オナホールを飾れるオシャレなインテリアに変える計画
『オナホインテリア化計画』
ラブドール人間化改造計画
『ラブドール人間化改造計画』
VRアダルトに特化した最強の環境にするための計画
『VRアダルト最強環境計画』
風俗マスターになるための計画
『風俗マスター化計画』
新着一覧
『従来のAVは外国人のセックスを鑑賞する感覚だった。しかし、アダルトVRでその時代は終わった。これからは外国人と対人感覚を伴いながらセックスする感覚を体験できる。』
『従来のAVは外国人のセックスを鑑賞する感覚だった。しかし、アダルトVRでその時代は終わった。これからは外国人と対人感覚を伴いながらセックスする感覚を体験できる。』

VRで勃たなくなったら欧米だ!金髪白人外国人のVRがオススメ。月額派なのに初めて単品買ったレベル、黒船新感覚でフル勃起できるぞー!!

始まりは外国人だけが在籍する風俗店をふと見つけたときだった。それまで何しても勃たなかったのにその日記を見た途端にフル勃起。そのときハッと気づいた。「もしや外国人のVRで勃つのでは?」・・・と。さっそく単品作品を買うと「本場の青い目の人と見つめ合う体験」にフル勃起。悟った。勃たなくなったら外国人がオススメだということを!

外国人だけが在籍する風俗店の写メ日記にフル勃起したことがキッカケ

どんなAVを見ても勃たなくなってしまったのに外国人専門風俗店『ミスユニバース』のヘブンネットサイトと日記を見ていたらガチガチに勃起してしまった。
どんなAVを見ても勃たなくなってしまったのに外国人専門風俗店『ミスユニバース』のヘブンネット公式サイトと日記を見ていたらガチガチに勃起してしまった。

すべての始まりはヘブンネットで洋モノの外国人だけが在籍しているホテヘル兼デリヘル風俗店をふと見つけたときだった。

『なにをしても勃たなくなってしまったときは外国人のエロ物がやっと勃たせてくれておすすめ』
『なにをしても勃たなくなってしまったときは外国人のエロ物がやっと勃たせてくれておすすめ』

その異端な店は『ミスユニバース』という店、在籍キャストの方々がホントに本家のミス・ユニバースに出場してそうな本場のハイレベルなモデル達ばかり・・・。

『ミスユニバースは圧倒的高身長と圧倒的モデル体型と圧倒的美人ばかりで勃つ』
『ミスユニバースは圧倒的高身長と圧倒的モデル体型と圧倒的美人ばかりで勃つ』

今までヘブン日記で勃ったことなんて全然なかったのに、なおかつ今まであらゆるエロにとにかく勃たなくなってしまっていたのに、在籍している欧米風俗嬢の方々がみんなボンキュッボン体型、絵に書いたようなファッションモデル体型、日記の写真を見ているだけでガッチガチに勃起していく破壊力。

一人だけではない。日記一覧を眺めているだけで確実的に勃起していく秘境的エロさ。

『ミスユニバースは本当に在籍しているのでリアリティがあって勃った』
『ミスユニバースは本当に在籍しているのでリアリティがあって勃った』

「とんでもなくエロい」「写真がとんでもなくエロい」「動画がとんでもなくエロい」「全員もれなく圧倒的高身長の黒船的エロさ」「全員もれなくダイナマイトボディかファッションボディのモデル的エロさ」「全員もれなく圧倒的美人という半端のないエロさ」

写メも動画もエロい。そしてカタコトの日記もなんだかエロい。

「ソープではないこと」が「唯一の残念な点」だと感じながらも・・・

写メ日記にそのまま「1時間近く」夢中になってさかのぼってしまった。

そして思ってしまった。

「外国人とセックスしたい・・・」

『ダイナマイトボディの外国人に寄り添われてセックスしたい』
『ダイナマイトボディの外国人に寄り添われてセックスしたい』

「外国人とセックスしたい・・・」その思いが強くなっていった。ミスユニバースの写メ日記や動画をさかのぼっていくにつれてどんどん金髪欧米人とセックスしたくなってくる。

彫刻のような顔、フィギュアのようなカラダ、圧倒的な目ヂカラ、圧倒的な黒船感、圧倒的な痴女感、そして外国人系はボッタクリ系ばっかりな業界都合で唯一的に怪しくない店。

「セックスしたい」その思いで我慢できなくなってカッチンコチンに硬くなっていくマグナム。

実は少し前にたまたま『ポツンと一軒家』を見ていてシーズン2のエピソード52に“フィリピン妻”の方の回があってそのときに、

『「ポツンと一軒家」でフィリピン妻が出てきたときにムラッとしてしまった』
『「ポツンと一軒家」でフィリピン妻が出てきたときにムラッとしてしまった』

「フィリピン人とセックスしたい」「フィリピン人のパートナーが欲しい」「フィリピン人と結婚したい」そうふと思ってしまっていたのも相まってもう我慢できなくなっていた。

