比較的綺麗な大型オナホールでさえも買取サイトでは「引き取り」という流れになってしまう。値段がつかないのだ。

引き取ってくれるだけでも・・・・と思いきや、意外にぷにあなミラクルDXなどのハーフサイズのラブドールはサクッと自力で処分できる

そう、わざわざ箱に詰めて発送する必要はないのだ。

というわけで、今回、ぷにあなミラクルDXを自力で処分してみた!方法は実にシンプル。ハサミで真っ二つに骨格のところまで切断する。骨格からダンボールカッターでギコギコカットする。そして見えない袋に入れる。そして2袋に分けて出す!これだけだ!

厳密に言うとオナホの素材でできているものは燃えないゴミ扱いだけれども、ぷにあなミラクルDXは燃やせる。有毒ガスが出るかもしれないけれども燃やせる。なので、理想は燃えないゴミではあるが明日引っ越ししなければならないという仕方ない状況ならば燃やせるゴミとして出してしまえばいいだろう!

「5分」で処分終了するぞ!


ぷにあなミラクルDXの処分

ハサミで真っ二つに切り始める

ぷにあなミラクルDXの処分

切り刻む必要はない。真っ二つでいい。オナホールの素材はカッターよりもハサミのほうが圧倒的に早く、そして軽い力で切れる。ハサミ一択だ。

ぷにあなミラクルDXの半分当たりの部分にハサミをジョキジョキ入れてカットしていく。

ガンガンカットしていく。すいすい切れていく。しかし、内部の骨格に当たる。硬いシリコーンの骨格に当たる。さすがにその硬めの素材はハサミでは切れないので、ここでダンボールナイフで仕上げの真っ二つにしていく。

ダンボールナイフで真っ二つに仕上げる

ぷにあなミラクルDXの処分

ダンボールナイフでガンガン骨格をカットしていく。

あっという間にカットされていく。すいすいカットされていく。

ぷにあなミラクルDXの処分

ぷにあなミラクルDXの利点は金属骨格ではないという点が皮肉にもメリットに感じてしまう。金属骨格ではないメリットはずばり自力で処分できるということだ。

真っ二つに切ったら後は2袋に分けてゴミに出すだけだ。

見えない小袋に入れる

ぷにあなミラクルDXの処分

一応、誤解されるとアレなので見えない袋に入れて有料ゴミ袋に入れていく。見えない袋がない場合は要らないシャツでくるんだり、要らないタオルでくるんだり、いくらでも代用できる。

2袋に分けて有料ゴミ袋に入れて出す

ぷにあなミラクルDXの処分

2袋に分ける理由はまるごと入れてしまうと重すぎて燃やせない金属の不用品が入っていると誤解されて回収されない場合がある。

なので2袋に分けて出す。

所要時間は「5分」

意外に圧倒的に早く終わってしまう。

というわけでまとめだ。「『ガールフレンド第3章』や『ぷにあなミラクルDX』を買ったら処分大変そう・・・」と思ってしまってもまったく心配は要らない。実際は処分は大変ではなく5分でサクッと終わってしまうのだ!

■リンク
ぷにあなミラクルDX
ガールフレンド第3章