すごふぇらから歯を取り除いたとき、感動してしまった。「歯をもぎ取ったら魅力ダウン」といったことにならなかった。新たにすごい顔を魅せてくれたのだ。その1つが「洗浄が破滅的に楽になった」ことであった。

① 裏返せるようになる

歯顎有りフェラホール『すごふぉら』から歯を取り除いて裏返している最中の様子

裏返せるようになり、洗浄が異常に楽に変わる。

歯をもぎ取ると新たに気持ち良くできる

歯をもぎ取ることで裏返すことができるようになる。すごふぇらは「歯のフレームがガッシリ有ることで裏返せない」これが難点であった。しかし、その難点以上に歯の気持ち良さは絶大であった。しかし、やはり裏返せないことによる洗い残し箇所があることに不安が残留する点が拭えなかった。

衛生面に関する不安を完全に消滅できる

歯を取り除くことで裏返せるようになり衛生面に関する不安は完全に消滅した。歯がある際は手探りでの洗浄であったのが裏返しするようになって目視できるようになった結果、確実に綺麗に洗えていることを確認しながら洗える。衛生面は気持ち良さに大きく影響した。すごふぇらから歯を取り除いたことで消滅した気持ち良さの分を補うようであった。

「裏返せないので買えない」問題は無くなる

「このハンドオナホールは裏返せるのかどうか」これが最も重要な要素の1つであった。すごふぇらはその要素を満たさない。しかし、その要素を満たさないだけの気持ち良さがあった(歯無し派から歯有り派に変わってしまうほどの価値観を変えてしまうほどの気持ち良さがあった。)。しかし、すごふぇらは歯を取り除くことで裏返し要素を取り戻すこともできてしまう。問題は使用を重ねていると勝手にブチブチと顎フレームを止めている肉片がちぎれてくることである。そのため「最終的に歯無し状態のすごふぇら」になってしまう。すごふぇらは「最初は裏返さないが最期は裏返すフェラホール」となる。

② 隅々まで洗えるようになる

裏返した状態のすごふぇらの舌の裏側を引っ張っている様子【舌の裏もサクッと洗えてしまう】

歯取り除き後は「舌の裏も肉片の隙間も奥も完全に隅々まで」洗浄できるようになる。

舌の裏を隅々まで洗える

すごふぇらの舌の裏は歯のフレームの内側に入り込んでおり、まさに人間と同じような口内になっているため指先で洗浄するのが非常に困難であった。すべてが手探りでの洗浄であった。しかし、歯フレームをもぎ取って裏返せるようになった結果、手探りで舌の裏を奥のほうまで探り進んでいく行為&労力&手間が完全に消滅した。サクッとサラッと賢者タイムに目をつむりながらでも完全に隅々洗浄可能な状態にできてしまった。

最奥部も隅々まで洗える

歯有り状態でのすごふぇらの最奥部を隅々まで洗うのは困難を要した。「本当に奥の済までゴシゴシできたのか」といったような不安が毎回残ってしまっていた。使用する度に衛生面が気になり生挿入が億劫になっていった。奥まで洗おうと洗剤を垂らして指先でゴシゴシしたのはいいものの、そこからすすごうとしても顎フレームで塞がって完全に綺麗にすすぐことも不可能であった。しかし、歯顎フレームを取り除いてから裏返せるようになり、最奥部までスルッと「箸を洗う感覚」で洗えるようにできてしまった。

肉片の隙間も隅々まで洗える

すごふぇらには歯顎フレームに多数の肉片が絡んでいるため、その隙間も隅々まで洗浄するのは非常に困難であった。肉片をちぎらないように配慮するとさらに困難に困難を極めた状態であった。歯をもぎ取ることでそれらの肉片も完全に隅々まで擦って洗うことが可能となった。肉片一つ一つさえも隅々まで洗えるようになってしまった。この「清潔を追求した状態」においても完全に清潔状態にできてしまう。歯がある状態では完全なる清潔状態にすることは相当な時間と神経と労力を費やさない限り不可能であった。フレームもぎ取った状態においては「シャンプーボトルに洗剤を付けてそれをシャワーで綺麗に落とす」といった軽い労力だけ完全に清潔な状態にできてしまう。

③ さらに気持ち良くなる

取り除いた歯顎フレームと歯顎が無くなったすごふぇらを並べた様子【歯顎フレームによる衛生面問題から完全に開放される】

歯を取り除いた後は「衛生面の心配と洗浄の億劫さが消滅」する。その結果、それまで快感を阻害していたそれらが無くなるため、さらに気持ち良く変わってしまう。

「後始末問題と不衛生問題がネックで気持ち良くなれない」

「すごふぇらは洗浄が億劫、毎日は億劫すぎる、それらが原因で衛生面が気になってしまう…。結果、気分的に段々気持ち良く無くなってきた」といった場合はすごふぇらから歯をもぎ取ることで解决できる。「後始末億劫問題」と「衛生面問題」で快感に集中できなかったといった場合にも歯をもぎ取るとさらに気持ち良く変わる。

