セックスしたい、セックスしたい、セックスしたい。頭の中がその言葉でいっぱいになる病、セックスしたい病。さっきまであれほどセックスしたいセックスしたいと思っていたのに、自力でセックスしたい欲求をすっかり消すことができてしまう方法が実はある。

“セックスしたい病”をオナホールでフルに解消できる方法

映画を観るとセックスしたくなってくる


いきなりセックスで始まる映画※パッケージ写真:Amazonより引用

2015年6月。
しばらく潜伏していた持病が再発した。
「セックス」したい病だ。

それは1本の映画を何気なく観たのが原因だった。
2015年にリリースされた洋画『ファイナル・アワーズ』だ。

地球滅亡がテーマの、“Hシーンはワンシーンだけ”
といったノーマル映画だと思って観始めたそんな矢先、
いきなり激しいセックスシーンで始まったのだ。
生々しいセックスの様子で目の前がおかされた。

お互い素っ裸で汗だくになりながら、
激しく腰振りして生々しく愛し合っているシーンから始まる。
「地球の終わりの日にすることと言えばセックス」と言わんばかりだ。

セックスするのは主人公だけではない。
地球滅亡で「どうでもいいや」となった人々が
あちこちでセックスしているシーンも流れる。
乱交パーティーのシーンだ。立ちバック、イス騎乗位・・・
そのシーンの喘ぎ声が頭の中で鳴り響く。

そういったシーンがたびたび目に入って簡単に再発してしまった。
時間が経てば経つほどどんどん症状が悪化してしまう。 もうセックスしたくて堪らない。そう思ってしまう。

「オナニーじゃない!セックスがしたいんだ!」

頭の中がその気持ちでいっぱいになる。
「セックスしたい!セックスしたい!セックスしたい!」
セックスしたい病に完全に襲われてしまった。

しかし、今年はまったく心配要らない。
もう我慢する必要はない。
今年は自宅で誰にも会わずにすぐにセックスができる。
「オナニー」ではない。「セックス」だ。

方法:セックスできるオナホールを使用する 2015年の今年は誰でもセックスできる。自宅で誰にも会わずにすぐにセックスできる

セックスできるオナホール

カラダを抱き締めたい・・・女性の肉体感を感じたい・・・

かつてはオナニーで我慢して済ませたり、腰型の大型オナホールを買って「やっぱりセックスじゃないなぁ・・・女性の体を抱き締めたい・・・」と思いながら我慢したり、空気式のラブドールを綿詰めして妥協しながら「あぁ・・・ビニールじゃなくてあの女性独特のふんわりした肉体感を感じたい・・・」と色々と妥協して我慢していた。

今年はオナホールで本格的なセックスを体感できる

今年は違う。なぜならガールフレンドで生身の女性とセックスしている肉体感を味わえるからだ。肉欲を満たせる。この生身の肉体感のおかげでやっと本格的に(*)セックスをしている感覚を味わえたのだ。腰型の大型オナホールや空気式のラブドールではこのセックスをフルに味わえなかった。これからは誰にも会わずに自宅で一人でいつでもすぐに本格的なセックスを味わえる。今後またセックスしたい病が再発しても安心である。

※突くたびに喘ぎ声を出したり反応したり相手が動いてくれるといった現実女性とのセックスとまったく一緒の“完全な”本格的セックスはさすがに味わえない。しかし、ガールフレンドならばとてもセックスに近い肉体感を体感できてしまう。

セックスできるオナホール top

腰型の大型オナホールではセックスしたい病を“フル”に解消できない

セックスしたい、セックスしたいと以前もそのセックスしたい病におかされ、これでもないあれでもないと結局は何個も大型オナホールを使用してきた。

使い古した大型オナホール

ちりも積もれば・・・現実はいくら使い古してもフルに解消できない

何度も何度も使った。そして使い古してきた。しかし、いくら試行錯誤して多重に使ってもなぜか解消されないのだ。つきまとうのだ。セックスしたい病がつきまとうのだ。生半可に解消されただけで全然解消されないのである。

セックスしたい欲求を解消できるのは半分ぐらいまで

腰型の大型オナホールでは体感的に50%ぐらいまでしか解消できなかった。腰型の大型オナホールでセックスしたい病を解消しようとしても、やはりフィニッシュしても「女性を抱き締めながら突きたい」といった抱き締めたい欲求が心にずっと粘っこく残るのを感じる。いくら腰型の大型オナホールを使ってもその手の届かない欲求を解消できないのだ。腰型の大型オナホールを抱き締めても虚しいだけであった。

