『すごふぇら』を利用する

「歯付きフェラオナホールを味わいたい…でもペニスが合わなくて“歯”を楽しめない…」その場合にはすごふぇらが解決してくれる。

すごふぇらで動かした際に歯がかすかに当たる程度に少し余裕を開けて開閉具合を調節した状態の様子

すごふぇらには顎関節があるため歯が当たるか当たらないかの開閉具合をどの太さのペニスにでも調節することができる。さらに顎関節が硬いので激しく動かしても途中で段々閉じてくることも無い。

ペニスの大小に関係無く歯がホロホロ当たる感触を楽しめる

左から順に【Lサイズ=極大・大きすぎるペニス】【Mサイズ=大ペニス】【Sサイズ=大寄りの中中寄りのペニス】を想定

ペニスが大きい小さいに関わらず、歯付きフェラオナホールの歯感を楽しめる。「歯が当たりすぎず、まったく当たらないこともなく、歯がホロホロと当たる絶妙に心地よい具合」をペニスの大小に合わせて楽しめる。そして「歯がまったく当たらない状態」にもできてしまう。※大きすぎるペニスは「歯感は楽しめるものの」奥まで挿入を楽しめない。

大中ペニスでも楽しめる

すごふぇらに大中サイズのペニスを挿入して歯がかすかに当たる程度に調節した際の口内を開いた挿入光景様子 ※ディルド

すごふぇらは顎関節を大きく開くことができるため、大中ペニスにも対応できる。該当するディルドサイズを挿入した結果、歯が「全く当たらない」状態にさえもできてしまった。さらに歯が「かすかに当たる」繊細な開閉状態にもできてしまった。大きなペニス状態でも歯付きフェラオナホールの歯感を楽しめる。

中寄りペニスでも歯を楽しめる

すごふぇらに中寄りサイズのペニスを挿入して歯がかすかに当たる程度に開閉調整した状態の様子 ※動かすと接触してくれる ※ディルド

すごふぇらの顎関節は細かく調整できるため、中小問わず細かく順応できる。該当するサイズのディルドを挿入した結果、歯が当たるか当たらないかの微妙なレベルにも合わせることができてしまった。中サイズのペニスでも大寄りの中でも中寄りでも歯付きフェラオナホールを存分に楽しめる。

大きすぎるペニスは亀頭フェラ・唇フェラまで楽しみが制限される

すごふぇらに極大ペニスを挿入した際の様子。楽しめるのは顎までとなる。亀頭フェラ・唇フェラまでとなる

すごふぇらを奥まで楽しめる太ペニスの幅は「3.4cm」までとなる。

「太すぎる」ペニスは亀頭も肉棒も顎フレームに接触する。歯は楽しめるものの奥挿入は楽しめない

すごふぇらの挿入時に顎フレーム(フェイスシフトギミック)箇所にLサイズのディルドの亀頭がフレームに接触してしまって入りにくい様子

Lサイズのディルドで挿入検証した結果、ディルドの亀頭及び肉棒が顎フレームに接触してしまった。顎フレームに接触することなく奥まで接触することなく挿れることができたディルドの最大勃起時の亀頭幅は「3.4cm」のディルドまでであった。

【大中ペニス】
【中寄りペニス】

顎フレームの喉箇所の幅は「3.5cm」

すごふぇらの顎フレーム(フェイスシフトギミック)箇所の内横幅・挿入可能な横幅計測時の様子【計測結果:3.5cm】

顎フレームの喉箇所の幅を計測すると「3.5cm」であった。最大勃起時の肉棒の幅が3.4cmから数mm程度でも太い場合、亀頭の幅が4cmから数mm程度でも太い場合はすごふぉらを上下に動かして楽しむことは全くできない。

太すぎるペニスで楽しめるのは「亀頭フェラ唇フェラでの歯感」「歯無しすごふぇら」となる

極大ペニスをすごふぇらの口内に接触させながら分厚い舌の上に乗せてサンドした亀頭フェラ状態の様子 ※ディルド

楽しめるのは、顎まで入れない「亀頭フェラ及び唇フェラにおける歯の接触感」までとなる。もしくは、歯をもぎ取った状態のすごふぇら」となる。歯は簡単にもぎ取れるのでその歯顎フレームをもぎ取り除いて「喉輪くぐり感と分厚い舌感とザラザラ口内感を楽しむこと」に制限される。しかし、洗浄を繰り返していると顎フレームを支えている肉弁が切れてくるため、到達する未来はどのペニスも「歯無しのすごふぇら」という同じ未来だ。

「歯が痛い!」問題を解決できるのはすごふぇら

肉棒に歯がかすかに当たる程度にすごふぇらを開閉調節した際の様子:真横からの光景

「歯付きフェラオナホールが存在するのに歯が当たって全く楽しめなかった。かすかに当たる程度でいいのに。」といった場合にはすごふぇらが歯付きの魅力を初めて感じるフェラオナホールになる。

すごふぇらはペニスの大小等で「歯の楽しみ」を奪わない

すごふぇらで亀頭フェラ・唇フェラをしている際の様子シーン

すごくふぇらは現時点では太すぎるペニスにおいて歯付きフェラホールを100%楽しむことはできない。しかし、少なくとも「歯付きフェラオナホールの歯を楽しめない」そんな不都合な現実は起きるべきではない。その不都合から完璧ではないものの大方救ってくれる存在、それがすごふぇらである。すごふぇらは「歯感は絶対欲しい。しかし歯が当たるのはかすかな程度でいい。」の不満を解消してくれる。亀頭フェラでカリ首に当たる唇とかすかに当たる歯とのハーモニー、特に唇フェラは醍醐味の1つになってしまう。

すごふぇら通過幅計測
挿入通過可能幅は【3.5cmまで】
左から順に【極大サイズ】【大中サイズ】【中寄りサイズ】
肉棒通過検証テスト
肉棒:極大サイズは【通過時強接触】
肉棒:大中サイズは【通過クリア】
肉棒:中寄りサイズは【通過クリア】
亀頭通過検証テスト
亀頭:極大サイズは【通過時強接触】
亀頭:大中サイズは【通過クリア】
亀頭:中寄りサイズは【通過クリア】

「完全勃起時のペニスの亀頭幅が3.5cm以上有る」極大レベルの場合は、現時点のすごふぇらは楽しみの範囲が大幅に制限されオススメのフェラホールでは全く無い(※縦に挿入した場合:90度回転させた状態で挿入するとペニスサイズに関わらず裏筋にフレームが接触するため快感が削がれてしまう。)。

「歯は」楽しめる

すごふぇらは業界初の顎関節固定型、業界初なので完璧ではなかった。完璧ではないもののすごふぇらを始めとした顎関節型のフェラホールによって、なかなか到来されなかった【“歯はかすかに当たる程度でいい”問題】の解决をやっと見出してくれた救世主的存在。次世代は極大ペニスの方も存分に歓迎される。すごふぇらは次世代でさらに大勢を歓迎し紳士に近づく。初代から“すごい”可能性を秘めたフェラホール、“すご”ふぇらである。


フェラホール『すごふぇら』レビュー一覧


すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまうほど歯が心地よいフェラホール