失敗1.低価格につられて肉薄のを買った結果、安っぽい感触で不満になる

付属の専用ホールが肉薄な電動オナホールを買うとあっさりしたしごかれ感、そして馬力が弱いので低速でよく動作が止まって残念な気分になる。

それに対し、付属の専用ホールが肉厚な電動オナホールを買えば、濃厚なしごかれ感でさらに馬力も強いので超低速でも動作が止まったりしない。快活なので残念感を感じず、貴重な時間内に最大の快感に満ちたオナニーができる。ウットリして本当に幸せなひとときを過ごせる。

濃厚で気持ち良い感触を求めてそこそこの値段がするから大丈夫だろうと期待を込めていざ買ってみると、現実は安っぽい感触で見事に裏切られる。

失敗2.買ってみたら金返せと言いたくなる商品だった

食品でも電化製品でも、世の中で販売されているあらゆる商品の商品説明には一般的に欠点やデメリットは記載されない。電動オナホールの購入でも同じく、現実の使用感や挿入感は実際に買わないと分からないことがほとんどである。しかし今回は、その電動オナホールの購入前に際してその語られない欠点や悪い点、ゴニョゴニョお茶を濁している事情を商品画像だけである程度判断できてしまう方法を紹介する。

失敗3.自分にとって最高のものを得るまでに数々の購入失敗で高額のお金を無駄にする

以下の方法なら、電動オナホールを初めて買う際に本当に自分にとって買いかどうか分かるようになる。そして何よりもお金を無駄にせずに済む。特に電動オナホールは、“パケ買い”すると自分には合わずによく失敗しがちである。

初めての購入で自分にとって最高の電動オナホールを手に入れよう!

判断ポイント:「付属」の専用ホールが肉薄か肉厚か

A10サイクロンは肉薄、A10ピストンも肉薄、A10サイクロンSAは肉厚

肉薄なら淡白感触&残念低速、肉厚なら濃厚感触&快活低速

決め手は、商品画像に載っている付属の専用ホールの肉壁が肉薄か肉厚かどうかである。別売の専用ホールではなく付属の専用ホールの肉壁の厚さを見ることが重要なポイント。肉薄なら低速でよく動作が止まり、感触は淡白。肉厚なら低速でも快活に動き、感触は濃厚。

肉薄なのは馬力が弱い証拠。低速時は馬力不足で快活に味わえない

別売りの専用ホールではなく商品画像に一緒に写っている付属の専用ホールが肉薄の場合は、実は馬力が弱いという事情がある。つまり、低速の際に馬力不足で時々動作が途中で止まったり、特に太いペニスの場合だと低速では頻繁に停止してしまい中速時でも時々途中で止まってしまう。

専用ホールが肉薄の場合はほぼ決まって馬力が弱い

標準的な太さのペニスの場合は中速以上から快活に動作し、太いペニスの場合は高速から快活に動作する。低速で動かして濃厚なまったり感にジワジワ長時間浸りたいといったことはできない。低速には全く興味がない場合なら、肉薄タイプでも最適である。

肉厚なら馬力が強い証拠。低速も快活に味わえる。太いペニスでも低速を止まらず味わえる

付属の専用ホールが肉厚ならば、その電動オナホールは馬力が強い。肉薄にしないと動作が止まってしまう馬力が弱い電動オナホールと違って、肉厚にしても馬力が強いので低速時でも止まらず動く。特にA10サイクロンSAは超低速時でもたとえ太いペニスでも止まらず繊細にジリジリ動く。

専用ホールが肉厚の場合はほぼ決まって馬力が強い

そのA10サイクロンSAの超低速時は、亀頭で肉壁の細かい感触を感じ取れるほど繊細。その別格の繊細さに、使用中に思わず「買ってよかった」と脳内を駆け巡ったのを覚えている。一般的なオナホールとは繊細さの次元が違う。

