さて、ラブドールを売却するにあたって有力なラブドール買取業者は2カ所しか存在しないと言って過言ではない。「夢咲黒」と「僕のラブドール」だ。

以前、比較的綺麗な『北大路かのん』を「僕のラブドール」に売却申請した結果、買取不可能で無料引き取りというかたちになった。ちなみに、送料は着払いで負担なしだ。

今回、もしかしたら「夢咲黒」では買取してもらえるのではと思い、なんたって以前夢咲黒にぷにあなミラクルDXが売られていたのできっと最悪3000円ぐらいで着払いで買い取ってくれるかもしれないと思い、夢咲黒に買取申請した結果、買取不可でそして引き取り不可で処分代行という流れに。処分代行費用は1万円で送料は着払いではなくこちらの負担とのこと。

という感じで、オナホ業界のラブドールは将来的に売却する予定でより綺麗に使おうとしても【どの買取業者も買取してもらえない現実】があるので最後は自分でハサミでカットして捨てる予定でガンガン使うのがおすすめ!

オナホ業界のラブドールは売却できない

Amazonで約3万円出して買える北大路かのんがもし比較的綺麗で中古で10000円で売られていたらそっちを買っちゃいそうだ。それほど北大路かのんには魅力がガンガンある。着払いで3000円ぐらいで買い取ってくれるかもと思ってしまう。

しかし、現実はつらかった。実際に買取申請した結果、オナホ業界のラブドールである時点で売れないことが判明したのである。

オナホ業界が売っているリアルドールではなく実質的に大型オナホールに分類されるトルソー系のラブドール、そのラブドールをいくら3万円以上出して買ったとしても売却できなかった。

当時発売されてすぐ新品で買ったので3万円以上出して買ったのに・・・無念。

通常は有料処分、よくて無料処分

ガールフレンド第3章』など北大路かのんレベルのラブドールはいくら綺麗でも売却できない。買取不可。値段が付かない。そして有料処分もしくは無料処分だ。

今回、同じ北大路かのんを2社に買取申請した結果、どちらも買取不可。「夢咲黒」は有料処分で1万円を指定口座に振り込んで送料は自己負担で発送して処分取引が完了する。「僕のラブドール」は無料処分で着払いで処分取引が完了する。

という結果になった。北大路かのんなどのオナホ業界発のラブドールの買取の実際は「通常は有料処分、よくて無料処分」だ。

現実的に自力でハサミで処分するのが楽

上記の通り、北大路かのんがいくら美品でも買取不可なので将来的に売却を考慮してデカい外箱と段ボールを取っておくメリットも無い。

そして処分してもらうのは現実的にメリットがない。北大路かのんの大きさはハサミでものの5分で切断して自力で処分できるので処分代行を選択して発送する手間と労力はわりに合わない。

以前、ぷにあなミラクルDXをハサミで2分割して自力で処分したのと同じように、サクッと半分にハサミと段ボールナイフでカットして、そして燃えるゴミなどの有料ゴミ袋に2つの袋に分けて外のゴミステーションに出すのが一番現実的で楽である。

今回、売却申請する前にきっと買い取ってもらえるだろうと思って洗浄して乾かして一段と綺麗にして外箱も引っ張り出してきて写真撮って問い合わせフォームに時間かけて打ち込んで申請した時間が水の泡になってしまった。

まとめると、ガールフレンド第3章ぷにあなミラクルDX北大路かのんなどのオナホ業界のラブドールは綺麗な状態でも買取不可能なので購入したら外箱などはもう全部捨ててしまって処分するときはどこにも問い合わせることなくハンドオナホのノリでサクッとハサミでカットして有料ゴミ袋に入れて出す方向性が一番不安なく最初から最後まで楽しめるぞ!

■リンク
・『ガールフレンド第3章
・『北大路かのん
ぷにあなミラクルDX