脳内は完全に欧米人でいっぱい。

外国人でいっぱい。

オーストリア人でも、ロシア人でも、フィリピン人でも、とにかく欧米顔で金髪か外国人の髪質で英語っぽい言語を喋ってくれていればそれでいい。

とにかく外国人のことで頭がいっぱい。

そのときあることを思い出した。

VRはAV女優と実際に対面して出会う体験ができる

さらに少し想像を補助すれば、

「AV女優と実際にセックスしている体験ができる

ということを以前経験したばかり・・・。

あぁ・・・もう・・・

「外国人に会いたい・・・」

『手を差し伸ばされると本能的に手を差し出してしまうのがVRの特徴』
『手を差し伸ばされると本能的に手を差し出してしまうのがVRの特徴』

今すぐ会いたい。今すぐ対面して見つめ合いたい。そのブルーの瞳をずっと見ていたい。グリーンの瞳をずっと眺めていたい。水晶みたいなその瞳をずっと見ていたい。エメラルドグリーンの瞳に吸い込まれたい。

「もう我慢できない」

風俗の5割を代替できると経験的に思っている《VR》に頼るしかない。

なんたってVRはAV女優に「対人関係の感覚で」会う体験ができるのだから・・・。

『VRはキスシーンで顔が近づいてくると条件反射的にこっちも目をつむってこれからキスする構えになる』
『VRはキスシーンで顔が近づいてくると条件反射的にこっちも目をつむってこれからキスする構えになる』

キスのシーンで「顔近い近い近い」と本能的に感じてこっちもキスする行為を勝手にしてしまう。手を差し伸ばしてくるとこっちも対人的に手を差し出してしまう。それが身に起こる。勝手に手が動く。勝手に腕が動く。勝手に唇が動く。

そして、

VRはAV女優と「対人感覚を伴いながら」セックスする体験ができる。

《鑑賞する体験ではない、会う体験だ。》

これを今まで経験していた。

すなわち、

『VRはAV女優とセックスする心理体験なので外国人VRで外国人とセックスする体験ができる』
『VRはAV女優とセックスする心理体験なので外国人VRで外国人とセックスする体験ができる』

「外国人のVRを見れば外国人に出会えてそして外国人とセックスする体験ができる」のだ。

VRに欠落している「物理的な感触」もラブドールやオナホで補って視覚と触覚が一致してリアルになりつつある。今もずっとアダルトVRに特化した環境を追求し続けている。

『北大路かのんはオナホ業界とラブドール業界の2つをあわせた中でダントツでおっぱいが柔らかかった。なのでVRのおっぱい揉みシーンとの相性が良い』
『北大路かのんはオナホ業界とラブドール業界の2つをあわせた中でダントツでおっぱいが柔らかかった。なのでVRのおっぱい揉みシーンとの相性が良い』

ラブドールや大型オナホの中で経験的に人間の柔らかさに最上級的に柔らかかったこの『北大路かのん』がベッドに構えている。

そして最高画質を映し出せるスマホ『iPhone11』もスタンバっている。

VR業界で最高画質を映し出せる『スマホ装着型VR』がアイフォンを格納してスタンばっている。

スマホ装着型の格安VR(エレコム ELECOM VRG-M01BK)
スマホ装着型の格安VR(エレコム ELECOM VRG-M01BK)

ちなみに、VR業界で最先端的存在でもある『オキュラスクエスト2』は残念なことに上の写真の数千円で買えるスマホ装填型VRよりも画質が悪かった。画質が悪いゆえにAV女優に会う体験に昇格してくれなかった。「究極の映像美」などというオキュラスのキャッチフレーズはただの美辞麗句だったのだ。

『従来のオキュラスよりも画質が向上。しかし、スマホVRよりも画質が悪かった。』オキュラスクエスト2
『従来のオキュラスよりも画質が向上。しかし、スマホVRよりも画質が悪かった。』オキュラスクエスト2

画質が少しでも悪くなってしまえば「会う体験」から「鑑賞する体験」にダウングレードしてしまう。なのでオキュラスクエスト2よ、さらばだ。

「準備は整った。」

もうすぐだ。もうすぐ外国人と対面して、出会って、その黒船的な瞳を見つめ合いながらセックスできる。

『VRで青い目の外国人と見つめ合ったり心と心が繋がっているような心理状態でセックス体験できる。外国人とセックスする体験なので新感覚で勃つ。』
『VRで青い目の外国人と見つめ合ったり心と心が繋がっているような心理状態でセックス体験できる。外国人とセックスする体験なので新感覚で勃つ。』

もう普通のVRでは勃たない。外国人の洋モノの白人のAV女優でしかこの難関は突破できない。

「外国人VRこそが今、勃つための唯一のVR」

いざ!FANZAへ!