肉薄だとどこかサバサバしたあっさりした淡白な感触になる。濃厚トロトロ感がない

肉薄のホールのしごかれ感は淡白な感触になる。一般的なオナホールの標準的な濃厚さは無く、あっさりしたようななんだか乾いたようなしごかれ感しか味わえない。濃厚リッチなひとときを過ごしたいといった目的で買うと肩透かしを食らう。

肉厚なら濃厚ななぞられ感を味わえる。濃厚トロトロまったり感

肉厚な専用ホールはペニスと分厚く密着するので、肉薄ホールの淡白なしごかれ感と違って重厚かつ濃厚リッチなしごかれ感を味わえる。A10サイクロンSAでは脳がトロけそうなほどの重厚&濃厚リッチなトロトロ舐められ感を堪能できる。中速以上に上げれば、そのトロトロ舐められ感に優しく繊細なゾリゾリしたしごかれ感が感触に加わっていく。

A10サイクロSAなら最低速〜低速で濃厚トロトロに舐められる感触を味わえる。

正直に言うと、このA10サイクロンSAの濃厚さを一度味わってしまうと、前作の肉薄だったA10サイクロンやA10ピストンのアッサリした淡白な感触がとても安っぽくチープな感触に思えてしまう。今後は、あえてあっさり系のしごかれ感を味わいたいときにこそ肉薄タイプであるA10サイクロンやA10ピストンが重宝する。

肉薄だと使用中に挿入口からどんどんローションが漏れてくる

付属の専用ホールの写真が肉薄ならば、その電動オナホールはローション漏れが激しい電動オナホールである。ホールの肉壁が薄いタイプは決まってローションが挿入口からよく漏れてくる。スイッチを入れればどんどん股間に漏れ出して非常に面倒。どんなローションを使おうが股間がベトベトになることは防げない。肉薄ホールの宿命である。

肉薄の場合はほぼ決まってローション漏れが激しい

※売られているローションの中でも、洗い不要ローションを使えばこのベトベトに漏れたローションをサッと拭き取るようにはできる。股間に漏れるのさえ嫌な場合は、おなエプロンを使えばベトベトにならずに済む。

A10サイクロンSAとおなエプロン

肉厚なら使用中に挿入口からローションが全然漏れてこない。中で上手く留まってくれる

基本的に密着度が高いと挿入口からのローション漏れが少ない。強い密着度までいってしまうと逆にローション漏れが激しくなってしまうが、A10サイクロンSAの専用ホールは中レベルの密着度でローション漏れが非常に少ない。挿入口の構造も含め、ローションが非常に漏れにくい工夫が万全に施されている。本当に不思議なぐらい漏れてこない。

肉厚の場合はほぼ決まってローション漏れが少ない

A10サイクロンSAでは、挿入口を下にしてさらに回転させていかにも漏れ出しそうな状態なのになぜか全然漏れてこない。2時間を越える長時間使用でも少ししか漏れない。後始末も素早く済んで非常に快適である。今では前作A10サイクロンやA10ピストン使用時の、あの股間がベトベトになる「後始末のひと仕事感」「汗が噴き出る後始末」が強烈なデメリットに思えてしまう。

A10サイクロンとA10サイクロンSAはどっちが買い?

淡白であっさりした感触を味わいたい場合はA10サイクロン、重厚でトロトロした濃厚リッチな感触を味わいたい場合にはA10サイクロンSAが最適である。

ソーダアイスを取るか高級アイスのハーゲン◯ッツを取るか、普通車を買うか別格な高級車を買うか。スーパーの寿司で済ますか回らない高級寿司店の寿司を選ぶか、インスタントラーメンで済ますかラーメン店で食べるか。

感触が濃厚で高級なものをお求めなら、A10サイクロンSAが失敗しない。露骨に言ってしまうと、SAを堪能して以来、快感の次元に差があり過ぎてあれからもう前作のA10サイクロンA10ピストンを使う気にはなれなくなってしまった。

もはやA10サイクロンSAは、濃厚かつ繊細な高次元のまったり分野において最強と言っても過言ではない。

[sc:onahofan-top-auth-section]
[sc:a10cyclonesa-bottom-space]