オナホールを飾れるオシャレなインテリアに変える計画
『オナホインテリア化計画』
ラブドール人間化改造計画
『ラブドール人間化改造計画』
VRアダルトに特化した最強の環境にするための計画
『VRアダルト最強環境計画』
風俗マスターになるための計画
『風俗マスター化計画』
新着一覧

AVでもオナホでもラブドールでも風俗でも勃たない

“見つめ合う”VRが最適でおすすめ』

AVでもオナホールでもラブドールでも風俗でも勃たなくなってしまった。SM系などマニアックなAVを見ても勃たなくなってしまった。

そんな時、「エロは卒業なんだ」と思い、「最後にまだ手を付けていなかったVRを体験してスッパリ未練なく卒業しよう」と思い、ヨドバシカメラに行って残っていたポイントを使ってエレコムの格安VRを購入した。そしてFanzaの月額VRチャンネルに登録し、何気なく出てきた明日花キララのVRを再生。

ヨドバシで購入した格安VR
ヨドバシで購入した格安VR

結果、なんと全く勃たない上にさらにAVで見慣れすぎて全く勃たなくなってしまっていた明日花キララなのにもかかわらずまたたく間にガッチガチに勃起してしまったのである。

ただ、アダルトVRはアダルトVRでも「“全頭マスク”をしているVR」は見つめ合う体験にならず勃たなかった。VRなのに従来のAVと同じ「鑑賞感覚」に舞い戻ってしまって勃たなかった。しかし、「見つめ合うVR」は「AV女優と会っている体験」になってみるみるうちに勃っていった。

よって、オナホでもAVでもラブドールでも風俗でも勃たなくなってしまった時は「見つめ合うVR」でやっと勃起できる。

理由1. VRは瞳と瞳が合うので勃つ

「明日花キララとリアルに見つめ合ったことがあります」そうつい口走ってしまうような体験が起こった。VRは対人関係のそれだった。目と目が合う。しかもただ目が合うのではなく瞳と瞳が合う。瞳同士が合う。そうしてお互いに好意を抱いて見つめ合っている体験が起こる。そしてハートをくすぐられるかのようにみるみるうちに勃起していった。

理由2. 鑑賞ではなく会う体験なので勃つ

VRは瞳と瞳が合い、会っている感覚にすり替わる。無意識的にすり替わってしまう。想像で意識的にそうなるのではなく無意識にそうなってしまう。完全に本能的に「今、明日花キララに会って見つめ合っている(これから明日花キララとセックスするんだ)」という感覚や気持ちの揺さぶりや興奮や感動がまさに本当に実際に出会ってそうなっている感覚にすり替わっていった。

しかし、従来のAVの明日花キララとは見つめ合うことはできない。「こっちを見てくる明日花キララの目を見ている」という感覚で止まってしまう。主観AVでもやはり鑑賞している感覚でとどまってしまう。

AVは双方的に見つめ合う感覚ではなく、ただただ、一方的に見ている感覚止まりだった。画面越しに見ているという感覚だった。「感情面にも入り込んできてグッと来る」というものがなかった。余計に「“見つめ合える”風俗に」行きたくなる感覚にさせられた。そしてAVに冷めていき、どんどん勃たなくなっていった。

AVは鑑賞する感覚だった。それに対し、VRは会う感覚だった。AVは斜に構えて冷静になれる感覚だった。それに対し、VRは本能的な感覚だった。VRは対人関係で突発的な行為をされると思考停止してしまうような本能的感覚と同じ感覚が起こった。顔を近づけられると近い近い近いと思って顔を条件反射的によけてしまうことが多々起こった。「おっぱい舐めて♡」とおっぱいを突き出してくると条件反射的に毎回舌が出てしまった。キスのときに舌を出してくると条件反射的にやはり舌を出してしまった。

よって、アダルトVRは「AV鑑賞用のガジェット」ではなく「AV女優とリアルで出会えるガジェット」と言える。従来のAVと次元が物理的に違う。だから勃起できる。

理由3. 人恋しさが満たされるので勃つ

明日花キララと見つめ合っているとみるみるうちに人恋しさが満たされていった。人恋しさを満たすドリンクをゴクゴク飲んでどんどん癒しが腹の中に充填されそしてカラダの隅々まで満たされていく感覚でどんどん癒やされていった。

「VRでAVを見る」という行為ではなく「VRを使ってAV女優に会っている」という感覚なので「それまで人と会わないと満たされなかった」ことなのにVRで代替的に満たされていった。しかもリモートで画面越しに会話する感覚ではなく「目の前に実際に居る」という対人感覚、だからこそ擬似的ではなく現実に人恋しさが満たされていった。

従来のAVは主観モノの明日花キララのAVでもいくらその明日花キララの目の中の瞳を追いかけて見てもまったく人恋しさは満たされなかった。「画面を見ているだけ」そして「想像で補完して見つめ合っているように意識的に思い込むようにしているだけ」それだった。AVは人恋しさは満たされなかった。それに対し、アダルトVRは人恋しさが満たされていった。時代の違いを感じた。もはやこれまで見ていたAVは“従来の”AVであり、VRは新時代のAVという時代を感じた。「画面を見て抜く時代」ではなく、「AV女優と会って抜く」という時代である。

よって、アダルトVRは実際に会う体験なので、人恋しさが現実に満たされていく体験なので、なおかつ腐った人ではなく天使のような内面の存在に会えるので、AVでもオナホでもラブドールでも風俗でも勃たなくなった時はVRでやっと勃つことができる。

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
突いた時におっぱいに手と指が挟まれる体験がしたい