FANZAを開いた瞬間・・・
なんと欧米セールが。

『大量のアダルトVRの中で外国人のVRが唯一勃つアダルトAVになり得る』
『大量のアダルトVRの中で外国人のVRが唯一勃つアダルトAVになり得る』

FANZAを開いた瞬間、「バンッ!」と太鼓判を押すかのごとく、壁ドンするかのごとく、ちょうど「洋モノVRならこれ買っとけば最高!」といった感じでFANZAがちょうど年始セールで半額で売っているタイミングに遭遇!

『FANZAのトップ画面に”久々の逸材”と言わんばかり珍しく外国人アダルトVR作品がトップに表示されている瞬間に遭遇』
『FANZAのトップ画面に”久々の逸材”と言わんばかり珍しく外国人アダルトVR作品がトップに表示されている瞬間に遭遇』

「これは運命だ」「買う運命だ」

洋物AVなんてTSUTAYAのAVコーナーの隅の隅の端っこの端っこのほうに追いやられる運命の超絶不人気ジャンルなのに・・・

「絶対にこれは、神作って言っているようなものではないか!」

それはまるでポツンと一軒家で「スタッフの人々が取材に行った日」に「ちょうどその家主の方の誕生日だった」とか、「家主の方がちょうどその一軒家にいる曜日だった」とか、「道が左と右に枝分かれしていて一か八か右に行ったら目当ての一軒家があった」とか、あの奇跡的なパターン、あれがいま起こっている!

「これは買う運命だ。絶対にお守りレベルで持っておくべき神VR」そう確信が走っていく。

さっそくその大目玉的に掲載されていた外国人AVのサンプル動画を視聴すると当たり感ビンビン感じる愛想感。

『外国人AVにありがちなゲテモノ感がない!』
『外国人AVにありがちなゲテモノ感がない!』

「日本に出稼ぎにやってきて仕方なくAV女優やってる感」が全然無い。

「本当は日本人なんて好きじゃないんだけど感」が全然無い。

「アァ〜〜キモチイイイ〜〜(カタコト)」そう無理矢理日本語を言わされてる感が全然無い、圧倒的なネイティブ。

それでいて、言語は全部英語、字幕も無い。「感じ取れ!」そう言わんばかりに字幕が無い。

「シーハーシーハーうるさい感」も全然無い。

「カメラ目線にならない感、男優を見ない感」も無い。

「早く帰りたい感」「母国でパートナーが待ってるからあなた(男優)のことなんて好きじゃないし今のセックス全然気持ち良くないし早く終わらないかな感」も全然無い。

それでいて「カメラが寄りすぎてAV女優が巨人化してしまうこと」も全然無い。

「絶対にこれは買いだ!」今まで感じたことのない新感覚の久々のフル勃起で確信、体の中で最も正直な決意をしてくれる部位“己のマグナム”の絶対的確信と共に、「買って!買って!これ買って!買ってくれないと帰らない!!」そう濡らしながら泣き叫ぶ息子の声に圧倒されて「メロディー・マークス」が出演するアダルトVR全2作品を人生で初めて単品2つ購入。完全に「これから一生使うものを買うのだから」「これ買ったらもう二度と単品作品は買わない」その思いで購入したのだ!

今までVRの単品作品を買ったことなんて無かった。

『“色んな女性とハーレムするより貴女と一生共にするのがいい”と言わんばかりにアダルトVRでなおかつ外国人VRで初めて単品作品を買うレベルのに出会った。』
『“色んな女性とハーレムするより貴女と一生共にするのがいい”と言わんばかりにアダルトVRでなおかつ外国人VRで初めて単品作品を買うレベルのに出会った。』

今までVRの単品作品を買ったことなんて無かったのに。今までアダルトVRは「月額VR一択」だった。VRで単体作品を買おうとも思わなかった。しかし、なんと唯一「初めて買いたいと思い」そして実際に買ってしまったのである。

「穴があくまで見ることだろう。」そう確信が走っていった。

なんたってVRはAVとは違う。

VRは従来のAVと違って「対人感覚」があるのが魅力

『従来の外国人AVを買うのと外国人のアダルトVRを買うのとでは次元が違いすぎる。従来のAVと違ってアダルトVRには対人感覚があるので外国人と対人する体験ができる』
『従来の外国人AVを買うのと外国人のアダルトVRを買うのとでは次元が違いすぎる。従来のAVと違ってアダルトVRには対人感覚があるので外国人と対人する体験ができる』

VRはAV女優と対人関係のソレで見つめ合う体験ができる。

「外国人と見つめ合える」「外国人と会える」「外国人とセックスできる」

VRはAV女優を「視聴する体験」ではなく「会う体験」ができるのだ。

VRはAV女優と対人感覚のソレで会える。

VRはAV女優と対人関係のソレでセックスできる。

『従来のAVは外国人のセックスを鑑賞する感覚だった。しかし、アダルトVRでその時代は終わった。これからは外国人と対人感覚を伴いながらセックスする感覚を体験できる。』
『従来のAVは外国人のセックスを鑑賞する感覚だった。しかし、アダルトVRでその時代は終わった。これからは外国人と対人感覚を伴いながらセックスする感覚を体験できる。』

VRで外国人と対人感覚感じながら会えてそしてその外国人とセックスできるのだ!

