フェラオナホールすごふぇらは顎関節が硬いので「激しく動かし続けても」閉じたりすることが起きなかった。そのためフィニッシュまで快適に一直線にイクことができる。快感に集中できる。「途中から段々歯が当たってくるのが痛くなって快感が阻害され続けてなかなかイケない」といった事態がすごふぇらでは起きなかった。激しく動かし続けても閉じ始めることも開き始めることもなかった。

① 硬いアゴ関節のおかげで「快感に集中」できる

フェラホール『すごふぇら』に挿入している際に歯が当たらない段階まで開いた状態で維持されている様子(※疑似ペニス)

顎関節が硬い⇒途中で閉じ始めたりせず快感に集中できる

挿入したままさらに口を開けようとした。開かない。硬すぎる。しかし、その「上下に動かしても全くビクともしないその硬いアゴ関節」のおかげで「動かしている最中に徐々に閉じることがないのでフィニッシュまで快感に集中できる」といった良い点があった。

② 硬いアゴ関節のおかげで「途中で閉じない」快適さがある

すごふぇら挿入時に顎フレームが維持された状態の様子【挿入した状態で激しく動かしたり頬を広げたり激しいことをしてもアゴが閉じ始めることも開き始めることもない】

「動かしていると段々閉じてくるのではないか?」といった不安が無いので快感に集中できる

「だんだん歯が当たり出して痛い」「動かしている最中にだんだん閉じてくるのではないかといった不安」がこの『すごふぇら』にはない。「この口の開き具合でフィニッシュする」と決めて開始した結果、歯の調整に気を取られることなく快感に集中することができてしまった。フィニッシュ間近で激しく動かしても顎が閉じ始めることは皆無であった。

③ 硬関節で「挿れたまま開閉できない」不便さ。しかし便利

挿入した状態で口の中に指を入れたり頬に指を食い込ませて顎フレームを開けようとすると下の歯が肉棒の裏筋に食い込みそうになって鈍痛を感じやはり挿入したままの開閉は断念して一旦ペニスを抜いてから開閉するに至る直前時の様子シーン(頬を裏広げてその状態時の口の中の様子)

途中での口開閉が非常に非快適。しかし、それによって激しく動かしても閉じない大きなメリットがある。

挿れたまま「開こう」とすると怪我しそうになる

途中での口開閉が非常に非快適であった。一旦決めた口開閉度で開始するも途中で「口をもう少し開きたい」といった欲求が生じた場合「ペニスを一旦抜いてから開ける」といった手順でないと挿れたままではペニスを怪我しそうになってしまう。挿れたまま開こうとしている途中に「歯が肉棒に食い込んで内出血しそう」といった連想をしてしまうほどまったく開いてくれない。両手でも開こうとしても安定せず歯が肉棒に食い込もうとしてくる。結果、「一旦すごふぇら本体からペニスを抜いて両手で開けてまた挿入する」といった手間が生じた。

挿れたまま「閉じよう」とするとギロチンされそうになる

ペニスを入れたまま閉じようとすると顎関節が硬いので一度閉じ始めたらその硬い顎を閉じるために込めていた負荷が一気に解放されてまさにギロチン状態になってペニスが切断されるのではないかといった恐怖がある。しかし、恐怖感があるだけで実際にそうなったことはない。しかし、心理的な恐怖感はある。

不便さのおかげでフィニッシュまで集中できる

ギロチンになりそうなほど硬いアゴ関節。歯が肉棒に刺さりそうになるほど硬いアゴ関節。その硬さのおかげで激しく動かしてもびくともしなかった。結果、激しく動かしてもアゴや口が閉じ始めたりしないのでフィニッシュまで快感に集中できてしまう。

臨時的な開閉が不便すぎる。しかし、開閉が決まれば快適すぎる

「もう少し閉じたい、もう少し開けたい」といった臨時的な開閉ではペニスに傷が付きそうになる。挿れたまま開閉はできないので「一旦抜いて開閉調整する不便さ」が付きまとう。しかし、一旦開閉を決めるとその欠点は消滅する。開閉具合が決まった後は一直線に快感に集中してイケてしまう。激しく動かしても閉じない顎なためイクまで快感に集中できる。


フェラホール『すごふぇら』レビュー一覧


すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまうほど歯が心地よいフェラホール