初めての電動オナホールで最高のスタートを切れるおすすめの王道三選 2015

自分で抜くのと誰かにしごいてもらって抜くのとではまた快感が違う。普通のオナホールは「自分で抜く」快感を味わえる。一方、電動オナホールでは「抜いてもらう」快感を味わえる。以下は一般的なオナホールとは違う快感、誰かに抜いてもらう快感、その新鮮な快感も凄まじく気持ち良い、初めてでも最高のスタートを切れる電動オナホールである。

「亀頭をトロトロに舐めて」くれる電動オナホールが欲しい!初めての“超濃厚”亀頭責め電動オナホールおすすめNo.1

亀頭がトロける:繊細でトロトロ濃厚に舐められる挿入感を堪能できる

2015年現在、以下に挙げた他の電動オナホールに無くて、この電動オナホールA10サイクロンSAだけにある魅力がある。それが亀頭を「舐められる」感触だ。ただし、単に舐められる感じではない。「繊細で濃厚でトロトロに」舐められる感触なのだ。

舐められている間、トロけるチョコフォンデュのように亀頭がトロトロにトロけるのを感じる。ここまで亀頭がトロける感じを体感できた電動オナホールは今まで経験したことがない。これほどまでに濃厚トロトロな挿入感を味わえるのは、2015年現在においてはこのA10サイクロンSAしかないと言っても過言ではない。トロトロ優しすぎて射精直後も動かし続けて「お掃除フェラ」も味わえてしまうほどなのだ。

肉厚濃厚に包まれる:肉厚にしっかり包まれながら舐められる

A10サイクロンSAは他の一般的な電動オナホールと違って包まれ感が肉厚である。一般的な電動オナホールは内部のオナホールを肉厚にしてしまうと馬力不足で停止してしまうといった事情があるため、多くの電動オナホールは肉薄になってしまう。

前作より大幅に肉厚になった結果、非常にトロトロした挿入感になっている

そしてこのA10サイクロンSAは馬力が強化された電動オナホールの新作である。肉厚にしても停止することがなくなった。前機であるA10サイクロンの肉薄な状態を経験した上でこのSAの肉厚な状態を体感した結果、これほどまでにトロトロになるのかと思わず驚いて感動してしまったのは今でも記憶に焼き付いている。

肉厚な膣肉で亀頭を濃厚トロトロに舐められたいといった場合は、A10サイクロンSAのように肉厚な電動オナホールが必要である。2015年現在において、A10サイクロンSAほどの肉厚な電動オナホールはまだ見たことがない。

全てにおいて超濃厚まったり一筋:最低速から最大速まで超濃厚な挿入感

最低速から最大速そしてすべての回転パターンにおいて超濃厚まったりの挿入感である。逆にまったり過ぎて、最大速では「え!?これでもう限界!?」と前機よりもパワフル感の低下を感じる。最大速のパワフル感を犠牲にして、その分まったり濃厚レベルを上げているようなイメージだ。

強力にしごかれたい時に使っても気持ち良くない

強力なパワフルしごきを味わいたいといった際にA10サイクロンSAを使っても気持ち良くない。やはりまったりを味わいたいときにこそA10サイクロンSAは気持ち良いと感じる。「まったり感は減少しても構わないのでパワフル感が欲しい」といった場合は、以下の前機であるA10サイクロンが最適となる。

別売りの専用ホールを購入しないと使えない

A10サイクロンSA本体だけを購入しても使用することはできない。A10サイクロンSA専用のホールを別途購入してそれを装着して初めてオナホールとして使用できる。現在SA専用のホールは種々あるが、初めての専用ホールは『マスター』が万能型で失敗しない。

「強力パワフルに亀頭責め」される電動オナホールが欲しい!初めての強力パワフル責め電動オナホールおすすめNo.1

亀頭を強力パワフルにしごかれる:最大速を強力パワフルに引き出せる

馬力は新作A10サイクロンSAよりも劣るが、最大速のパワフル感だけは新作に勝っている。濃厚なまったり感を味わえない代わりに、中程度の濃厚さで強力パワフルな亀頭責めを味わえる。なお、このパワフル感を出すにはコンビニ等に売られいる市販のエネループやEVOLTA等の充電電池が必要。

エネループ等の充電電池を使わないと強力パワフルにならない

強力でパワフルなしごかれ感を味わえると言っても、それは普通の乾電池では引き出せない。エネループやEVOLTAなどの強力な充電電池を使って初めてこの強力なパワフルしごかれ感を引き出せる。

