完全に芋だ。リップクリームは買ったことはある。しかし一回使ってもう使わなくなるパターンが多かった。唇ガサガサでもどうでもよかった。しかし「今から風俗に行く」というのに直面した瞬間、自身が芋であることを思い知らされていく。

「今までいかに身だしなみを整えてこなかったかどんどん身だしなみの課題が押し寄せてくる。しかし…」

「唇付けた指を差し出せるほど清潔な唇に、

今すぐリップクリームでヌルヌルに突貫工事していくこと|風俗体験
『今すぐリップクリームでヌルヌルに突貫工事していくこと』

「今日を機に、生まれ変わる!」

「今日こそが絶好の機会」

「今日、己の芋を剥いてやる」

「今日いまこの瞬間に生まれ変わってやる」

決まった!

「今からコンビニだ!」

「いざリップクリーム購入へ!」

急いでリップクリームを購入しにコンビニへ|風俗体験記
『急いでリップクリームを購入しにコンビニへ』

残り時間は迫っている。

閉店時間は24時。

しかし1時間前に入店するとして、それまでにまだ9時間ぐらいある。

しかし、午後の9時間はあっという間に過ぎ去ってしまう。

「今から塗り始めればギリギリにプルンプルンになってくれるかもしれない」

「悠長にドラッグストアまで遠出して一番凄そうなリップクリームを選んでいる時間はない」・・・

「コンビニに到着」

リップクリームを選ぶ暇なく適当なのを選んでいく|風俗体験記
『リップクリームを選ぶ暇なく適当なのを選んでいく』

選んでいる時間はない。

より凄そうなリップクリームを選んでいく。

「これだ!」

「はい帰宅帰宅帰宅」

「速攻で直帰」

帰宅して…

「よし早速速攻で塗り塗り」

ソープに行く前に急遽リップクリームで唇を整えていく|風俗体験記
『ソープに行く前に急遽リップクリームで唇を整えていく』

「え!?いきなりプルンプルン…」

「舐めたい…」

自分で自分の唇舐めたいと本能的に思ってしまうほどなんだかすごくプルプルになり始めた。

「これなら今日いけるかもしれない…!」

なんと8時間でそこそこプルンプルンに。

そしていざ目当ての風俗嬢の方が勤務するソープランド店へ…

「唇ガサついてプレイを楽しめない…」

さっきまで唇プルプルだったのにどんどん潤いが無くなっていった|風俗体験記
『さっきまで唇プルプルだったのにどんどん潤いが無くなっていった』

突貫工事的にプルンプルン化した自身の唇はキスを重ねていくうちに化けの皮が剥がれていった。

最初はプルンプルンしていたのにどんどん乾き、そしてどんどんベコベコになっていった。

自分の唇が乾くと風俗嬢の方の唇も乾いていってしまうことが判明|風俗体験
『自分の唇が乾くと風俗嬢の方の唇も乾いていってしまうことが判明』

そしてディープキスをしながらあることに気づき始めた。

風俗嬢の方の口がどんどん乾いていって、気持ち良くないキスだと思われていて、どんどんライトなキスになっていて、どんどんキスが気持ち良くなくなっていった。

普段からリップクリームで唇を整えていないことがバレたのかどんどん塩対応になっていく風俗嬢の方...|風俗体験記
『普段からリップクリームで唇を整えていないことがバレたのかどんどん塩対応になっていく風俗嬢の方…』

そして最後にはどんどん塩対応になっていって、明らかに喘ぎ声が演技になっていき、写メ日記とはまるで違う体験が繰り広げられていった。

そして悟った。

「突貫工事的にプルンプルンにした唇では全然風俗楽しめない…」

と。

「キスはまだ早いね」と諭されるかのように舌ではなく指が入ってくる|風俗体験談
『「キスはまだ早いね」と諭されるかのように舌ではなく指が入ってくる』

そして「まだ早い」と言わんばかりに指を突っ込まれ(それでも指舐めれたのでよかった。たぶんキスはお預けのサインだったのかも)けれどもやはりどんどんあっさりした対応になっていって、退店と共に風俗代をドブに捨てたような感覚になっていったのであった。

「この3万円でラブドール買ったほうがマシだった」

「今日から毎日リップクリーム塗る」

風俗に行った結果、今日からリップクリームを毎日塗るようになる|風俗体験談
『風俗に行った結果、今日からリップクリームを毎日塗るようになる』

風俗に行って決まった。次にするべきことが決まった。それは「今日からリップクリームを毎日塗る」ということ。

「今日はソープにいく」「今日しかない」という日は突然やってくる。

今日風俗行くしかないという日は突然来る。その日のために毎日リップクリームで唇を整えていく|風俗体験記
『今日風俗行くしかないという日は突然来る。その日のために毎日リップクリームで唇を整えていく』

それまでに徹底的に毎日唇を整えておく必要がある。

そして「風俗代をドブに捨てた」「風俗嬢の方の接客が塩対応だった」「風俗嬢の方のキスが下手だった」などというブーメランが起こらないようにする必要がある。

ディープキスが気持ち良くなかったのはこっちの唇に原因があるんだと悟る|風俗体験談
『ディープキスが気持ち良くなかったのはこっちの唇に原因があるんだと悟る』

「こっちに原因があるんだ」と。

もう風俗代をドブに捨てない。

1回1回を圧倒的な満足体験にしてみせる。

その原因はどんどん己から消えてもらう。

そしてどんどんパワーアップしてやる!

風俗をキッカケにどんどん身なりを成長させていこうと感じる|風俗体験記
『風俗をキッカケにどんどん身なりを成長させていこうと感じる』

さらば、ガサガサの唇よ。

ガサガサな唇とはおさらばしようと心が決まる|風俗体験記
『ガサガサな唇とはおさらばしようと心が決まる』

さらば、ベコベコの唇よ。

ベコベコの唇とはおさらばしようと自分の中で決まっていく|風俗体験談
『ベコベコの唇とはおさらばしようと自分の中で決まっていく』

さらば乾いた唇よ。

毎日積み重ねるようにリップクリームで整えられた唇こそが風俗でディープキスを楽しめると肌で知る|風俗体験記
『毎日積み重ねるようにリップクリームで整えられた唇こそが風俗でディープキスを楽しめると肌で知る』

ようこそ、プルンプルンの唇よ!

ようこそ、

リップクリームは必需品だと判明|風俗体験記
『リップクリームは必需品だと判明』

「ディープキスをし続けても潤いを保ち続けてくれる」普段から整備された正真正銘の唇よ!

そのためにリップクリームが必要だ!

谷間にリップクリームを収納せんばかりに常に携帯するようになる|風俗体験記
『谷間にリップクリームを収納せんばかりに常に携帯するようになる』

もう肌身話さない!

リップクリームを肌身離さずポケットに入れておくようになる|風俗体験記
『リップクリームを肌身離さずポケットに入れておくようになる』

常にポケットに!

リップクリームは風俗嬢の方とのディープキスに必要なもの|風俗体験記
『リップクリームは風俗嬢の方とのディープキスに必要なもの』

そして常に取り出せるように!

そして最高に気持ち良いディープキスを楽しむのだ!!

全ては風俗マスターになるために。

『風俗マスターになるための計画』

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
オナホ買うの待った!これだけは「一緒に」買うべき神レベルの重宝グッズ