学生時代の試験中にアガッてしまって不覚にも射精してしまったことがあるあなたへ。

夢精に似たあの感覚、 試験後に速攻でトイレに走ってパンツを拭いて「最悪……」と思いながらも不覚にも「射精する最中は結構気持ち良かった」ということはいつまでも鮮明に記憶に残っていることだろう。

しかし、大人になるにつれてもう二度と夢精を体験できなくなってしまう。緊張して射精してしまうことはもちろん、夢精というのさえも体験できなくなってしまう。

しかししかし、 不覚にもあの夢精の感じを今回、意図的に体験できてしまった。その方法をご紹介しよう。

方法はシンプル。 「パンツの上からシコッてそのまま射精する」 である。

まずは昇天間近までシコる

さすがにパンツの上からペニスをつかんでシコシコしてもなかなかイケないだろう。とりあえず射精寸前まで普通のオナニーで高みに持っていく。

パンツに戻してパンツの上からシコる

昇天間近になったらパンツに戻して改めてシコる。パンツの上からその射精寸前のペニスをつかんでシコシコ動かして射精へ。

あの夢精の感じ、最高

射精した瞬間、あの「間に合わなくてパンツの中に出してしまった感触」そして「昇天後も続く快楽の感触」それを味わえてしまう。

もし夢精をもう一度体験したくなったら上記で意図的にできるぞ!