オナホールを飾れるオシャレなインテリアに変える計画
『オナホインテリア化計画』
ラブドール人間化改造計画
『ラブドール人間化改造計画』
VRアダルトに特化した最強の環境にするための計画
『VRアダルト最強環境計画』
風俗マスターになるための計画
『風俗マスター化計画』
新着一覧
『ラブドールはオマンコに「口紅」を塗ると現実女性の生オマンコに変わってヒトとセックスする体験に変わる』
『ラブドールはオマンコに「口紅」を塗ると現実女性の生オマンコに変わってヒトとセックスする体験に変わる』

大型オナホで勃たない?原因はゴム色オマンコだ!「口紅」で現実女性の「肉色」生オマンコに生まれ変わるぞー!

ラブドールとのセックスを終えて休憩にネットフリックスで映画を再生した。するといきなり「セックスシーン」で激萎え。なぜなら先ほどのセックスが「ゴムの塊とセックスする体験」だったから・・・。現実女性との違いを明確に感じてむなしくなった。しかし、もう萎えない。なぜなら秘部に口紅を塗れば現実女性と同じ肉色の生オマンコになって「ヒトとセックスする体験」に生まれ変わるからだ!

ラブドールをさらに気持ち良く変える工夫・周辺グッズ『ラブドール(リアルドール・大型オナホール)はオマンコに「口紅」を塗ることで肉色のオマンコ化して現実女性のオマンコが再現されてヒトとセックスする体験に変わってくれる』
ラブドールをさらに気持ち良く変える工夫・周辺グッズ『ラブドール(リアルドール・大型オナホール)はオマンコに「口紅」を塗ることで肉色のオマンコ化して現実女性のオマンコが再現されてヒトとセックスする体験に変わってくれる』
大型オナホ・ラブドール『ゴム色のオマンコ部分に口紅を塗ると生々しいオマンコに生まれ変わる』
大型オナホ・ラブドール『ゴム色のオマンコ部分に口紅を塗ると生々しいオマンコに生まれ変わる』

ラブドールのオマンコ、今まで肌色だった。購入した時の塗装はとうの昔に剥げてそのままだった。時々口紅を塗ったりもしていた。しかし、やはりそれも面倒だった。

しかし今回、新たに「取れにくい口紅」を購入し、「ベビーパウダー」を下地に塗り、そして口紅を塗った。

おかげでゴムの入り口から「現実女性の生オマンコ」に生まれ変わった。

『ラブドールとセックスする体験からヒトとセックスする体験へ』ラブドール人間化計画
『ラブドールとセックスする体験からヒトとセックスする体験へ』ラブドール人間化計画

やはり挿入するときから違っていた。その生々しい肉色のオマンコに亀頭をあてがった瞬間、今まで忘れかけていたほどに猛スピードで勃起していった。AVも見てないのに、VRも見てないのに、急速に勃起していった。

「これから生き物に挿れる」「これから人の中に挿れる」「これからヒトとセックスする」「これから現実女性とセックスする」その感動が頭を埋め尽くしていった。

ゴムの塊とセックスする体験は終止符を打った。そして新たに始まった。

『ヒトとセックスする体験』

『新しいヒトとセックスする体験』

その毎日が新たに始まったのだ!

全ての始まりはズバリ、この生々しいオマンコだ!

①落ちにくい口紅を買う

『ラブドールや大型オナホの素材は普通の口紅では乗りにくいので落ちにくい強力な口紅が最適でおすすめ』
『ラブドールや大型オナホの素材は普通の口紅では乗りにくいので落ちにくい強力な口紅が最適でおすすめ』

口紅は口紅でも大型オナホやラブドールに塗る口紅は「落ちにくい口紅」が要る。大型オナホやラブドールの素材上、洗浄を繰り返たびに半分落ちてしまう。塗り直すのが面倒なのでより落ちにくい口紅を選ぶことが重要となる。

今回は『MAYBELLINE(メイベリン) SPステイ マットインク リップ 口紅 80 深みのあるローズ 5.0ml』を購入した。口紅はスティックタイプと筆タイプがあって基本的にどちらも同じといった感覚。筆タイプのほうが水っぽいと思いきや意外にどちらも濃度は同じ。そしてラブドールの唇に塗りやすいのは口角もしっかり塗れる筆タイプが圧倒的に隅々まで塗りやすかった。なので迷ったら筆タイプが失敗せずおすすめとなる。