肉薄でパワフル増し:肉薄なのでしごかれ感をよりはっきり味わえる

肉薄なのでしごかれ感がより際立った挿入感になっている。新作のA10サイクロンSAは肉厚なので舐められ感がメインだが、前作であるこのA10サイクロンは肉薄なのでしごかれ感がメインになっている。超濃厚トロトロの感じではなく、ゴシゴシしっかり亀頭をしごかれたい場合はこのA10サイクロンが最適でおすすめである。

あっさりした挿入感:あっさりしたしごき系の挿入感になっている

あっさり気味で強力な亀頭責めを味わえる。まったり好きにとってはそのあっさりした挿入感で物足りない感じがするので、まったりを求めている場合は超濃厚であるA10サイクロンSAが最適となる。まったり感ではなくしごかれ感求めている場合は、このA10サイクロンが最適となる。亀頭責めは亀頭責めでも強力にしごかれる。肉薄であっさりした挿入感がグチュグチュながらもどこかカラリとした強力しごき感を増している。

別売りのR-1スターターセットを購入しないと使えない

A10サイクロンと下に挙げているA10ピストンは本体だけを購入しても使用することはできない。R-1スターターセットに付属しているR-1コントローラーを本体に接続して初めて使用することができる。なお、A10サイクロンSAには必要ない。

「上下にシコシコ」しごいてくれる電動オナホールが欲しい!初めての上下しごき電動オナホールおすすめNo.1

上下にシコシコしごかれる:上下しごきの手コキされ感を味わえる

A10ピストンは、上記の電動オナホールの「回転運動式」と違って「上下運動式」になっている。刺激方向が違う。A10サイクロンとA10サイクロンSAは集中して亀頭責めされる感覚に対して、このA10ピストンはペニスを上下になぞられる感覚を味わえる。

全体的な挿入感はセックスというより手コキ寄りである。A10サイクロンやA10サイクロンSAは亀頭をグリグリされる亀頭責め感で、このA10ピストンは上下に動かしてペニスを上下になぞってくれる手コキされ感を味わえる。

感触は手コキ感:オマンコ挿入感というよりも手コキ感になっている

「ピストン」といった名前から騎乗位の挿入感を味わえると思ってしまう。しかし現実はオマンコに挿入して騎乗位で動いてくれているといった感覚は少し。やはりハンドオナホールのサイズである以上、セックスのように肉体が股間全体に密着するわけではないのでやはりセックスしている感覚は少ない。

手コキでシコシコ上下にしごかれている感覚に近い。また、上下運動も小さいので大きく擦られない。ちょこちょこ細かく上下に擦られている挿入感である。大きな騎乗位グラインドをされるのを想像して買うと期待はずれになる。運動幅が小さい手コキ感となる。

肉薄あっさり:肉薄であっさりした手コキ感際立つ挿入感になっている

A10ピストンの専用ホールは肉薄であり、その挿入感はゾリゾリとあっさりしている。膣肉に濃厚に包まれながら騎乗位される挿入感は少ない。あっさりしていて手で包まれながら上下にしごかれている手コキ感が際立っている。電動オナホールに膣肉のレベルの濃厚さを味わうには、同シリーズにして初めて肉厚な専用ホールになったA10サイクロンSAでなければ味わえない。上下に手コキされたい場合はこのA10ピストンが重宝する。

A10サイクロンとA10サイクロンSAとA10ピストンどれを買うべき?

A10サイクロンシリーズ vs A10ピストン

グリグリ亀頭責めされたい場合はA10サイクロンシリーズ、シコシコ手コキされたい場合はA10ピストンが最適

亀頭に手の平をかぶせてグリグリと亀頭責めされたい場合はA10サイクロンまたはA10サイクロンSAが失敗しない。そして、上下にシコシコ動かす手コキで刺激して欲しい場合はA10ピストンを買うと失敗しない。

A10サイクロンSA vs A10サイクロン

超濃厚な亀頭責めを味わいたい場合はA10サイクロンSA、強力パワフルな亀頭責めを味わいたい場合はA10サイクロンが最適

A10サイクロンもA10サイクロンSAも「亀頭責め」のオナホールとなる。亀頭責めでも「超濃厚」に舐めて欲しい場合はA10サイクロンSAが最適でおすすめ。「あっさりでもいいので“強力でパワフルな”亀頭責めをしてもらいたい」場合はA10サイクロンが最適でおすすめとなる。

なお、A10サイクロンSAは充電式になっている。A10サイクロンやA10ピストンの電池式ではないためエネループなどの充電電池は使えなくなった。つまり前機でできていた最大速のパワフル感の“底上げ”ができない。ちなみに、A10サイクロンSAをコンセントから充電しながら使ってもパワフル感は変わらなかった。A10サイクロンSAは完全にまったりの挿入感である。

さらに詳しく:失敗したくない、ご自身にとって最高の一本を手に入れたい場合に▼