フェラで抜きたい!

フェラオナホールと一般オナホールの違いはやはり女性の口の中にペニスを挿れるという感覚を味わえる点である。口の中の独特な硬さやゾリゾリ刺激的でもない独特の挿入感が絶妙で気持ち良い。口の中にドクドク射精する快感もやはり一般的なオナホールとは違う快感である。オナホールで「口の中やフェラ独特の感じ」を味わいながら抜きたい場合は、フェラに特化したフェラオナホールを使うのが最高だ。

初めてのフェラホール購入で失敗したくない!初めてのフェラオナホールおすすめNo.1

フェラオナホールは人によって好き嫌いが大きく別れるものが多く、“地雷もの”に当たりやすい。そんな中、以下のフェラオナホールは初めてでも失敗しない。

2015年初めてフェラオナホールを買う場合はこのフェラオナホールが非常におすすめである。生々しくも硬い口の内に含まれる独特の硬い感じ、舌の上にペニスが乗る感じ、なぞる感じ、適度なバキューム、程よく垂れるヨダレ感、生々しいフェラ音など、2015年において(2014年も同じく)このフェラチオオナホールの完成度は別格である。

口の中のように適度に硬い

口のなかに突っ込んでいるフェラ感を味わえる。口内の周囲の肉が適度に硬い。人工的に硬すぎるわけでもなく、絶妙な硬さになっている。このフェラチオホールは口の中にペニスを突っ込んだ独特の感じをとてもよく感じられる。

画像

フェラの挿入感(口の中にペニスを挿れた挿入感)にとても近い。フェラホールにも関わらず「結局普通のオナホールと挿入感が変わらない」といったガッカリ感がない。挿入感に明確な違いがある。

分厚い舌になぞられる

画像

ゴロゴロした舌がうごめくのを感じながらペニスを押し込み、その厚い舌が裏筋を舐める。動かすたびに舐められる(相手の意志で舐めてくる生物的な感じはさすがにない)。ペニスが分厚い舌に乗っているのを感じるので生々しい。

画像

ただし、この舐められる感じがガッツリ伝わるわけではない。目をつぶって舌がなぞっているのをイメージして初めてその分厚い舌の感触を繊細に感じることができる。ゾクゾクした気持ち良さで目をつぶりながら快感脳汁が湧き出るのを感じる。

画像

裏返して見ても、その舌の厚さはしっかりあるのが分かる。

画像

舌がここまで分厚いフェラオナホールはあまり存在しない。そしてこのフェラオナホールは造形も生々しくリアルになっている。この分厚い舌がペニスの裏筋をなぞるのを目をつぶりながら想像するだけで本当にウットリする。脳内快感の域である。

「ぐぽぐぽ」とエッチなフェラ音が鳴る

フェラ音もぐぽぐぽ鳴る。目をつぶってそれを聴いているだけでイキそうになってしまう。お風呂で使用しているとそのフェラ音が風呂内で響き渡る。そのえっちなフェラ音に体が包まれて思わずウットリしてしまう。

画像

フェラ音が鳴らないフェラオナホールは萎える。これはしっかりと生々しく鳴る。風呂でこのフェラホールを使っている際、例えば風呂と玄関の戸が近い賃貸の場合「大丈夫かな?このフェラ音、外に漏れてないかなぁ?でもこれくらいの音なら漏れないかな・・・」といった感覚になる。

ペニスを深く咥え込んでいる時の見た目が生々しすぎる

画像

口の中にペニスが深く入り込んでいるその様子がとても生々しい。この出し入れしているのを見ているだけで確実に射精に近づいているのを感じる。案外深いので根本までしっかりくわえ込まれる。イラマチオのようにペニスを根本まで女性の口の中に挿れたときの視覚的快感は凄まじい。それが自宅ですぐに体感できてしまう。

画像

適度なバキューム感で吸われる

バキューム感を味わえるが、そのバキューム感は強烈な感じではない。適度なバキューム感といったところである。

画像

空気抜きしても挿入口が楕円形なため空気が漏れているのを感じる。しかし、漏れ切るといったことも無いため、適度に吸われるバキューム感を味わえる。

適度にローションがヨダレのように漏れる

ローションが適度に漏れてヨダレの感じも体験できる。適度に漏れるので、下に向けるとドバドバ漏れてすぐにローションが乾いてくるメンドクサイ感じもない。

画像

漏れすぎるフェラホールは最初は生々しくてエロティックだが、後始末が面倒臭すぎるのでその後の使用が億劫になってくる。椅子に座って使っている際も、このフェラホールは股間の下に水たまりができるほど漏れることはない。股間の上にベットリ漏れる程度である。視覚的なエロさも維持しつつ適度に漏れる程度なので億劫にならない。億劫になって収納場所にずっとしまい込むこともない。ずっと現役として使い続けることになる。

口の中に射精している感覚を味わえる

一般的なオナホールはオマンコ内に射精している感じだが、このフェラホールに射精しているときの感覚は口の中にドクドク出している感じである。

画像

フェラホールの中には一般的なハンドオナホールとほぼ一緒のものが多いが、このフェラホールははっきりと違う挿入感を味わえる。フェラホールとハンドオナホールの挿入感が同じではないことを思い知らされる。

シリコン臭がとても少ない

シリコン臭が漂ってきたりしない。直接嗅いでもキツイにおいはしない。息を止めて使用することもない。息を止めながらキスの練習をすることもない。直接嗅いでそういったシリコン臭がして気分が悪くなるといったことがない。

ベトベト感がとても少ない

最初はベタベタ感が全然ない。数ヶ月ほど使っているとベタベタ感は出てくる。しかし、元々からベタベタ感が非常に少ない素材なのでその数ヶ月後のベタベタもギトギトしていない。洗浄後から1時間はベタベタが無くサッパリしているほど。快適である。

キスの練習をしてもその油の感じが口に付くこともない。ベトベト過ぎて食器用洗剤を使わないと手に付いた油が落ちないオナホールがあるが、このフェラホールはそういったことが一切ない。長時間使って手に油が付いてる感じになっても、普通の石鹸で普段の手をあらう要領でサッパリ取れてしまう。

「歯が邪魔・・・」という場合は簡単に切り取れる

画像

「この歯さえ無ければ・・・」

このフェラホールには歯がついている。これにより、フェラに慣れていない素人女性によるフェラ特有の歯が当たる感じを味わえる。しかし、その当たる感じが痛いという場合も当然ある。

歯が当たるのが痛い場合は切り取る

歯が当たって痛いので「これさえ無ければ・・・歯以外は最高なのに・・・買ったの失敗したな・・・」と思ってしまうこともある。しかし、歯の部分が当たって痛くて無理な場合はもぎ取って使う。もぎ取っても歯以外のフェラ感が消えることもなければ耐久性が落ちることも全くなかった。

画像

綺麗にハサミでサッともぎ取ることができる。歯の部分は本体に完全に癒着されているわけではないので簡単に切り取れる。改造といった大掛かりなことではなく、ハサミがあれば誰でも数十秒で切り取れる。

画像

歯の部分を切り取っても、根本の部分にその硬いものが残るといったこともない。根本部分が白くなってはいるが、ここは色がただ白くなっているだけで周囲のシリコンとまったく同じ柔らかさである。そのため、歯を切り取っても微妙に歯の感じがあるといったことは一切ない。これによって歯がまったく当たらない熟練されたプロのフェラを味わえる。