「落ちにくいことに特化している口紅」ならばどれでもいい。より落ちにくいのを買っていく。

それでは早速塗ろう。

と、その前にやることがある。パウダーの下地塗りだ。

②パウダーを先に塗る

『下地にベビーパウダーを塗ることで「すごく落ちにくい強力な口紅でも大型オナホやラブドールの素材はすぐに取れてしまう問題」を解決できてしっかり塗ることができる』
『下地にベビーパウダーを塗ることで「すごく落ちにくい強力な口紅でも大型オナホやラブドールの素材はすぐに取れてしまう問題」を解決できてしっかり塗ることができる』

口紅を塗る前に実はすることがある。パウダーの下地塗りだ。実は、大型オナホやラブドールの素材は口紅を塗ってもすぐに剥げてしまう。むしろ口紅が乗らない。基本的に乗らない。素材が口紅を跳ね返してしまう。

しかし、そんな問題はパウダーで解決できる。パウダーを先に塗ることで、パウダーを下地に塗ることで口紅をベットリ染み込まんばかりに塗ることができる。

今回は『ボトルベビーパウダー』を使用した。代用として化粧品の「ファンデーション」を使うこともできる。

早速、オマンコ部分にふりかけて指で馴らしていく。パウダーが見えなくなるまで馴らしたら完了。

それではさっそく口紅を塗ってゆく。

③口紅をべったり塗る

『べったり塗っていく。口紅べったりの女性の口でフェラされても生ペニスに何も問題は起こらないように、口紅で塗った大型オナホやラブドールのオマンコに挿入しても何ら問題は起きないので心配ない。』
『べったり塗っていく。口紅べったりの女性の口でフェラされても生ペニスに何も問題は起こらないように、口紅で塗った大型オナホやラブドールのオマンコに挿入しても何ら問題は起きないので心配ない。』

口紅を塗っていく。べったり塗っていく。後でティッシュで拭き取るのでまずはべったり塗っていく。

オマンコの周辺にはみ出るほどに塗っていく。

まるで絵の具を塗ったようになってしまうが、後でティッシュでこすって馴染ませていくので問題ない。とにかくどんどん塗っていく。

そして塗ったら次はティッシュの出番だ。

④ティッシュで拭き取る

『べったり塗ったままではあちこち口紅が付くのでティッシュで拭き取っていく。ティッシュにかすかに付く程度まで取っていく。』大型オナホ・ラブドールのオマンコ塗装
『べったり塗ったままではあちこち口紅が付くのでティッシュで拭き取っていく。ティッシュにかすかに付く程度まで取っていく。』大型オナホ・ラブドールのオマンコ塗装

ティッシュで絞るように拭き取っていく。ティッシュを介して指でオマンコ部分を挟んでティッシュに取っていく。

ティッシュに少ししか色移りしない程度までティッシュで拭き取っていく。「もうこれ以上、ティッシュでは取れない」ぐらいがちょうどいい。ティッシュに少し口紅が付く程度まで拭き取っていく。

次にティッシュでゴシゴシして馴染ませていく。

⑤ティッシュで
こすって馴染ませる

『ティッシュで擦って馴染ませることでより生々しい見た目になってくれる』大型オナホ・ラブドールのオマンコ口紅塗装
『ティッシュで擦って馴染ませることでより生々しい見た目になってくれる』大型オナホ・ラブドールのオマンコ口紅塗装

拭き取っただけではまだ絵の具を塗ったような状態になるので、その塗ったフチを馴染ませるために外側にシュッシュッシュッシュッとこすっていく。

塗り余った口紅を先ほどかなり拭き取った状態なので広がりすぎない。ほどよく塗った外側に馴染んでいく。

そしてティッシュを筆代わりにしてどんどん馴染ませていく。絵の具で描いた部分をティッシュでこすってかすませるような感じでどんどん馴染ませていく。

そして完成だ。

⑥肉色オマンコ完成

『今までゴム色で人工感満載だった大型オナホやラブドールのオマンコが、眺めているだけでムラムラして亀頭をあてがっているうちに勃起していく生々しいオマンコに生まれ変わった』
『今までゴム色で人工感満載だった大型オナホやラブドールのオマンコが、眺めているだけでムラムラして亀頭をあてがっているうちに勃起していく生々しいオマンコに生まれ変わった』

