Q.「洗うのは楽?」

A.[困難。]

フェラホール『すごふぇら』の口内をえぐるように露出させた様子【歯フレームとそれを支える肉弁・舌の裏側歯肉との隙間の様子】

すごふぇらは歯のフレームとそれを固定している弁との隙間が入り組んでおり、さらに舌の裏も人間の口の中と同じように歯のフレームの内側にあるため「まだ洗えていない箇所があるのではないか」といった残留不安感がある。(※歯をもぎ取ると楽になる。)

Q.「ベロの感触はある?」

A.[ある。]

すごふぇらに挿入した状態で分厚い舌が裏筋を包みながら上部の口内と頬と歯のフレームでそのペニスが溢れるローションと共に包まれている様子

ベロの感触は感じられる。しかし、ビジュアルの割には顕著には感じられなかった。妄想で補完しないと感触がない。

Q.「裏筋を舐め“られる”感触はある?」

A.[無い。]

勃起時に膨らんだ裏筋をすごふぇらの分厚くて柔らかい舌がその隆起した裏筋を飲み込むように肉棒と共に包み込んでいるシーン【この状態を行っても「相手側から舐めてきている」といった感覚は感じられなかった。「こちら側から分厚い舌に押し付けている」といった一方的な感覚であった。】

舐められる感触はない。視覚的には舐められている感覚がある。しかし、目をつむると舐められている感覚は感じられなかった。すごふぇらは「一方的に分厚い舌に押し付けて舐めさせている感触」であった。

Q.「口内ひだの感触はある?」

A.[ある。]

すごふぇらの口内を大きく開けて口内ひだが外部からも見えるようにまで開けて顎フレームで開閉維持した様子【口内ひだを感じられないフェラホールが多い中、すごふぇらはこの口内ひだに肉棒や亀頭が常時こすられ続けて感覚のベースであった。その感触はザラザラ感であった。】

すごふぇら口の中はザラザラした硬い感触がある。動かすたびにザラザラする。「ハンドオナホールの挿入感」ではなかった。「ハンドオナホールなのにフェラホールと名付けられたオナホール」ではなかった。通常のハンドオナホールから完全に独立した「フェラホールフェラドールの挿入感」であった。

Q.「ベロと口内ひだのダブル快感はある?」

A.[ある。]

上頬をえぐってすごふぇらの「上部のU字歯フレーム」と「分厚い口内上部ひだ」と「分厚い舌」をのぞかせている様子【ベロだけ感じる、口内ひだだけ感じる、歯だけ感じる、といった感触ではなくダブルはおろかトリプル感覚のハーモニーの挿入感を感じられた】

口内ひだの「ザラザラした感触」が感覚ベースに絶え間なく続く中「分厚い舌に乗せている感触」と「分厚い舌に亀頭を押し付けてブリュッとなる感触」がある。

Q.「音は鳴る?どんな音がする?」

A.[鳴る・音「ぐぽっぐじゅっ」]

フェラオナホールのすごふぇらに挿入した際の正面からの光景

音は「ぐぽっぐぽっぐぽっぐじゅっぐじゅっぐじゅっ」といった音を鳴らすことができた。時々「じゅっぽじゅっぽ」と鳴ることもあった。メインは「ぐぽっぐぽっぐぽっぐじゅっぐじゅっぐじゅっ」であった。

Q.「閉じたらバキュームはある?」

A.[ある(適度に繊細なレベルで有る。)]

すごふぇらを「中程度まで」閉じた際の横からの様子【歯が接触してくる感覚を顕著に感じられた開閉具合】

繊細なレベルまでのバキュームがある。適度に「繊細に」吸われ続ける状態が続く。適度なレベルにとどまり強いバキューム感は空気抜きをしても出せなかった。フリップゼロのように強くガッツリと吸われている感覚はない。

Q.「大きく開いた状態でもバキュームはある?」

A.[適度に繊細なレベルである。]

すごふぇらを「大きく」開いた際の横からの様子【歯が接触してくる感覚が当たっているのか当たっていないのかかすかに当たっている程度に感じられた際の開閉具合】

閉じても開いても繊細なレベルのバキューム感が続いた。しかし、空気抜きをしても「強く」吸われ続けるといったことはなかった。

Q.「ごっくん感覚はある?」

A.[無い。]

すごふぇらに奥まで挿入した状態で射精した際の様子イメージ

ハンドオナホールに射精する感覚に変わりなかった。しかし、妄想で補完することでごっくん感はその妄想に共鳴するような感覚がありごっくん感を少し感じられた。しかし、妄想を排除した状態においては他のハンドオナホールに射精する感触と変わらなかった。物理的な感触は明確な違いは存在しなかった。

Q.「喉の感触は?ギュギュッと締め付けてくる感触はある?」

A.[ある。]

喉の弁箇所に亀頭をくぐらせてカリ首にその弁をピンポイントにフィットさせた挿入進度時の様子

狭いを弁を亀頭でドゥリュッドゥリュッと通化する感触になっている。パッケージに記載されいてる「ギュギュッと締め付けてくる感触」の一部における「相手側から締めてくるといった感覚」は無い。しかし「ギュギュッと締まった弁を強制的に亀頭でかいくぐっていく」といった感触が顕著に感じられた。

Q.「指の感触は伝わる?」

A.[くびれ箇所で伝わる。口関節周りで伝わらない。]

くびれ箇所を持つと指の感触がハッキリと伝わってしまった。しかし、すごふぇらの口関節周りを持っているとまったく伝わることが無かった。すごふぇらにはピローハガー等は必須レベルえはない。