おかげで再びVR熱が再燃。日本に黒船が到来した時もきっとこんな感じだったのだろう!

「神レベルの物品がやってきた」とな!

『AVはそれぞれ趣向があってどれがオススメなんていう物は無い。しかし、VRは”視聴する体験ではなく対人感覚を伴いながら会うセックス体験”なので外国人VRは外国人と対面して会ってセックスする疑似体験ができるのでオススメできる』
『AVはそれぞれ趣向があってどれがオススメなんていう物は無い。しかし、VRは”視聴する体験ではなく対人感覚を伴いながら会うセックス体験”なので外国人VRは外国人と対面して会ってセックスする疑似体験ができるのでオススメできる』

AVの作品なんて人それぞれの趣向があってオススメするようなものではない。

しかし!今回の外国人VRは別次元だ!

『男優と金髪白人女優がセックスしているのを視聴する時代は終わった。アダルトVRのおかがで男優に乗り移って金髪白人女優と面と向かってセックスする時代に変わった。』
『男優と金髪白人女優がセックスしているのを視聴する時代は終わった。アダルトVRのおかがで男優に乗り移って金髪白人女優と面と向かってセックスする時代に変わった。』

VRの洋モノジャンルで代表するかのような神次元!

「よし!ダウンロード完了!」

さらば!現実の世界よ!

『アダルトVRのおかげで“出会い系アプリで外国人を探さなくても自宅でその場ですぐ外国人と会ってセックスできる”まさに夢の時代の一歩が始まった。』
『アダルトVRのおかげで“出会い系アプリで外国人を探さなくても自宅でその場ですぐ外国人と会ってセックスできる”まさに夢の時代の一歩が始まった。』

いざ!夢の世界へ!!

『何をしても勃たない時は“外国人VR”がおすすめ』

『何をしても勃たない時は“外国人VR”が外国人と会う体験ができて、なおかつ外国人とセックスする体験ができて、なおかつ金髪白人のその新感覚でおすすめ』
『何をしても勃たない時は“外国人VR”が外国人と会う体験ができて、なおかつ外国人とセックスする体験ができて、なおかつ金髪白人のその新感覚でおすすめ』

純粋に青い目の人と見つめ合える

今回購入した2作品。青い目の人と見つめ合えた。カラコンではない。純粋なる青い目。その青い瞳を持った人と見つめ合うことができてしまった。

「目を見ないと失礼な感覚」

『アダルトVRは従来AVの“目を鑑賞する”という感覚ではなく、対人感覚で本能的に目を合わせるという感覚が特徴』※写真内女優:メロディー・マークス
『アダルトVRは従来AVの“目を鑑賞する”という感覚ではなく、対人感覚で本能的に目を合わせるという感覚が特徴』※写真内女優:メロディー・マークス

VRは目を見るときに「対人的に目を見る」感覚。「相手の目を“鑑賞する”」といった従来のAVの感覚ではない。「対面しているのに目を見ないと失礼だ」といった感覚になる。「目を見続けないと弱みを握られるのでずっと目を見ながら話す」といった人間独特の体験さえもVRで起こる。ちなみに『【VR】美女に怒られながらシコシコVR!!』などというAVが出没し出したおかげで「怒ってきているときに目を見ないとつけあがってくる」という対人感覚独特のものも体験できてしまっている謎の奥の深さがVRの魅力。「鑑賞」では無い。じっと目を見続けたら相手の方から「なにか?」そう言われそうなリアル対人独特の体験が起こるのだ。

「握手会で本人と見つめ合う感覚」

『“さもあたかも見つめ合っている”と錯覚する時代は終わった。アダルトVRは「さもあたかも」ではなく「本当に」見つめ合っている体験』※写真の女優:メロディー・マークス
『“さもあたかも見つめ合っている”と錯覚する時代は終わった。アダルトVRは「さもあたかも」ではなく「本当に」見つめ合っている体験』

例えば外国人のミュージックビデオでその外国人歌手がこっちを見ているシーンで「自分から焦点を合わせてさもあたかもこの美人歌手と見つめ合っているんだと無理やり自分を錯覚させていくが現実は一方的に見ている体験なので想像で補完しながらなんとしてでもあたかもライブに行って本人の握手会で直接見つめ合う体験に持っていく・・・」という無理強いな感覚ではない。

VRは生きている人がそのままバーチャルリアリティーの世界に転送されたような感じがある。そのバーチャルリアリティーの中で生きている感がある。バーチャルリアリティーの中で生きている人と会うにあたって当然、目を見るという感覚がある。対人感覚のそれが起こる。「下を見ながら目を合わせずに接するのは対人的に・・・」といった対人関係独特の体験がVRにある。