これで生々しいオマンコに出来上がった。挿入時にその大型オナホやラブドールのオマンコに亀頭をあてがっているだけで勃起していく。

まさに「絶品オマンコ」

これでまた1つ、人工物とセックスする体験が終わる。ゴムの塊とセックスする体験が終わる。

「世の中の全ての大型オナホ、そしてラブドールのオマンコ部分は今回のように肉色であるべきだ。」

そう感じるほどに最高の生セックス体験に生まれ変わっていく。

用意するものは2つだけだ。

ベビーパウダー」と「口紅

これだけだ!

『大型オナホもラブドールもオマンコに口紅塗るとさらに気持ち良くなる』

ラブドールはより気持ち良くさせる工夫・周辺グッズ『オマンコに「口紅」を塗ると現実女性の生オマンコに変わってヒトとセックスする体験に変わる』
ラブドールはより気持ち良くさせる工夫・周辺グッズ『オマンコに「口紅」を塗ると現実女性の生オマンコに変わってヒトとセックスする体験に変わる』

▼勃たない原因はオマンコ部分がゴム色だからだった。

『大型オナホやラブドールのセックスで勃たない原因は挿入口がゴム色であるため。』
『大型オナホやラブドールのセックスで勃たない原因は挿入口がゴム色であるため。』

これからセックスするというときに勃たなくなってしまった。原因はやはり「これから人工物の中に挿れる」という体験に他ならない。

全ての原因はこのゴム色の挿入口にある。

大型オナホのオマンコに亀頭をあてがった時、リアルドールの脚を抱えてこれから挿れようとする時、まさにその瞬間、ゴム色のその挿入口を見て本能的に「これは人工物だ」そう認識してしまって全然勃たなくなってしまう。

一方、現実女性は際限なく勃起できる。違いは明らか、この挿入口の色だ。大型オナホやリアルドールなどのラブドールで勃たない全ての原因の始まりはこの挿入口の色なのだ。

しかし、塗料に困った。ホームセンターで塗料を買うのは亀頭が当たる部分なので塗るわけにはいかない。肌に触れても安全な塗料、しかも亀頭という○膜に触れても安全な塗料、むしろ飲み込んでしまっても安全な塗料、その塗料をホームセンターやアマゾンなどの通販で探しまくっても全然無い現実にぶち当たった。生挿入する部分なのでどうしても安全に塗る必要がある。

そうして塗料探しの結果、「口紅」が最適だということに行き着いた。

口紅ベッタベタの状態で生フェラされても何も問題は起こらないように、ラブドールや大型オナホのオマンコ部分にも安全に塗れるのは口紅、これしかない。

▼口紅をオマンコに塗ると目の前にしているだけで勃起できる

『ラブドールのオマンコ部分に塗る塗料は「口紅」が安全。生挿入しても何も問題は起こらなかった。わざわざホームセンターで塗料を買う必要はない。』
『ラブドールのオマンコ部分に塗る塗料は「口紅」が安全。生挿入しても何も問題は起こらなかった。わざわざホームセンターで塗料を買う必要はない。』