歯を取り除くことで後始末と衛生面問題が無くなって気持ち良くなる

すごふぇらから歯をもぎ取ると衛生面での心配が皆無になる。すごふぇらは物理的に気持ち良いものの、後始末の億劫さが伴う。そして一度でも洗浄を適当にしてしまうと衛生面での不安が横切るようになってしまう。そしてゴッソリと気持ち良さを削いでしまう。すごふぇらにおいては歯を取り除くことでそれらが完全に解消された。

「最初は歯有り」で楽しんで「途中から歯無し」で楽しめる

歯を取り除くことで後始末と衛生面の悩みから開放された。その結果すごふぇらの快感に集中でき、歯有りの際とはまた違う新たな気持ち良さ、歯無しの気持ち良さにおいてフルに堪能できるようになってしまった。すごふぇらで衛生面においてご不安な場合は歯をもぎ取ることで完全に解消できる。そしてより気持ち良く楽しめる。

④ 除菌グッズが要らなくなる

すごふぇらと歯有り時のすごふぇらの洗浄に必須レベルであった『ホールクリーナー』【歯を取り除くことで除菌グッズが不要になる】

賢者タイムが「後始末で侵される」ことが無くなる

すごふぇらを奥の隅々まで衛生面を保つため、オナホールと精液洗浄に特化したホールクリーナーを使用したり、消毒スプレーを肉片の隙間や舌の裏の奥や歯と歯肉との隙間などに吹きかけていた。歯を取り除いてからそれらが不要となった。賢者タイムが洗浄タイムで埋まるといったことが消滅した。

「長期保管後の再使用」は歯をもぎ取ることスムーズに再開できる

万が一すごふぇらにおいて「しばらく使わないまま収納してしてしまって再度取り出したときにカビ等の衛生面が気になっていくら洗浄したとしても気になって使用できない」といった事態に遭遇した場合にも歯をもぎ取ることで解决できる。

「尿路感染症の不安」は歯をもぎ取ることで解决できる

過去に他のオナホールでカビ等が原因で尿路感染症になった辛い過去がお有りの場合には、すごふぇらでは歯をもぎ取ることでその不安を完全に解消できる。最初は歯有りの状態で何回か楽しみ、それから歯を取り出して衛生特化&後始末楽さ特化型にして新たに楽しむことができる。

「押入れ行き」のすごふぇらが再び「現役」に変わる

すごふぇらから歯を取り除いた状態の様子【歯無しのすごふぇらは現役引退ではなく新たな現役の始まり】

すごふぇらにおいて衛生面の不安と洗浄の億劫さが原因で押入れ行き気味であった場合には、歯を取り除くことで風呂場に常駐させてしまうほど現役状態に復活させることができる。歯をもぎ取ることですごふぇらに新たな楽しみ方が訪れる。

すごふぇらは歯を取り除く最期になる

すごふぇらは「絶対に歯を取りたくない」そう思わせられたすごいフェラホールだった。しかし、段々と衛生面が気になりだし、もぎ取ることとなった。衛生面での不安は快感の8割を削いでしまう。使っていくうちに段々ちぎれてきたため、もはや最終的に取り外すのが運命なのかもしれない。

歯のもぎ取りは「新たな現役時代の始まり」

歯を取り除いたときに衝撃が走った。なんと洗浄の楽さが天と地ほど真逆に変わったのだ。歯があるときは困難そのものであり、毎日は億劫すぎる代物だった。しかし、歯を取り除いてから「シャンプーボトルに付いた洗剤をシャワーで洗い落とす」といった楽さまでに豹変した。歯がある頃は「詰まった風呂場を綺麗に洗浄する」「詰まった炊事場を綺麗にする」といった労働感に似た労力感が毎回の感覚であった。しかし、それが歯をもぎ取った後には完全に消滅したのであった。歯のもぎ取りは「現役引退」を意味しなかった。すごふぇらにおいて歯のもぎ取りは「新たな現役時代の始まり」を意味する。

後始末が“すご”く不便⇒歯をもぎ取ると“すご”く快適になる

フェラオナホールの中でも洗浄等の後始末が“すごく”不便だったすごふぇら、歯を取ると“すごく”楽になった。歯有りのときも「歯無し派から歯有り派に変わってしまうほど歯が気持ち良い(※すごふぇらの挿入感)」すごいフェラホールであった。そして衛生面や後始末問題に直面してもぎ取った結果、魅力がダウンすることなく再び新たなすごい面を魅せてくれた。「すごふぇら」は色んな場面で「すごい」と思わせられるフェラホールであった。すごふぇらは歯を取り除くことで新たに生まれ変わる。


フェラホール『すごふぇら』レビュー一覧


すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまうほど歯が心地よいフェラホール