「あの人の目、青かったなぁ…感覚」

『VRは頭を傾けるとリアルと同じく見ている方向も傾くのでそれに合わせて純粋に青い目の人の瞳の「リアルで対面しないと分からなかった青い目の瞳の独特の感じ」がVRで体験できて感動』※写真内外国人AV女優:メロディーマークス
『VRは頭を傾けるとリアルと同じく見ている方向も傾くのでそれに合わせて純粋に青い目の人の瞳の「リアルで対面しないと分からなかった青い目の瞳の独特の感じ」がVRで体験できて感動』

青い目はいつも青いわけではなく角度によって暗く見えることもわかる。それは「まさにリアルで対面したときにだけ」分かるような体験・・・。「これからオーストリアに行って外国人の人に声を掛けて目を見ながら話す」という行為をして「あの人すごい目青かったなぁ。これがカラコンではない本場の青い目か・・・凄い・・・」と回想する感覚を、アダルトVRならショートカットできていきなり外国人と対面できるのだ。リアルだ。想像による補完ではない。「さっき公園で出会った小鳥と見つめ合って会話したの♡」といった想像で補完する類の脳内お花畑な感じではない。リアルだ。リアルに対面する感覚なのだ。

従来の映像形態では「青い目の外国人の瞳を見る」「こっちを見てきているシーンで焦点を自ら合わせてあたかも見つめ合っている体験に自ら持ち込んでいく」という感じだった。しかしVRは違う。「これまで生きていた人がバーチャルリアリティにアップロードされて死後もその世界で生活している人とVRゴーグルを利用して会いに行く。交わる時も目を見ないと失礼なので当然目を見る。そしてセックスする。」という次元。物理的に次元が違う。映画『アップロード』の設定はあながち実現不可能的ではない。本当にそれが現実にVRにおいて少し起こっている。

「VRはどこでもドア感覚」

『外国人のVRおかげで外国人専門の風俗店を利用するという選択肢の他にもう1つ生まれた。VRで外国人に出会える体験ができる。』※写真内AV女優:メロディー・マークス
『外国人のVRおかげで外国人専門の風俗店を利用するという選択肢の他にもう1つ生まれた。VRで外国人に出会える体験ができる。』

カラコンではなく純粋に生まれながらにして青い目の人と見つめ合うために出会い系アプリを利用したりわざわざ都心部に外国人の方がいるメイドカフェに行ったり、外国人がいる風俗店を利用したり、空港に行ってパスポート見せてはるばる海を越えて街歩くその現地の外国人に話し掛けるというプロセスがズバッとショートカットされて、VRならいま部屋にいるその場でVRゴーグルをかぶるだけで「どこでもドア的に」その目的がVRで果たせてしまう。

感覚としては「外国人と目を見つめ合って会話している最中に“すごい、目青い・・・”と会話中にふと同時進行で思いながら会話を継続していく」という感覚だ。従来のAVのような「外国人の青い目を鑑賞する」といった感覚では全くない。

外国人と対面できる

「ブチューってされたらブチューってしてしまう」

『従来のAVはキスシーンで斜に構えて視聴する感覚だったのがアダルトVRではキスシーンで本能的なのか生殖反応的なのか勝手にキスの構えになってしまうのが魅力。すなわち外国人のアダルトVRで外国人とキスできるのだ。』※写真内AV女優:メロディーマークス
『従来のAVはキスシーンで斜に構えて視聴する感覚だったのがアダルトVRではキスシーンで本能的なのか生殖反応的なのか勝手にキスの構えになってしまうのが魅力。すなわち外国人のアダルトVRで外国人とキスできるのだ。』

VRの魅力は対人感覚があることが最大の魅力。キスしてきたら条件反射的にキスの口になってしまう。手を差し伸ばしてくれば本能的に手を差し出してしまう。「キスしたい?♡」そうコクリとうなづいて応答を求めてきたら条件反射的にこっちもコクリとうなずいてしまう。

それゆえに異国に居る外国人と今この場所で「対面」できてしまう。

「ウェブカムで外国人とライブチャットする次元より上」

『目の前に居る対人感覚特有の肌感覚をアダルトVRで感じることができる。外国人VRならば外国人が30cm以内に居る肌体験ができる。まさに外国人に会って親密度を高め合っている感覚。』※写真内AV女優:メロディーマークス
『目の前に居る対人感覚特有の肌感覚をアダルトVRで感じることができる。外国人VRならば外国人が30cm以内に居る肌体験ができる。まさに外国人に会って親密度を高め合っている感覚。』

ウェブカムで会話するような次元ではない。対面だ。肌感覚で対面する。

「YouTubeで外国人がカメラ目線になっているのを見る」そんな次元ではない。その外国人と連絡し合ってそして実際に待ち合わせ場所で対面して公園のベンチで見つめ合ってそしてキスをする・・・そんな体験が身に起こる。VRは「独り占め感」がハンパではない。