Q.「AVなしで毎日抜ける?」

A.[二回目以降は目的によって変わる。]

すごふぇらがペニスを美味しそうに欲してくるようにペニスを咥えてアヒル口から前歯をのぞかせているシーン【すごふぇらは視覚的快感が非常に大きくその視覚的快感だけで一回目はAV無しで射精に至ることができる。しかし、そのビジュアルの「相手側から欲するようにフェラしてくる」といった感覚が視覚的だけであって実際に挿入感ではそれが感じられない。すごふぇらで体験できるのは一方的なフェラ感であった。】

初回はその目新しさにAV無しでも難なく抜けてしまう。しかし、2回目から目的によって変わる。一方的な感触を楽しむ目的の場合はAV無しでも抜ける。相手から求めてくるフェラ感触を楽しむ目的の場合はAVが無いと毎日は抜けない。「とにかく一方的な感触で続かない」といった場合はフリップゼロがその役目を担ってくれる。(フリップゼロは「相手側から欲してくる生物感」がある。)

Q.「入れたまま口を開閉できる?」

A.[できる。しかし困難。]

ペニスを挿れた状態ですごふぇらの頬をえぐるように横開きして横のビッシリ並んだU字歯フレームの横側面をのぞかせた様子【この上部のU字ビッシリ歯と下部のU字ビッシリ歯の間に指を入れて開く】

開けることはできる。頬に外側から指で押し込んで顎をそのまま指を食い込ませながら開く。もしくは、頬に指を入れて中から開ける。しかし、すごふぇらは顎の固定具合が硬いため挿入した状態での開閉は非常に困難であった。また、挿入したまま閉じる際はペニスをギロチンしそうになるため快適に開閉することは全くできなかった。

Q.「洗う前の肌触りは?」

A.[マシュマロ]

フェラオナホールすごふぇらの洗浄前の状態の様子【マシュマロのような肌触り】

すごふぇらの初期状態はパウダーがまぶされておりサラサラでマシュマロを触っているような感触であった。

Q.「洗った後の肌触りは?」

A.[もちもち]

洗浄後のすごふぇらの状態様子【マシュマロ感は失われもちもち感の肌触りに】

洗浄後のすごふぇらはパウダーが取れてもちもち感に変わってしまう。

Q.「本体の大きさは?」

A.[ガムテープの芯ほどの大きさ。]

口周りの太さはまるでガムテープの芯に似たような太さであった。底部につれてだんだんとポン酢ビンほどに細くなる。そして実使用時は主に口周りを持つため、ガムテープの芯を持っている感覚であった。洗剤のジョイのような太さのフェラオナホールではない。

Q.「ペニスの長短に関わらず挿入できる?」

A.[できる]

3つの長いペニスを長さ順に並べた様子

ペニスの「長短においては」長い短いに関わらず奥まで挿入できる。しかし、極大サイズのディルドで挿入検証を行った結果、ペニスが「極太」の場合は奥まで挿入できなかった。ペニスの太さの幅が最大勃起時に3.5cm以上の場合は奥まで挿入しようとすると顎フレームに強く接触してしまう。

Q.「大きいペニスでも楽しめる?」

A.[楽しめる。(規格内の大きいペニスまで。)]

規格内の大きいペニスをすごふぇらの顎フレーム箇所に挿入通過させている際の様子【顎フレームの内側は3.5cmなのでギリギリ通過検証をクリア】

大きいペニスの中でも規格内の大きいペニスである場合ならば楽しめる。該当するディルドで挿入検証を行った結果、亀頭および肉棒が顎フレーム内側にギリギリ接触することなく挿入通過テストをクリアした。

U字歯がビッシリ並んでいてなおかつ開閉具合を固定できる顎フレーム搭載型フェラホール『すごふぇら』の挿入可能幅を計測した際の様子【計測結果及び挿入可能幅は3.5cm】

※すごふぇらの顎フレームの挿入可能幅は3.5cmであった。すごふぇらを快適に楽しむには最大勃起時のペニスの亀頭幅および肉棒幅が3.4cm以内である必要がある。

Q.「極太ペニスでも挿入できる?」

A.[できない。]

すごふぇらの極大ペニスを挿入している際の様子(すごふぇらの口内を裏返して歯フレームを露出させた状態においての亀頭接触時様子)|極大サイズのディルドの亀頭先がすごふぇらの顎フレームに接触してしまっている様子

極太サイズの場合は亀頭かつ肉棒が顎フレームに接触してしまう。大ペニスは大ペニスでも勃起時の亀頭幅が3.5cm以上ある規格外の大サイズ「極太サイズ」の場合は(歯がある状態では)奥まで挿入できない。挿入する場合はすごふぇらから歯のフレームをもぎ取った状態にする必要がある。

Q.「頬張りフェラはできる?」

A.[できない。]

すごふぇらに歯フレームがある状態で頬張りフェラをしようとしている際に亀頭が顎フレームに接触してしまっている様子【頬に当たる箇所に顎フレームの開閉軸箇所があるためそこに亀頭が接触してしまって頬張りフェラは全く楽しめない】

頬張りフェラを行った結果、斜めに挿入する状態になってしまう。実際にそれを行った結果、フレームに亀頭が接触して亀頭に血豆ができてしまった。すごふぇらにおいて歯フレームがある状態での頬張りフェラは危険となる。しかし、歯フレームを取り除くと頬張りフェラを楽しめる。


フェラホール『すごふぇら』レビュー一覧


すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまうほど歯が心地よいフェラホール