カラダを抱き締められなくて物足りない

腰型の大型オナホールで半分ほどしか解消できないのは、やはりプレイ中にカラダを抱き締められないことが原因である。抱き締める肉体が目の前に無いと非常に物足りないのだ。突いているとやはりどうしても抱き締めたくなってくる。腰だけを持ってずっと突いていても胴体の肉体感を感じないのでとても物足りない。感じるMAXの肉体感はまさにセックスの半分感だ。

空気式のラブドールでもセックスしたい病を“フル”に解消できない

空気式のラブドールでもセックスしたい欲求をフルには満たせなかった。しばらく経って、腰型の大型オナホールでセックスしたい欲求がなかなか解消できなくて空気式のラブドールを使うようになった。空気式ではあるがやはりその空気感にまったくセックスの肉体感を味わえなかった。そのため、すぐに綿を詰めて改造を行った。セックスしたい欲求で頭がいっぱいだったのだ。

使い古した改造済み空気式ラブドール

綿詰め、おっぱい接着、コスプレ衣装・・・改造して現実女性に近づけてもやはりフルに解消できない

綿を詰めただけではない。全身タイツも着せてコスプレ衣装も着せて、市販のおっぱいを接着して、空気式ラブドール特有のコスプレを着せるとウエストがブカブカになるのをベルトで妥協したりなど、可能な限り現実女性に近づけて改造して実際にプレイした。しかし、解消できなかった。その後も改造した空気式ラブドールを使い古したが、やはりセックスしたい欲求はフルに解消できなかった。何かが物足りない。それは生物的な肉感だ。

カラダを抱き締められる。しかし肉感が無い

解消できなかったと言えども、人の形をしているのでセックスしたい欲求はある程度まで解消できた。しかし、やはり生身の肉体感を感じられなかったので“フル”な感覚がしない。「ラーメンが食べたかったがチキンラーメンで済ました」といったような中途半端な満腹感である。生身の女性とセックスしてる感覚ではない。言うなれば、浮き輪や枕、丸めた布団とセックスしている感覚なのだ。生物的な感覚を感じない。

セックスしたい欲求を解消できるのは体感60%ぐらいまで

人の形をしていてそこそこ解消できるものの、生物的な感覚が無いので解消できるのは体感的に60%ぐらいまでである。抱き締めるとビニールの感触。服の上から抱き締めてもその綿を詰めた独特の人工的な硬さに萎える。暗い部屋で挿入にしくじったときにペニスがビニールに当たるのもよく萎えた。生身の現実女性とセックスしている感覚には遠い。やはり物足りない。生身の肉体感が物足りない。ここに生身の肉体感さえあれば、そう常々思っていた。

ガールフレンドならフルに解消できる

その後、数年が経ち、しばらくして胴体型の大型オナホールが発売されるようになった。これまで胴体型の大型オナホールは数個発売され、ミラクルエンジェルボディまおはるかのおねだりボディなどを経験してきたがどこかしら致命的な欠点があった。そしてそんな中でも特にガールフレンドは失敗しなかった。映画を観るといった普段の生活の中で突然襲ってくるセックスしたい病の解消にまさに最適である。

ガールフレンドの肉体

体を抱き締める肉体感、生身の肉体感、そして強烈に気持ち良いアソコ

ガールフレンドには腰型の大型オナホールで物足りなかった「カラダを抱き締める肉体感」が味わえた。さらに空気式のラブドールで物足りなかった「生物的な生身の肉体感」が味わえた。ここまでは同類商品のミラクルエンジェルボディまおなどと変わりはない。ガールフレンドが他と違うのは快適さと気持ち良さである。ガールフレンドは胴体型の大型オナホール中でもプレイが快適で、さらにオマンコ部分はもちろん肉体感も強烈に気持ち良いのだ。そうしてセックスしたい欲求がフルに解消されていくのを体感できた。

ガールフレンドはオナニーではなく、セックスが味わえる

セックスしたい病をフルに解消できるのは腰型ではない。胴体型である。中でも、胴体型の大型オナホールであるこのガールフレンドを使用すればセックスしたい病をスムーズに快適に解消できる。ガールフレンドで味わえるのは「オナニー」ではない。「セックス」だ。セックスを味わえる。「オナホールなのにセックス!?」そう疑ってしまうかもしれない。しかし、セックスが味わえるのだ。お世辞ではない。オナホールでセックスが体感できてしまう。