異国感があるから勃起できる。今まで勃たなくなっていた状態でも新たな快感を感じて勃つ。

外国人に会える

「人生で外国人と会った人数にカウントしてしまう」

『アダルトVRは瞳同士で見つめ合って瞳を通して心と心が繋がり合う感覚がある。外国人VRで心と心を交わらせながらセックスできる体験ができる』※写真内AV女優:メロディーマークス
『アダルトVRは瞳同士で見つめ合って瞳を通して心と心が繋がり合う感覚がある。外国人VRで心と心を交わらせながらセックスできる体験ができる』

対面するだけではない。心と心を交わらせている感覚、すなわち対面して会話して一緒の時間を過ごす感覚「会う感覚」ができる。

「今まで人生で何人の外国人と会った?」その質問にカウントしてしまうほどの体験が起こる。

「高画質であればあるほど外国人に会う体験の純度が100%に近づく」

『アダルトVRで従来の「視聴する体験」から「会う体験」に遷移してくれない原因は画質にある。超精細カメラで撮影されている上にそれを映し出す端末も超高画質で出力できるスペックがあって初めて会う体験に変わる。』※写真内AV女優:メロディーマークス
『アダルトVRで従来の「視聴する体験」から「会う体験」に遷移してくれない原因は画質にある。超精細カメラで撮影されている上にそれを映し出す端末も超高画質で出力できるスペックがあって初めて会う体験に変わる。』※写真内AV女優:メロディーマークス

VRは従来のAVの観る体験ではなく、会う体験ができる。会う体験ができなかった場合は「画質が悪いこと」が原因、画質が「ただ高画質なだけ」だと従来の「視聴する体験」から「会う体験」に引き上がってくれないのだ。心理的な遷移が起こってくれない。「“超”高画質」でやっと会う体験に引き上がる。

アダルトVRの作品がこぞって「超高画質」「超精細」「精細カメラで撮影」「超絶高画質」というフレーズをタイトルに付ける理由は「VRは画質が命だから」という事情がある。

超高画質であればあるほど「視聴する感覚」が排除されていく。そして「対面して出会う感覚」の純度が100%に近づいていく。

高画質であればあるほど外国人と出会う体験がより「観ているのか会っているのか」区別が付かなくなる。

外国人とセックスできる

「妄想にはウンザリ。」

『ニコニコ生放送でカメラ目線の放送主の目を見てあたかも見つめ合っていると錯覚しようとする努力のようなものが、アダルトVRで無くなる。そのような意図的な意識操作なくリアル対人と同じく素で見つめ合う体験になるのがアダルトVRの魅力。』※写真内外国人AV女優:メロディーマークス
『ニコニコ生放送でカメラ目線の放送主の目を見てあたかも見つめ合っていると錯覚しようとする努力のようなものが、アダルトVRで無くなる。そのような意図的な意識操作なくリアル対人と同じく素で見つめ合う体験になるのがアダルトVRの魅力。』

ウェブカムでオナニーを見せ合いっこしてその情景をうまく脳内でセックスしている状態に再構築して擬似的にセックスできていると妄想する次元、そんな疲れる次元からやっと脱却できているのがVRだ。

「もう妄想にはうんざり。」そんな現実主義派な目的のためにVRは作られているといっても過言ではない。

「映像なのに映像だと認知できない」

『アダルトVRは映像なのに従来のAVと違って「映像を観ている」という体験ではなく「対人体験」が特徴。映像と会う体験でもない。現実的に言うと「亡くなったAV女優がVRの世界に転送されてそのAV女優とVRゴーグルを介して会っている」という感覚がふさわしい。』※写真内外国AV女優:メロディーマークス
『アダルトVRは映像なのに従来のAVと違って「映像を観ている」という体験ではなく「対人体験」が特徴。映像と会う体験でもない。現実的に言うと「亡くなったAV女優がVRの世界に転送されてそのAV女優とVRゴーグルを介して会っている」という感覚がふさわしい。』

VRは映像なのに映像だと認知できない。「これは対人関係だ」そう脳内が判断して視聴行為から対人行為にシフトしてしまう。本能的にシフトしてしまう。そして外国人と対面することになる。一緒に時間を過ごして会うことになる。そして瞳同士が握手するかのように心と心が繋がった状態でセックスすることになる。

外国人とセックスする方法は「外国人とリアルに会ってセックスする」その方法しかこの世に無かった。しかし、もう1つ、方法が世にもたらされた。

それがVRである。

外国人特有のエロい喘ぎ声で勃つ

「“シーハーシーハー”は終わった。」

『本場の海外プレイボーイでも“シーハーシーハー”喘ぐモデルはかなり少なくなった。シーハーシーハー喘ぐと勝手に気持ちよくなって一方的なセックスの感じがして気持ちよくなれない。最近の外国人のアダルトVRもシーハーシーハー喘ぐことがかなり少なくなっている。』※写真内外国人AV女優:メロディーマークス
『本場の海外プレイボーイでも“シーハーシーハー”喘ぐモデルはかなり少なくなった。シーハーシーハー喘ぐと勝手に気持ちよくなって一方的なセックスの感じがして気持ちよくなれない。最近の外国人のアダルトVRもシーハーシーハー喘ぐことがかなり少なくなっている。この外国人AV女優メロディー・マークスもあまりシーハーシーハー言わない。』

