ラブドールの末路

「ラブドールをバラバラにして非常に後悔した。」というのを処分した後に感じることがあるがそれは「誤ち」だ。

というのも先日、サノスを倒した後の世界を描く『エターナルズ』というMARVELの新作を観た時だ。そのときに出てくる女神的なヒロインが‥‥

ラブドールの末路

「やたらオッパイがデカい」

「オッパイ揉みたい」

そして不覚にも‥‥

「セックスしたい」

と思ってしまうのだが‥‥。しかし

「取りあえず手コキで済まして」

改めて悟った。

「ラブドールバラバラにして良かった」

と。

ラブドールを6年以上経験してそして意を決してラブドールを11体処分した身として(リアルドール7体とトルソードール4体を処分した)身としてやはり改めて言いたい。

ラブドールの末路

「ラブドールは買うな、手コキで済ませ。我慢できなくなったらA10サイクロンSAを買え。それでも我慢できなくなったらラブドールの商品ページを歯食いしばりながらそっ閉じしてソープランドに行け!」と!

ラブドールの先人として言いたい。 ラブドールはハーレムに見えて実際は最悪な末路への悪魔の入口だということを!

①ラブドールを買うと自分の中からガソリンが無くなる

ラブドールの末路

映画を観ているときに意外に巨乳が出てきてだんだんセックスしたくなってくる。あるあるだろう。

そのときにふと感じる。「もし隣に巨乳のセックスドール(ラブドール)があったらこのムラムラの欲求のまま映画観た直後にすぐセックスしてダイレクトに満たせるのになぁ」と。

「映画鑑賞中にセックスしたくなったら一時停止して速攻でセックス。そしてスッキリして映画視聴を再開する」という贅沢な日常を過ごせるのになぁと。

その“ハーレム”をラブドール買って実現させた結果、常にガス欠みたいな状態になってしまった。

ラブドールはラブドールでも半身ではなく全身タイプ、そしてハーフサイズではなく現実女性と同じ160cm以上の等身大タイプ。そして6年間以上それを経験した。

その結果、セックスしている最中は幸せでもセックス後の瞬間から何に対しても気力が無くなってしまったのである。

セックスしているときはとっても活力が出るのに、セックスしていないとき(つまり日常生活)は活力が大幅になくなってしまったのである。

ラブドールの末路

とにかく人間から性欲をゴッソリ抜いてしまうと、まるで魚から骨を根こそぎ引き抜いた「抜け殻人間」になってしまうことが自身の体を通して発覚した。

これって…

「俗に言うセックス中ド○では?」

そう、ずばりなんと、ラブドールという人工物なのに「セックス中○」になってしまったのだ。

そうして悟った。

「映画観てムラムラしたら取りあえず手コキで抜いて、ヘブンネットで予約すべき風俗嬢を決めて、それまで日々頑張るというほうが日常生活も欲求不満がエネルギーに転換されて勢力的に過ごせる」