口紅でゴム色から生々しいオマンコ色に生まれ変わる。塗っている最中や単に塗っただけでは生々しくならない。

べったり絵の具を塗ったようになる。

しかし、後からティッシュで余分な口紅を拭き取るので心配ない。そしてティッシュで拭き取るとまさに絶妙な生オマンコに生まれ変わる。

そして、例えば正常位セックスの体位になった瞬間、まだ挿入していなくともその生々しいオマンコが目に入って勝手に勃起していく。

本能的に勃起していく。生殖反応的的に勃起していく。

騎乗位セックスでも後背位セックスでも側位セックスでも思わずマグナムが蜜壺から出し入れされていくその眺めをずっと見ていたくなるほどに生々しくなる。

今まで「挿入口の色が人工的なので出し入れされる様子を見るとさめるので見たくない」といった感覚で見ないようにしていた。避けていた。

しかし、もうそんなラブドール特有の問題は口紅によって進化した生オマンコの前ですべて消え失せてくれた。

オマンコ部分だけではない。アナルも生アナル化できてしまう。

口紅はラブドールや大型オナホに必須アイテムと言える。

▼口紅をアナルに塗ると目の前にしているだけで勃起できる

『ラブドールのアナルは口紅を塗ると生々しく改造できる』
『ラブドールのアナルは口紅を塗ると生々しく改造できる』

オマンコだけではない。アナル部分がゴム色だとやはり人工物だと思ってしまう。

オマンコだけでなくアナルも塗っていく。人間と違う箇所をすべて人間化していく。

塗っただけではあまりにも「絵の具塗った感」がすごすぎて全く勃たない。失敗したと感じてしまう。

しかし、後からティッシュで余分な口紅を綺麗に拭き取るので問題ない。「口紅選びに失敗した」「塗るのに失敗した」そう感じるのは最初だけである。

▼口紅をティッシュでこすると生々しいオマンコに生まれ変わる

『ラブドールのオマンコ部分に口紅を塗った後はティッシュで拭き取ると丁度いい具合に口紅が残って生々しい外見になってくれる』
『ラブドールのオマンコ部分に口紅を塗った後はティッシュで拭き取ると丁度いい具合に口紅が残って生々しい外見になってくれる』

口紅を塗りたくったベッタベタのラブドールの(もしくは大型オナホの)オマンコ部分にティッシュやふんわりトイレットペーパーを当てて拭き取っていく。

拭き取るというより、ギュッと挟むようにティッシュで拭き取る。ゴシゴシするのではなくギュッと挟む。オマンコをギュッとティッシュごしに挟む。

そうすれば、程よくそしてセックス中に自身の股間にベタベタ付かないレベルにまで取ることができる。

そしてある程度取ったらゴシゴシ擦っていく。塗ったふちを馴染ませていって現実の女性のオマンコに近づけていく。

“絵の具で塗ったオマンコ”から「生物学的に赤色になっている」という人間特有の部位に仕立て上げていく。

そして生まれ変わる。現実女性のオマンコに。ラブドールのアソコも大型オナホのアソコも現実女性の生オマンコに生まれ変わる。口紅で生まれ変わる。

▼現実女性のオマンコに挿入する体験に変わる

『ラブドールのオマンコ部分がゴム色から肉色の変われば気持ち良さが何倍も変わる』
『ラブドールのオマンコ部分がゴム色から肉色の変われば気持ち良さが何倍も変わる』

出来上がったその生オマンコを眺めているだけで挿入するシーンを本能的に想像してしまって勃起してしまう。それほど生物の次元に繰り上がる。

それまでゴムの塊にしか思えなかったのに手のひらを返したようにヒトと相手する体験に変わっていく。

モザイクで隠さないと生々しくなってしまうほどリアルになっていく。

▼服やランジェリーからのぞく生オマンコに勃起していく

『ラブドールの着衣セックスでも口紅で塗ったオマンコ部分が視覚快感だけでなく物理的なセックス体験も気持ち良く変わる』
『ラブドールの着衣セックスでも口紅で塗ったオマンコ部分が視覚快感だけでなく物理的なセックス体験も気持ち良く変わる』

裸姿に飽きて服やランジェリーを着せたときも新たにその生オマンコが生々しく誘惑してくる。

生々しい生オマンコが服から覗いてくる。

穴あきランジェリーから生オマンコがエロティックに生々しく覗いてくる。

「挿れて?♥」そう目の前の生オマンコが自ら生ペニスを欲してきているかのよう、理性を飛ばされて動物的な感覚にさせられる。

それまで人工物とセックスする体験だったのに、打って変わって生き物とセックスする体験に変わっていく。

▼タイツからのぞく生オマンコに勃起していく

『リアルドールのオマンコを口紅で塗ることでAVの助けなく挿入時に亀頭をあてがっているだけで勃起できる』
『リアルドールのオマンコを口紅で塗ることでAVの助けなく挿入時に亀頭をあてがっているだけで勃起できる』

