女性に柔らかい舌で亀頭をネットリ濃厚に舐めてもらっているようなまさにフェラの感触を味わえる

A10サイクロSAの超低速モードが非常に気持ち良い。まさに女性に亀頭をネットリ舐められている感触だ。こんなに濃厚に舐められる感触は経験上オナホールでは今までに味わったことがない。この別次元レベルの濃厚さには、A10サイクロンSAの本領発揮具合を思い知らされる。その濃厚レベルも本当に深い。

リッチでとろとろに亀頭を舐め回される感触

その舐められる感触とは、柔らかい舌で亀頭を優しく舐め回してくれるような本当にトロトロした感触になっている。柔らかい舌が亀頭を這うまさにあの感触である。従来機であるA10サイクロンA10ピストンの中ではもちろん、今まで経験してきたオナホールの中では最もトロトロと言っても過言ではない。

A10サイクロンSAと一般的なオナホールとの比較は、ハー○ンダッツと普通のアイスを比較したときの感覚に似ている。ハーゲンダッツはやはり普通のアイスよりも非常に濃厚である。同じようにA10サイクロンSAも本当にリッチな感触だ。

前作ほどのパワフルなしごかれ感は抑えられた一方、“濃厚レベル”が大幅に増した

最大速度はそこそこ出るものの、前作A10サイクロンほどにパワフルな速度は出なくなった。その代わり、超低速時はもちろんどの速度でも感触の濃厚レベルが大幅に増した。パワフル感を少し犠牲にして濃厚さを格段に引き上げている。

こんなに濃厚に舐められるフェラ感触は、前作では決して味わえなかった。いわゆる“リッチ”な感触に生まれ変わっている。

A10サイクロンSAのベースの感触は濃厚フェラ感触

専用ホールによって微妙に感触に違いがあったが、不思議なことにどの専用ホールでもベースの感触は亀頭を舌でネットリ舐められる濃厚フェラ感触になっている。その濃厚フェラのベース感触にそれぞれ特徴的な刺激を加味した感じである。その感触の違いは正直あまり区別できない。

専用ホールである「マスター」「ボルテックス」「インフィニティ」「ダブルフラップ」をすべて試したが、それぞれ独自の感触があるもののどれも濃厚な感触になっていた。例えば付属ホールのマスターは、その濃厚なまったりフェラ感触にゾリゾリしたなぞられ刺激が加味されている。インフィニティでは微小のゾリゾリ感とともにヌルヌルした感触が加味されて濃厚レベルがさらに増している。どの専用ホールでも、基本的にまったり濃厚なトロトロ感がベースになっている。極端に言えば、感触がどれも似ている。

専用ホールを替えてもまったり。まさにまったり専用の電動オナホールだ。

即抜き目的で買うと失敗する。まったり長時間目的で買うと購入は大正解

A10サイクロンSAはフェラのような濃厚でまったりした感触がベース。まったり長時間味わえることに特化しているので、手コキなどのような即抜き志向ではない。即抜き目的で買うと失敗する。

A10サイクロンSAは亀頭をまったり舐められる濃厚なフェラ感触。その濃厚な快感に長時間まったり浸って味わえる、まさにまったり目的専用の電動オナホールである。

即抜きとは違う快感を長時間味わえる”快感の無限ループ”が魅力

一般に「即抜き」は快感が訪れてすぐにその快感は終わってしまうが、A10サイクロンSAなら快感をずっと継続させることができる。イク直前より少し前段階の快感にずっと長時間浸ることができるので、いわゆる“快感の無限ループ”を堪能することができる。