シーハーシーハーうるさいのはもう昔の話で最近は普通にエロティックな喘ぎ声になっている。

今の外国人のアダルトVRはだんだんと「ザ・エッチ」と言わんばかりにちゃんと喘ぎ声を出している。シーハーシーハーと自分が気持ち良くなることに全集中して一方的なセックスをさせられている感覚ではない。

日本のAV女優のように出している。シーハーシーハーうるさくない。

「勃起する喘ぎ声を出す外国人に会える」

『シーハーシーハーうるさい外国人AVは地雷に相当するものの、最近登場したメロディーマークスはシーハーシーハーうるさくなく“これぞ喘ぎ声!”という喘ぎ声を終始出していて勃起してしまう』
『シーハーシーハーうるさい外国人AVは地雷に相当するものの、最近登場したメロディーマークスはシーハーシーハーうるさくなく“これぞ喘ぎ声!”という喘ぎ声を終始出していて勃起してしまう』

外国人の喘ぎ声の中でもエロい喘ぎ声に変わりつつある。「カラダはエロいのに喘ぎ声がケモノみたいで勃たない」というのが最近起きていない。

外国人のAVは変わった。「外国人と対面し、出会い、そして愛し合い、セックスしている」その体験ができる時代の到来だ。

風俗の50%をVRで代替できる

「今この瞬間に最速で最楽で会える」

『アダルトVRならばカラコンの青い目ではなく純粋の青い目の外国人AV女優と自宅でその場で会える』※写真内AV女優:メロディーマークス
『アダルトVRならばカラコンの青い目ではなく純粋の青い目の外国人AV女優と自宅でその場で会える』

今回、外国人専門の風俗店を発見して利用したいと思いながらも外国人のVRで満足できてしまった。

本当はその風俗店を利用したい。しかし、身だしなみを改めて整えたり、着ていく服を用意したり、ファブリーズかけたり、改めて服をクリーニングに出したり、改めて爪を切ったり、改めて爪をヤスリで丸くしたり、改めて舌磨きしたり、改めて口臭予防したり、営業時間確認したり、どの外国人の方が今待機しているのかチェックしたり、受付までの道のりをGoogleマップでシュミレーションしたり、どこのホテルが今空いているのか調べたり、料金はどれくらいなのか確認したり、今度はホテルの料金はどれくらいなのか調べたり、それらやることがたくさんある中、VRは最速で最楽だ。

『アダルトVRならば身だしなみを改めて整える必要なく自宅でその場ですぐにSSS級の外国人に会える。』※写真内AV女優:メロディーマークス
『アダルトVRならば身だしなみを改めて整える必要なく自宅でその場ですぐにSSS級の外国人に会える。』

VRは「ポチってゴーグルかぶるだけで」外国人に出会えてしまう。

とにかく楽だ。それでいて従来の「金発白人美女のAV見て我慢する」という我慢大会はしなくてよくなった。観る体験ではなく「会う体験」なので「いま擬似的に会えているのでこれでもいいかな・・・」と思える感じで満足できてしまう。

『従来のAVで外国人を「視聴」して妥協するのではなく、アダルトVRで外国人に「会って」本来の目的の50%は少なくとも満足できてしまう。』※写真内外国人AV女優:メロディー・マークス
『従来のAVで外国人を「視聴」して妥協するのではなく、アダルトVRで外国人に「会って」本来の目的の50%は少なくとも満足できてしまう。』※写真内外国人AV女優:メロディー・マークス

妥協ではない。「50%以上会えてる感があるからいいかな」という感覚。

「物理的感触はラブドールが代替してくれる」

『「青い目の外国人に会いたい」を50%満たしてくれるアダルトVRでおっぱいを揉んだりセックスするシーンが一致してくれてさらにリアルに外国人とセックスする体験に近づいていく。』
『「青い目の外国人に会いたい」を50%満たしてくれるアダルトVRでおっぱいを揉んだりセックスするシーンが一致してくれてさらにリアルに外国人とセックスする体験に近づいていく。』

風俗店と違って外国人のそのおっぱいは揉めない。しかし、こっちにはその感触を代替できる存在がある。その存在とはずばりラブドール。そしてオナホ業界の中で業界最上級におっぱいが大きくそしてゲル素材内蔵の業界最上級に柔らかい『北大路かのん』が代替してくれる。そしてリアルドールの『カレン』などが代表して代替してくれる。

