フェラオナホールにおいて「歯無し派」から「歯有り派」に「完全に」変わってしまった怖いフェラホールがある。それが『すごふぇら』であった。商品名“すご”フェラの名の通り、本当に“すごい”フェラホールになっている。 ※メーカー:エンジョイトイズ

すごふぇらの挿入感

歯がホロホロとかすかに当たり続ける

動かすたびにペニスの上面を歯がかすかに当たり続けてくる。人間の口の中に挿れてる感がある。

小さな弁を亀頭でかいくぐってカリ首に引っ掛かる感

中間時点で喉をドゥリュッと通化する。その通過の瞬間は「生物の弁を亀頭で突き進んだ」感であった。

ザラザラ感が常時感じられる

口内ひだのザラザラ感が全感触のベースになっている。

分厚い舌に乗っている感触

分厚い舌にペニスを一方的に撫でさせている感触がある。※相手側から舌先に力を入れてグリグリとカリ首を攻めてくるといた肉棒を攻めてくる感触や「分厚い舌で舐めてきてくれている感」は「まったく」ない。

「ハンドオナホ兼フェラオナホ」ではなく「完全なるフェラホール」を手にできる

通常のハンドオナホール分野の挿入感ではなく「完全に」フェラホールの挿入感であった。

一方的なフェラ感を味わえる

一方的なフェラ感になっている。相手側がペニスを求めてきて吸ってくる感や分厚い舌で舐めてくる感や舌でコリコリカリ首を攻めてくる感はまったく無い。人間の口の中に一方的に突っ込んでいる感覚がメインとなる。

歯がホロホロッと当たる。それが人間的な感触で勃起してしまう

フェラホール『すごふぇら』に挿入している際に「歯がかすかに当たったり当たらなかったり」とホロホロ接触してくる繊細でとても心地良い接触時の様子(※疑似ペニス)

「すごい、あぁ…」オナホールなのに人間の口に挿れている感覚がして感動してしまった。歯が「ホロホロッ」と繊細に未勃起ペニスに触れる。それこそが人間的で、人間の口の中に挿れている感覚で急速に勃起してしまった。

すごふぇらの舌の歯が裏筋にかすかに接触してくる様子

「歯は大事」そう思い知らされた。「歯があるからこそ、歯がホロホロっと当たるからこそ人間の口に挿れている感覚にやっと至る」ハンドオナホールからフェラホールに変わる瞬間をこのすごふぇらで思い知らされることとなった。

歯が当たるたびにイキそうになれる

すごふぇらの分厚い舌箇所が裏筋を包むように乗りながら歯がかすかに接触してくる様子

昇天まで一歩一歩進む感触になった決定的瞬間は「軽くほどよくホロホロッと当たってくる歯の感覚」であった。「やはり歯は大事だ」そう改めて何度も感じてしまう。射精に達するにはいかに歯の存在が大事かをペニスで知った瞬間であった。

ザラザラした口ひだ箇所が肉棒全体をこすり時々歯が接触してくる様子

口内がザラザラした感触ベースの中「時々」歯があたる。すごく心地良い。「木削りかんな器具がペニスを這っている」といったガリガリ人工感は一切無かった。「当たりすぎると逆に快感を削いでどんどん萎えてしまう」その問題もクリアされていた。

ペニスの表面を口内の口ひだ箇所にぴったり付けている際の様子

歯がずっと当たり続けるといったことがない。顎の開き具合を調節することで「かすかにあたっているかどうか」といった繊細なレベルの程よさにまで調節できてしまった。

U字のビッシリした歯と分厚い舌のあるフェラホール「すごふぇら」に挿入している際に頬箇所を広げた際の挿入時内部の様子

かつて、歯付きフェラホールの歯が毎回快感を削ぐもので、毎回カットしてしまっていた。しかし、このすごふぇらだけは「絶対に歯を取りたくない」そう感じてしまった。歯が快感を全く邪魔していない。快感の促進に100%機能していた。「歯があることで気持ち良くなる理由」はこのすごふぇらで知ることができてしまう。それはまさに「人間の歯がペニスの肉棒に当たっている」といったリアル人間感がイキそうになる決め手であった。

喉の弁を通過するたびにイキそうになれる

すごふぇらの顎を最大まで開けて外から見た喉箇所の様子【弁のようになっており挿入時に亀頭がくぐることで、動かすたびにカリ首に引っ掛かる感触がある】

喉を通化するたびに「あっ・・・あっ・・・」と勝手に声が出てしまった。喉を亀頭のカリ首が通過するときに、その小さな輪状になった弁を亀頭で「ドリュンッ」とくぐっていく感触がある。ホールの中間にその喉弁があるため、上下に動かすたびに「ドリュンッドリュンッ」と有機的な弁をくぐる感触が起こった。