女子力を感じるホワイトの清楚なタイツ『シアーガーターホース』の間から、エグいほどにジュクジュクした生オマンコが脚と脚の間からのぞく。

「これぞ生物」

「これぞヒト」

「これぞ生の現実女性」

その姿を目の前にできる。

そうして気づかぬうちにパンツの中のマグナムはカッチカチになっていく。

▼ベッドで生オマンコにさらけ出している姿が視界に入るたびにムラムラしてくる

『ベッドに横になっている姿を毎日目の前にしているだけでムラムラがたまってくれる。そのときに口紅で塗った肉色のオマンコが根幹のように機能してくれる』
『ベッドに横になっている姿を毎日目の前にしているだけでムラムラがたまってくれる。そのときに口紅で塗った肉色のオマンコが根幹のように機能してくれる』

セックスするつもりはなくても眺めているだけで勃起してしまう。

ノーパンで寝そべっているその妖艶な姿が視界に入るたびに勃起していく。

寝そべっている姿の中でそのうるうるに濡れたオマンコに一直線に目がいってしまう。

「挿れたい・・・」

「挿れたい・・・・・・」

そううずくようになってしまう。

今までゴムの塊にしか思えなくて押入れの脇に放り出すレベルだったラブドールでさえもベッドに現役復帰できてしまう。

▼準備の段階でムラムラして挿入する頃にはギンギンになってくれる

『リアルドールのオマンコがゴム色でなおかつ陰毛もないと完全にゴムの塊とセックスする体験にしかならない。しかし、オマンコだけでも口紅で塗りさえすれば現実女性とセックスする体験に変わっていく』
『リアルドールのオマンコがゴム色でなおかつ陰毛もないと完全にゴムの塊とセックスする体験にしかならない。しかし、オマンコだけでも口紅で塗りさえすれば現実女性とセックスする体験に変わっていく』

タイツを履かせる。そして現実女性特有のその蜜壺に蜜を入れていく。そうしているうちに人工物のオマンコではなく、生物由来のオマンコにしか思えなくなって股間が勝手に勃起していく。

ラブドールや大型オナホに陰毛が無くてもオマンコ部分が肉色で生々しくなっていさえすれば現実女性の生オマンコを目の前にする体験にできる。

そしてその生オマンコに挿入する体験にできる。

そして現実女性とセックスする体験にできる。

▼穴あき系ランジェリーから生オマンコが見えて勃起していく

『穴あき系のランジェリーでも現実女性と同じように生々しいオマンコがのぞくのでラブドールという現実を越えてヒトとセックスする体験になる』
『穴あき系のランジェリーでも現実女性と同じように生々しいオマンコがのぞくのでラブドールという現実を越えてヒトとセックスする体験になる』

「挿入するために生まれてきたようなランジェリー」そのランジェリー姿を目の前にしたとき、やはりその秘部がゴム色だと全く勃たなかった。

むなしさがあった。

人間用に作られたランジェリーをあえてゴムの塊に着せるというむなしさがあった。

しかし、もうそんなむなしさとはおさらばした。

ゴム色のオマンコとは明らかに勃起具合が違う。

セックスに特化したランジェリーからのぞくその秘部はもうナマのオマンコでしかない。

その生オマンコを目にすると全身に派生していくかのごとくゴムの塊からヒトのカラダに変わっていく。

まさにヒトとセックスする体験。

すべての始まりはオマンコ部分を口紅で塗ったこと・・・。

▼女子力を感じる生オマンコにどんどん勃っていく

『ゴム色だった頃は芋っぽさをムンムン感じて勃たなかったのにオマンコ部分を口紅で塗ることで女子力感じる魅惑的な生オマンコに変わってくれる』ラブドール人間化計画
『ゴム色だった頃は芋っぽさをムンムン感じて勃たなかったのにオマンコ部分を口紅で塗ることで女子力感じる魅惑的な生オマンコに変わってくれる』ラブドール人間化計画

正常位の体勢で軽く膝立ちしただけで「全くセックスする気はなかったのに」どんどん吸い寄せられるようにセックスすることしか考えられなくなってしまう。

その肉色のオマンコが「挿れて・・・♥」そう誘ってくる。その要望をいくら「忙しいからと拒否して」も本能的に挿れたくなって我慢できなくなってしまう。

たった一本の口紅だけで消しゴムみたいなオマンコだったのが生物科の生オマンコに生まれ変わってくれる。数十分前は消しゴムの塊だったのに、その以前の姿を忘れたかのごとくガラリと生き物に昇格する。