「心理的な体験はVRが代替してくれる」

『癒やされるAV女優を一方的に視聴してもやはり全然人恋しさや孤独感が消えなかった従来のAVと違って、アダルトVRは瞳同士で見つめ合うことでお互いに心と心を通わせ会うような体験ができるので人恋しさや孤独感が解消されていく感覚がある。今この場で孤独感を少しでも無くすのはアダルトVRが現実的かつ効率的に担ってくれる。』
『癒やされるAV女優を一方的に視聴してもやはり全然人恋しさや孤独感が消えなかった従来のAVと違って、アダルトVRは瞳同士で見つめ合うことでお互いに心と心を通わせ会うような体験ができるので人恋しさや孤独感が解消されていく感覚がある。今この場で孤独感を少しでも無くすのはアダルトVRが現実的かつ効率的に担ってくれる。』

最も重要な役目である「心理的な体験」はVRが代替してくれる。瞳を見つめ合い、お互いに心を探ってつかみ合う。そしてガッシリ心同士で握手して交わり合う。心理的に交わり合う。独占し合う。そして愛し合う体験になっていく。そしてオナニーセックスではなく愛し合うセックスの体験になっていく。視聴ではなく対人の感覚で愛の中にのめり込んでいく。

おすすめの外国人VR一覧

外国人VRはハズレが非常に多い。そんなイバラの中で「太っていない×愛嬌抜群×瞳と瞳で見つめ合う体験ができる×シーハーシーハーうるさくない×母国に帰りたい感がない×何度も穴があくまで観てしまう」という神レベルの外国人&白人&洋物VRが以下である。指で数えるほどしか無い。どれも単品購入してずっとスマホに保存していつでも瞬時に“会える”ようにしてしまう「単品購入レベル」でなおかつ「秀作がゆえに月額VRチャンネルにラインナップされない」神作品達だ!

外国人に「やっと」“会う”体験ができるおすすめのVR本体

VRは「会う」体験にまで引き上がってくれないものがほとんどだった。従来のAVと同様に「“視聴する”体験」の次元にとどまってしまうものばかり。「“会う”体験」に引き上がってくれない。しかし、「やっと」会う体験ができるVR端末に出会った。それがスマホ装着型VRもしくはスマホを使わない単独型のDPVR-4Dである。

外国人とセックスするのが普通になる時代へ

『アダルトVRで金髪美女と正常位エッチする体験ができる』

「一部の人しか金髪美女に会えない」

「外国人に会ったの?どこでどこで!?」

そんな時代は終わりだ。

もうそんな不公平な時代とはおさらば。

これからは誰でも金髪美女に会える。

『アダルトVRで金髪外国人美女と正常エッチをしている体験ができてその最中に目の前にする気持ち良さそうなお顔にさらに心と心が繋がり合う感覚になっていく』

誰でも欧米人と対面できる。

誰でも青い目の美女と見つめ合える。

誰でも白人美女とセックスできる。

誰でも外国人と交われる。

『金髪白人美女にだいしゅきホールドされている様子』

「金髪白人美女とセックスできる時代」

「金髪白人美女が恋人になる時代」

「金髪白人美女と一緒に過ごす時代」

「愛想のあるハイスペックな外国人美女と心を通わせ合う時代」

この新たな時代が訪れたのだ!

VRによって!

『金髪白人美女との正常位エッチでイッている様子』

《何をしても勃たなくなった》

そんな時は新たな時代の始まりを意味する。

そして新たなカギを手に入れる。

そして新たなトビラを開く。

まるでどこでもドアのよう、

そして足を一歩踏み出していく。

そして未踏の地に足を踏み入れていく。

そして気付く!

ガッチガチに勃起していることに!!

『金髪白人美女との正常位エッチが終わってその爆乳に顔をうずめて癒やされている様子』

自宅で指名して自宅で風俗嬢の方に会う新しい形態。

『今回、オナホファンの金髪白人美女モデル“エンジェル”〔39歳 T180・130(L)・56・100〕をミスユニバースにあたかも在籍しているようにしてみた。風俗店にバーチャル風俗嬢の方が在籍する日はそう遠くはないかもしれない』
『今回、オナホファンの金髪白人美女モデル“エンジェル”〔39歳 T180・130(L)・56・100〕をミスユニバースにあたかも在籍しているようにしてみた。風俗店にバーチャル風俗嬢の方が在籍する日はそう遠くはないかもしれない』

風俗嬢の方と見つめ合う、交わり合う、擬似的にセックスする・・・。

改めて身だしなみを整えなくてもすぐに風俗嬢の方に会える時代。

そんな時代がいつの日か来るに違いない!

もはや“アダルト専用のVR本体”は玩具ではない!

人間の進化だ!!

『アダルトVRを最高のセットアップにする計画』

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
『アダルトVRでAV女優を観る体験から対人体験に進化させるには超高画質のスマホとスマホ装着型VRゴーグルが必要。そしてやっとAV女優と見つ会える。セックスできる。愛し合える』
「VRでAV女優と出会う体験がしたい」場合は“スマホ装着型VR”が最適でおすすめ