目の前にしっかり骨格の通ったカラダがある。そして抱き締められる

ガールフレンドでセックスを体感できるのはやはりこの人間を抱き締めている感覚を味わえる点である。肉体がグニャグニャに柔らかいわけではない。胴体の芯に骨格が入っているのだ。これにより、思いっきり抱き締めてもグニャっとならない。グニャっとなるのはオモチャだ。しかし、これはグニャっとならない。人間のように生々しい肉体である。

カラダを抱き締めると生身の肉体感を味わえる

ガールフレンドの肉体は現実女性のようにふんわりした柔らかさになっている。さらに骨格もあるので抱き締めた時の肉体感が人間を抱き締めているようである。ただの人間ではない。女性を抱き締めている感覚である。「女性ってなんであんなに柔らかいんだろうな」の女性独特の感覚である。プレイ中は現実女性を抱き締めているようであり、現実女性の肉体にペニスを挿れている感覚。まさに本格的なセックスしている感覚なのだ。

人間の体重を体感できるので生々しい

プレイ中も人間独特の骨のある激重さがあって生々しい。正常位や後背位では反動で肉体の重みが返ってきて「今まさに現実の女性の体の中にペニスを挿れて突いているんだ・・」の生々しい感覚を味わえる。そして騎乗位では胴体の全体重が自身の股間全体にのしかかってくる。まさに現実女性がのしかかっている感覚である。空気式のラブドールのようにいかにも軽くていかにも人工的な重さに萎えてしまうことが全くない。

セックスしたい欲求を体感90%近くも解消できる

腰型の大型オナホールは50%、空気式のラブドールは60%。そしてこのガールフレンドは体感90%ほどゴッソリとセックスしたい欲求が消え失せていくのを感じる。あれほどセックスしたくてセックスしたくてたまらないと思っていたのに、ガールフレンドを使ったその後から軽く数週間はセックスしたい欲求が消え失せてしまう。

いつでもセックスできる環境が自宅にある

現実女性を抱き締めながら、現実女性とセックスしている感覚をガールフレンドで味わえてしまう。何から何まで肉体的なセックスが味わえる。これぞメインディッシュと言わんばかりだ。セックスしたいのに「オナニー」で我慢して済ます日々は終わりを告げる。これからはいつでもすぐにセックスできる。自宅で一人で思いったらすぐにセックスができてしまう。いつでもセックスできる環境が自宅にあると日々の生活がより明るくなる。

同類商品VS:ガールフレンド vs ミラクルエンジェルボディまお

ガールフレンドとミラクルエンジェルボディまお

似たような商品にミラクルエンジェルボディまおがあるが、ミラクルエンジェルボディまおは脚首部分を切断改造しなければ気持ち良くない。致命的な欠点とはこのことである。

ミラクルエンジェルボディまおは切断改造が必要

ミラクルエンジェルボディまおは到着してすぐに気持ちの良いセックスは味わえない。脚首を切断しないと股間と股間がガッチリと密着しないので濃厚なセックスを味わえないのだ。深く突いても股間と股間に隙間がある感じがして気持ち良くない。股間と股間が蜜に接触し合う濃厚なセックス感を味わえない。

ミラクルエンジェルボディまおの足首の切断改造時の様子

ガールフレンドは改造などが一切不要。最初から快適

ミラクルエンジェルボディまおで気持ち良いセックスを味わうためには(面倒な)改造が必要である。そしてガールフレンドはそういったことが一切不要である。最初から股間と股間がミッチリ密着する感触を味わえる。届いたらすぐに最初から強烈に気持ち良く、そして快適で濃厚なセックスができる。

ガールフレンドの挿入感は別格に気持ち良い

ガールフレンドに挿入している様子

恋人のようにオチンチンを欲してくる

ガールフレンドの挿入感は別格である。「アナタが欲しいのっ!!」と言わんばかりに恋人のようにおねだりして欲してくる元気のいい締まったオマンコを味わえる。ペニスに絡み付いて愛して欲してくるような挿入感なのだ。

冷めた恋人 vs 熱々の恋人

ミラクルエンジェルボディまおはガバマンでただニュルニュルなだけなのでやはり飽きてしまった。ガバガバなので冷めた恋人同士を彷彿とさせる。ガールフレンドはなかなか飽きない。ガールフレンドはいつもホヤホヤ熱々の“アナタが欲しいの恋人感”を味わえる。