と。

②ラブドールが部屋にあるとソープ行ったときに勃たなくなる

ラブドールの末路

ラブドールで数え切れないほどセックスを行うといざソープランドに行ったときに全然勃たなくなってしまう。

一回戦目はもちろん勃起する。 しかしニ回戦目から全く勃たなくなってしまう。

原因はラブドールだ。 ラブドールでセックスを経験しすぎて全然トキメかなくなってしまうのである。

風俗嬢が一生懸命勃たせようと努力しても無駄。

「何も感じない」

不健全だ。

普通、人はセックスで2回戦できる。

ラブドールで童貞を卒業するときでさえ無意識に3回戦できてしまえる。

しかしその感動がない。

言うまでもない。帰ったら息をするようにセックスしまくれる環境をラブドールによって手に入れたからである。

③ラブドールが部屋にあると女性に何も感じなくなる

ラブドールの末路

「帰ったらいつでも自分の都合でセックスできる」という保険も相まってか、女性に対して特別な感じがしなくなってしまう。

ただただ4万円を払って失敗したくないからと高級系ソープランド店を選んでお金を無駄に溶かしてしまったことの罪悪感が相まってさらに萎えて賢者になっていく。

「なんで4万円も払ってこんな普通の女の人と会話してるんだろう。すごい無駄な時間」

そう感じてしまう。

「4万円でヨドバシ行ってなにか大物買ったほうがマシだった」

「風俗利用するより格安のラブドールを4万円で買ったほうがマシだった」

そう感じてしまう。

風俗嬢にとっての敵は言うまでもなくラブドールであろう。

まず第一に、

「ラブドールの方が肉体が圧倒的に美しい。」

④ラブドールの肉体が黄金比すぎて風俗で勃たなくなる

ラブドールの末路

2回戦目からは会話などはすべて焼け石の水。2回戦目からはただただその女性の肉体美で勃起するかどうかが決まる。

女性とのセックスで2回戦目が勃たない原因は「その女性の身体がだらしないから」でしかない。

一方、ラブドールの身体にはだらしない箇所は一つもない。黄金比だ。二の腕もタプっていない。二段腹もない。

クビレもある。腹筋もある。爆乳。爆乳なのに美乳。ただただ見ているだけで勝手に勃起していく。

「やはりラブドールが最もコスパが良くて最強」

と言いたいところだが、

ラブドールを11体経験した結果、最終的にすべて処分した末路が頭をかすめる。

歯を食いしばりながらラブドールを処分した理由、それは「絶世の肉体美でありなおかつ絶世の美女と息をするようにセックスするとセックスが最高過ぎて性欲を100%解消できてしまって普段の日常生活を活気的に過ごすために使われるはずの性欲さえも解消してしまってザ抜け殻人間の腑抜けた状態で過ごすようになってしまうから」だ。

一言で言うと、 「不健全」だ。

逆に言うと、

AV男優を始める機会でもあるのだが‥。

なかなかAV男優になるのもダルいということで現実的には「処分」することになる。

⑤結局、手コキが健全

ラブドールの末路

この方法で童貞の頃のあの気力をナチュラルに取り戻せる。

とにかくラブドールを処分することであえて欲求不満にすること。そしてムラムラしたら手コキで済ましてあえてさらに欲求不満にすること。

とにかく日常生活を勢力的に過ごすために必要な性欲まで解消してはならない。

これこそが健全なアダルトグッズだ。

大昔、ナポレオン・ヒル博士はこう言った。

ナポレオン・ヒル博士

「性的表現をしたいという欲望は、生まれながらの自然発生的なものであって、無理にそれを減退させたり排除すべきものではなく、むしろその欲望を頑健な体、健全な心、精神的な人間をつくるために転用すべきなのだ」

つまり、「手コキ」が一番健全なのだ。

しかし、今は21世紀だ。そしてこのブログはオナホを推奨するブログ。「手コキで済ませ」という1つの正解だけでは終終われない。

「今回のラブドールのように不健全な領域にまで行ってしまわずに健全な範囲ギリギリのアダルトグッズは無いのだろうか?」その答えは1つだ。

⑥道具ならA10サイクロンSAが健全

ラブドールの末路

「ラブドールといった極端なアダルトグッズに手を出すと不健全だ」ということを今回、上記の通り長年の自身の調査で発覚した。

健全なアダルトグッズの条件は以下だ。

  • 性欲を根こそぎ解消しない事(抜け殻人間になるため。)
  • 人間の形をしていない事(エロすぎる身体に慣れると普通の肉体美では2回戦できなくなるため。)
  • 手コキより気持ち良い事(手コキより気持ち良くないとわざわざオナホ買う意味がないため。)
  • それを持っていても彼女を作る未来を潰さない事(ラブドールは彼女を作る未来を潰すため。)
  • 21世紀の先端技術が多様されている事(21世紀に生きている意味がないため。)

上記を満たすその答え、つまりおすすめのオナホは『A10サイクロンSA』だ。

⑦手コキやA10サイクロンSAで我慢してソープランドに行くのが健全

ラブドールの末路

ラブドールを日常にするとヘブンネットで風俗嬢の写メ日記を見ても全く反応しなくなってしまう。

しかし、葛藤しながらも意を決してラブドールを処分し、

「あのとき処分しなければ良かった」と後悔しながら仕方なく手コキやA10サイクロンSAで解消し、

欲求不満であり続けながらも性欲処理しているときにふと、シティヘブンネットで風俗嬢の日記を見たときに初めて「ラブドールを処分して良かった」と感動する。

なんと、小綺麗で乳首も出していない風俗嬢日記で不覚にも勃起できるようになるのだ。そして「セックスしたい」と感じるのである。

感動する。

「童貞の頃の性欲をついに取り戻し始めた」

と。

「やっと気力ある日常生活を取り戻し始めた」

と。

そして世に言いたくなる。

「セックスしたくなったらとりあえず手コキで抜け。」

「そしてそのラブドールの商品ページを閉じろ。」

「そして“A10サイクロンSA”を買え。」

「それが正解だ!!!」

と!!!!

ラブドールが欲しくなったらA10サイクロンSAを買うと失敗しない

「ラブドールは買うな。『A10サイクロンSA』を買ってソープに行け!」性家電VSラブドール通信【第3回】