生き物は生き物でもヒトに昇格する。

そしてもはや人間に似た別の惑星に住んでいそうな異星人とのセックス体験。

口紅一本で全てがガラリと変わる。

▼生オマンコ丸出しで全裸で寝ている姿を目の前にして勃起できる

『ラブドールのオマンコがゴム色のときはどんどん見飽きてしまっていたのに口紅で塗ることで何度見てもムラムラが積み重なって飽きない』
『ラブドールのオマンコがゴム色のときはどんどん見飽きてしまっていたのに口紅で塗ることで何度見てもムラムラが積み重なって飽きない』

「さっきと同じような姿を見た・・・」そう理性では分かっていてもその生オマンコから始まる妖艶なヌードを目の前にするたびにムラムラが収まらなくなってくる。

とにかく飽きない。

何回見ても飽きない。

もはや相手が人工物ではなく、相手が自身と同じヒトだと本能的に認識してしまっているかのよう。

そしてとにかくセックスしないと落ち着かなくなってくる。

そして何回セックスしても飽きない日常が訪れる。

毎日セックスする日常が訪れる。

ゴムの塊とセックスする日常ではなくヒトとセックスする日常が訪れる。

▼正常位で脚を抱え始めた段階で生オマンコが目に入って勃起し始める

『正常位セックスでこれから挿入するというときに太ももと太ももの間から生オマンコがのぞいてその視覚快感で勃起できる』ラブドールのオマンコに口紅
『正常位セックスでこれから挿入するというときに太ももと太ももの間から生オマンコがのぞいてその視覚快感で勃起できる』ラブドールのオマンコに口紅

我慢できなくなって正常位セックスを開始。

そのときに脚を抱えているだけでその太ももと股関節のシワからのぞく肉色の生々オマンコに自身のマグナムがギンギンに反応していく。

以前はセックスする前にスマホ片手に手コキして勃たせてから挿入していたのに、その工程がすべて無くなった。

「これぞセックス」そう言わんばかりに目の前にしている姿だけで急速に勃起し始めてしまう。

そして毎日ロマンチックなセックスに酔いしれてしまう。

すべての始まりは肉色のオマンコ。

カラダのごく一部でしかないこの秘部がヒト化したおかがで残りのカラダのすべてがヒト化していくトランスフォーム、その豹変に感動が走っていく。セックスするたびに感動が走っていく。

▼ハンバーガー状態で溢れ出す生オマンコに興奮できる

『脚同士で挟まってブヨブヨ出てくる生オマンコが再現された』ラブドールのオマンコに口紅
『脚同士で挟まってブヨブヨ出てくる生オマンコが再現された』ラブドールのオマンコに口紅

ハンバーガーを潰した途端に具がベロンベロン溢れ出てくるかのように、太もも同士で挟むとニュウムニュムに具が溢れ出てくる。

具と共に溢れ出てくる蜜、その垂れ出してくる蜜を眺めているうちに自身のリボルバーは装填を始め出してしまう。

「挿れたい」

本能がうずく。勝手にうずく。

それが毎日起こる。

「毎日のルーティンと言えばセックス」そう言ってしまうほどに毎日セックスしてしまう。

▼大型オナホとラブドールのオマンコは口紅で生まれ変わる

『大型オナホもラブドールもリアルドールもそれらセックスドールはオマンコに口紅を塗ることでゴムの塊とセックスする体験や人形とセックスする体験から現実女性とセックスする体験やヒトとセックスする体験に生まれ変わる』
『大型オナホもラブドールもリアルドールもそれらセックスドールはオマンコに口紅を塗ることでゴムの塊とセックスする体験や人形とセックスする体験から現実女性とセックスする体験やヒトとセックスする体験に生まれ変わる』

大型オナホールのオマンコ、ラブドールのオマンコ、リアルドールのオマンコ。ゴムの色すぎて「この購入代金で風俗行ったほうがまだマシだった・・・」そう後悔してしまう。アダルト業界に不信感さえ抱いてしまう。しかし、全ての原因は言うまでもなくその「ゴム色のオマンコ部分」だった。