喉の弁箇所に挿入して亀頭がくぐろうとしている際の様子

弁をくぐるたびに昇天までに一歩一歩進んでいく感覚がジンワリした快楽で堪らない。

喉箇所の弁に亀頭がくぐり切った状態の様子【カリ首がすっぽりと収まる】

奥の方に弁があるわけではなく、ホールの中間箇所に弁があるため、特に奥まで突くわけでもない普通の上下幅で動かしているだけで亀頭で弁をくぐる感触があった。

唇だけでイキそうになれる

すごふぇらの唇箇所に亀頭だけを挿入している際の様子

未勃起状態でとりあえず亀頭の先っぽだけを唇の軽い締めで「ヌコリッヌコリッ」動かしているといつのまにかガチガチに勃起してしまっていた。

唇箇所に挿れた亀頭を少し引き出している際の様子【唇がカリ首に引っ掛かる感触がある】

ホールの唇箇所だけで「亀頭先っぽフェラ」をしていると、口を輪っかにして亀頭のカリ首を「ぬこりっぬこりっ」とくぐる感触がある。

唇から亀頭が出ている際にカリ首に唇が引っ掛かりながらすごふぇらの唇がアヒル口になっている際の様子

デフォルト状態で口の閉じが小さい。ガバガバ状態ではない。そのため、空気抜きをしたりすることなくそのままで唇締めを味わえる(しかし、唇締めでのバキューム感は全くない)。

すごふぇらの口の先に亀頭を挿れた状態から少し引き出して亀頭のカリ首箇所が少し唇から露出している際の様子
唇から亀頭が出ようとしている際の様子
唇だけのフェラシーンで射精して引き抜いたペニスからローション糸が滴りながらすごふぇらの口箇所からローションが垂れている際の様子【唇だけのフェラで射精した際の様子シーン】

ラストスパートでこの唇亀頭フェラをした結果あっという間に射精に至ってしまった。ギュンギュン感は全く無い。しかし、人間の唇が亀頭をくぐっている人間の存在を感じてジワジワ射精に至ってしまった。

口と顎と鼻までの範囲で造形されたフェラオナホール「すごふぇら」の口箇所にペニスの亀頭を挿れ込んでいる際の様子
すごふぇらがアヒル口になりながら亀頭をカリ首まで唇で咥え込んでいる際の様子
口の先に挿れ込んだ亀頭を引き戻してアヒル口になりながらもカリ首に唇が引っ掛かっている際の様子
唇に引っ掛かっていたカリ首が引っ掛かりから取れて唇箇所から亀頭が出ようとしている際の様子
亀頭の2/3程度まで唇の箇所に挿入した際の様子

「まったり」それでも唇で亀頭のカリ首を「ヌコリッヌコリッ」と感触でイッてしまう。(※しゃぶってくる感触は全く無い。唇を亀頭のカリ首に押し付けている一方的な感触になっている。)

すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまう

歯付き&ベロ付きフェラホールであるすごふぇらの「歯肉と歯が繋がっている肉箇所」と「無造作に折り畳まれるようにグネグネになるほど柔らかい舌箇所」の様子

すごふぇらは「フェラオナホールにはいかに歯が大事か」を改めて思い知らされた革命的なフェラホールであった。

挿入時に頬を広げた際に分厚い舌の上に亀頭が乗り、よだれが溢れながら、有機的な頬がペニスを包まれながら、歯が覗いている際の様子

以前はフェラホールに歯があると「歯がある・・・」と若干萎えてしまっていた自身がいた。

歯付きフェラホール「すごふぇら」の上部のU字歯の様子【シーン:挿入時】

しかし、その価値観が完全に変わってしまった。それがこのすごふぇらであった。

歯付きフェラホール「すごふぇら」の上部のU字歯の様子【シーン:非挿入時】

「フェラホールは歯があることは絶対。必須。外せない。絶対に外せない。なぜなら歯がかすかに当たることこそが人間の存在を感じる重要な要素であるため。」といった価値観に変わってしまった。

ペニスがすごふぇらの分厚い舌と上下からのU字の歯でサンドされている際の様子

「フェラホール歯無し派」から「フェラホール歯有り派」に「完全に」変わってしまった怖ろしいフェラホールであった。価値観を変えてしまうオナホールは滅多に存在しない。それゆえにすごふぇらは怖いオナホールである。


フェラホール『すごふぇら』レビュー一覧


すごふぇらで「歯無し派」から「歯有り派」に変わってしまうほど歯が心地よいフェラホール