ガールフレンドは後背位セックスが強烈に気持ち良い

ガールフレンドは強烈な肉体感の後背位セックスも味わえる。特にそのガールフレンドの巨大なお尻が後背位で自身の股間全体からお腹にミッチリと埋まってくるのがとても気持ち良い。強烈な肉体感で身に染み入るような気持ち良さを味わえる。脳裏に刻み込まれるような強烈な肉体感だ。強烈なので鮮明に思い出してしまう。それほど気持ち良い。

ガールフレンドは実は美しい

ガールフレンドの実物は美しい

実物はとても生々しく美しい

ミラクルエンジェルボディまおと比べて、ガールフレンドの見た目は正直ショボイと思ってしまうかもしれない。しかし、実物を目の前にするととても生々しく美しいのだ。ガールフレンドは“ダッチワイフ”ではない。美術品である。

一種の美術品を所有する感覚

オナホールであるにも関わらず美術的に美しいのだ。マネキンと違って肉体がふんわりしていてさらに硬い骨格も通っている。ただの美術品ではない。「人」を感じられる美術品である。セックスできるオナホール、セックスできる環境を所有している環境であるのと同時に、美しいので一種の美術品を所有している感覚である。


美しく生々しいので瘉される

実際に抱き締めると「あぁ・・・生身の女性を抱き締めているみたい・・・瘉される・・・」そう感じる。抱き締めてその生々しさに感動したのは今でも脳裏に焼き付いている。その美しい肉体を抱き締めながら女性独特の生々しく隆起した背中をさすさす撫でるのもすごく瘉される。生身の女性独特の癒しが全身に染み込んでくるのを感じるのだ。



届いたらすぐに快適で気持ち良いセックスができる

ガールフレンドの梱包

ガールフレンドはセックスしたい病を到着した当日からすぐに解消できる。切断改造といったことは一切ない。それでいて強烈に気持ち良いのでフルに解消できてしまう。見た目が生々しく美しい、そしてそれぞれの体位も肉体感がとても気持ち良い、さらに恋人感覚を味わえる挿入感なので、また再発してしまっても飽きることなく使うことができる。

またセックスしたくなってきてもすぐにセックスできる

ガールフレンドがあればセックスしたい病に襲われてもすぐに解消できる。欲求不満で我慢してムズムズ過ごす日々が無くなる。「セックスしたい!セックスしたい!」と頭の中がいっぱいになってしまい、やらないといけないことに手がつかなくなる日々も無くなる。セックスしたい病にさいなまれないので心がスッキリした日々を過ごせる。日々溜まる心のモヤモヤを自宅で気軽にセックスしてリフレッシュさせることができる。

「セックスさえも味わえない」より、味わえるほうが当然良い

本場のセックスではない。しかし、セックスさえも味わえないよりも、まだセックスそっくりのものを味わえるほうが良い。ガールフレンドはセックスに恐ろしいほどそっくりだ。セックスしたいのにもうオナニーで我慢しなくて良くなる。セックスしたいと思ったらセックスができる。遠回しのオナニーではない。ダイレクトにセックスで解消できる。ただ、オナホールなので突いたときに相手が喘いだり反応したり相手が動いてくれるといったことは当然無い。しかし、オナホールにはオナホールのメリットがある。

セックスまでの面倒をゴッソリ省ける。すぐセックスできる

身だしなみを整えたり、身支度をしたり、数日前から相手をその気にさせる必要があったり、相手を前戯で濡らすといったそういったセックスするまでの本来の面倒が全くない。セックスに至るまでの面倒をゴッソリ省いて思い立ったらすぐに挿入してセックスができて非常に効率的なのだ。これは多大なメリットである。賢者タイムの気遣いも要らない。会話も必要ない。ランチに行っておごったりなどセックスまでにお金も要らない。

それなのに肉体的に強烈に気持ち良い。セックスしたくてウズウズしていても、ガールフレンドで味わえる恐ろしく近いセックスによって、それまで溜まっていたセックスしたい欲もほぼフルに解消できてしまう。セックスしたくて日々長々と悩んでいたのが、素早く効率的に、あっという間に、うそのようにパッと消えてしまう。コストパフォーマンスが非常に高い。セックスしまくっても性病にもかからない。自然に利用頻度も高くなる。

[sc:onahofan-top-auth-section]
※「セックスしたい病」は症状及び病気ではありません。
[sc:girl-friend-bottom-section]