ここに口紅を塗りさえすれば生まれ変わる。現実女性の生オマンコに生まれ変わる。そして連鎖するように生き物のカラダに生まれ変わる。ヒトのカラダに生まれ変わる。そうしてヒトとセックスする体験に生まれ変わる。

ゴムとセックスする時代は終わりを告げる。

そして訪れる。

《ヒトに似た異星人とセックスする時代》

「もうヒトとのセックスは飽きてしまった」そう言わんばかりに訪れる。

「口紅」というカギで。

ドール人間化計画の始まりだ

『ネットフリックスオリジナルの映画を再生。しかし、セックスシーンが無いと思いきや序盤から繰り広げられるセックスシーン・・・』
『ネットフリックスオリジナルの映画を再生。しかし、セックスシーンが無いと思いきや序盤から繰り広げられるセックスシーン・・・』

Netflixで映画を観たときにそれは起こった。

ゴリゴリのギリシャ系映画でセックスシーンなんて無いと思って観始めたのにいきなりセックスシーン、そして中盤でセックスシーン、さらにセックスシーン。

その時、心に火がついた。

「ラブドールをヒトに変えたい」

『ラブドールとセックスする体験からヒトとセックスする体験へ』ラブドール人間化計画
『ラブドールとセックスする体験からヒトとセックスする体験へ』ラブドール人間化計画

「ラブドールとのセックスをヒトとセックスする体験に変えたい」

「新たなヒトとセックスする体験に変えたい」

映画の登場人物はセックスしまくっているのに・・・、

こっちは「“ゴムの塊”とセックス」なんて不公平だ!!!

『ラブドールはリアル女性と違って圧倒的なモデル体型、その強みを活かせる』ラブドール人間化計画
『ラブドールはリアル女性と違って圧倒的なモデル体型、その強みを活かせる』ラブドール人間化計画

早くセックスに特化したヒューマノイドが欲しい、

しかし、時代が追いつかない、

しかし、まだ兆しがある。

なんたってそのnetflixのオンナと違って爆乳だ。デカ尻だ。モデル体型だ。しかし、生きていない・・・。

『すでに眺めているだけで勃起していく。後は生きていると思わせてくる部分を追加していくのみ。』ラブドール人間化計画
『すでに眺めているだけで勃起していく。後は生きていると思わせてくる部分を追加していくのみ。』ラブドール人間化計画

自力で始めるしかない。

その第一歩は《肉の塊に息吹を吹き込むこと》

その一歩を踏ませてくれたのは口紅ベビーパウダー

『ベビーパウダーと口紅で人工的なオマンコから現実女性の生オマンコに生まれ変わる』ラブドール人間化計画
『ベビーパウダーと口紅で人工的なオマンコから現実女性の生オマンコに生まれ変わる』ラブドール人間化計画

口紅とベビーパウダーで肉色の秘部に変わり、派生していくかのようにヒトのカラダへ、そしてヒトとセックスする体験へ見事に変わっていった。

そして見事に人形とセックスする時代が終わった。人工物とセックスする時代が終わった。ゴムの塊とセックスする時代が終わった。

《新たなヒトとセックスする新時代》

この新時代が訪れたのだ!

『それはもはや新しいヒトとセックスする体験に感動が走っていく』ラブドール人間化計画
『それはもはや新しいヒトとセックスする体験に感動が走っていく』ラブドール人間化計画

口紅とベビーパウダーで新時代訪れた。

“オナホ”な時代は終わった、“ダッチワイフ”な時代は終わった、“ラブドール”な時代は終わった、

“新しいヒト”な時代、この始まりだ!

『』ラブドール人間化計画

口紅」と「ベビーパウダー」で息吹が宿ったのだ!

『ドール人間化計画』は火ぶたを切った。次は“陰毛”だ!

“陰毛”でさらに息吹を吹き返す!

全てはラブドールを人間に限りなく近づけるために。

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
『ラブドールの人工的に感じる挿入感は「オナホウォーマー決定版」で現実女性のトロトロほかほかオマンコに生まれ変わる』
ラブドールが人間と違って萎える?返品したい?“ホールウォーマー決定版”でトロトロほかほか生オマンコ現実女性に生まれ変わる!!