「プロフィール写真は巨乳だが...」

「プロフ写真は巨乳だが…」

プロフィール写真の「Eカップ巨乳」を信用してソープへ行った。しかし、対面したとき衝撃が走った。

「実際はしぼんだ垂れ乳...」

「実際はしぼんだ垂れ乳…」

まるで餅を壁に打ち付けたように小さいおっぱい。顔を埋めるその先は胸板。パイズリして欲しいと言えないほどの小ささ。手から溢れない小ささ。まるで女装した70代の太ったおじさんの垂れ乳をはるばる揉みに来たかのよう…。

「巨乳に化けていたその正体はブラだった...」

「巨乳に化けていたその正体はブラだった…」

なんと…

そのプロフィール写真や写メ日記の“巨乳”はブラジャーや服で盛り盛りに盛られた「詐欺乳」だったのだ。

そして悟った。「Gカップ以上」からがやっと巨乳だと。

もうこんな過ちはおかさない。今後はフリーで行っても確実に当たり嬢に出会える。

「もう偽乳になど騙されない」

「もう偽乳になど騙されない」

「予約せずフリーで直接行ってパネル指名するときにどの嬢を選べば正解か」そんな時も即座に判断できる。

答えはシンプル、

おっぱいがHカップ以上の風俗嬢の方

これ一択だ! – 大吾/オナホファン公式

「さらばニセ乳よ、ようこそホンモノの乳よ」

「さらばニセ乳よ、ようこそホンモノの乳よ」

◆◆◆

「すごい…おっぱいでかい…」

風俗サイト「シティヘブン」のプロフィール写真では巨乳だが...

風俗サイト「シティヘブン」のプロフィール写真では巨乳だが…

「写メ日記を見る限りEカップというのは本当に巨乳だ」

そこからエッチにのぞくブラジャー…。

写メ日記のプロフィール写真、大きい…。

「ラブドールのDカップに似てる…」

大型オナホール『ガールフレンド』はDカップで巨乳だった。撮影:オナホファン公式(ONAHOFAN.COM)

すなわちリアルEカップはこれよりさらに大きいはず…

「たまたまラブドールのDと同じ大きさに見えてるだけ、脱ぐときっとさらに大きいはず。やはりEカップは巨乳…」

「オナホールのラブドールのDカップでさえ巨乳だった。ラブドールは人間を元に作られてるんだ。だから人間のおっぱいもそれに同じなはず…。」

写メ日記のプライベートの方も巨乳。どれも巨乳。溢れんばかりの巨乳…

「頭抱き締められながらおっぱいに顔うずめられたい」

「頭抱き締められながらおっぱいに顔うずめられたい…」

「このおっぱいに顔うずめたい…」

「パイズリされながら勃起した乳首同時に攻められたい...」

「パイズリされながら勃起した乳首同時に攻められたい…」

「パイズリされたい…」

「騎乗位でおっぱいが暴れ揺れる光景を目の前にしたい...」

「騎乗位でおっぱいが暴れ揺れる光景を目の前にしたい…」

「騎乗位でおっぱい揺れるの眺めたい…」

「実際にいってこの巨乳を楽しむことしかもう考えられない」

「決まりだ」

「よし!おっぱい揉みにいく!見に行く!」

「いざソープへ!」

「写メ日記のEカップ巨乳は寄せた偽おっぱいだった…詐欺られた…」

「ドアを開けた途端に巨乳と共にギュウギュウに抱き締めてきて感動...」

「ドアを開けた途端に巨乳と共にギュウギュウに抱き締めてきて感動…」

ドアを開き、対面して早速下を向いておっぱいを見てみると…

「デっ、でかい!!」

視界だけでわかる。

でかい、でかい!!

己のボルトは完全にビンビン状態

「風俗嬢の方の身体に勃起したボルトがグイグイ当たってしまっているッ…!!!」

「ベッドに腰掛けて服を脱いでと言われ...」

「ベッドに腰掛けて服を脱いでと言われ…」

そしてベッドに腰掛けるように誘われていく。

「風俗嬢の方が服を脱がしてと言ってくる...」

「風俗嬢の方が服を脱がしてと言ってくる…」

「脱がして❤︎」と…

「風俗嬢の方のボタンを1つ1つ外していく...」

「風俗嬢の方のボタンを1つ1つ外していく…」

早速服のボタンを外していく…

「服を脱がすときに指が風俗嬢の方のしっとりした肌に触れて指が幸せ...」

「服を脱がすときに指が風俗嬢の方のしっとりした肌に触れて指が幸せ…」

指に触れるしっとり汗ばんだカラダ…

「あれ...?いきなりおっぱいが小さくなった...」

「あれ…?いきなりおっぱいが小さくなった…」

「あれ…?小さくなった..?」

いや気のせいだ。

「風俗嬢の方の麗しい汗が染みたブラジャーを外していく...」

「風俗嬢の方の麗しい汗が染みたブラジャーを外していく…」

「ブラを外すと…」

「あれ!?さっきの巨乳どこいった!?」

「あれ!?さっきの巨乳どこいった!?」

「あれ?…」

「え!?…」

「壁に打ち付けた餅みたい…太ったサンタおじさんの垂れ胸?…」

「あれ??すごい乳垂れてる...太っとおじさんの乳みたい...。さっきの膨らみは...どこに...?」

「あれ??すごい乳垂れてる…太っとおじさんの乳みたい…。さっきの膨らみは…どこに…?」

「写メ日記で見ていたおっぱいとは明らかに大きさが違う…」

女装した太ったおじさんの垂れ乳を揉みに来たんじゃない…

女性のおっぱいを揉みに来たんだ…

しかし、目の前にあるのは…

「まるで女装した太ったおじさんの垂れ地を揉んでるようだ...」

「まるで女装した太ったおじさんの垂れ地を揉んでるようだ…」

銭湯で見た70代の太ったおじさんの垂れ乳だ。

「詐欺られた…?」

その時、今までラブドールで経験していた『ガールフレンド』のDカップというのが実は「爆乳サイズ」に盛られていることが判明した。

人体系の大型オナホール『ガールフレンド』のおっぱいDカップはリアル女性のEカップよりデカい 撮影:オナホファン公式(ONAHOFAN.COM)

なんと、ラブドールのカップ数は「盛りブラで盛られた状態で計測された盛り盛りの詐欺おっぱい」のサイズをそのままにした「デコられたおっぱいサイズ」だったのだ。

「目の前のおっぱいを揉んでいるのにそこにあるのは壁に打ち付けたような餅…」

そして揉んでいくうちにだんだん「70代のおじさんの垂れ乳を揉んでいる感覚に空脳してきて…」

「いくら揉んでも寄せても太ったおじさんの垂れ乳を揉んでる感覚にしかなれない...」

「いくら揉んでも寄せても太ったおじさんの垂れ乳を揉んでる感覚にしかなれない…」

しぼんでしまった。

悟った。

Eカップは貧乳だ。

Fカップも貧乳だ。

Gからが巨乳だ!

「Gカップからやっと巨乳と言える大きさだ」

「Gカップからやっと巨乳と言える大きさだ」

Gからこそ巨乳だ!

「そして無敵なのがHカップからだ!」

「Hカップからやっと真の巨乳だ!」

もう写メ日記に騙されない。

「脱いだら小さいのにブラをしているときは爆乳に見えるのは矯正ブラの仕業だ!」

「脱いだら小さいのにブラをしているときは爆乳に見えるのは矯正ブラの仕業だ!」

風俗嬢の方は写メ日記を撮るときに「矯正ブラジャー」で盛り盛りのおっぱいに仕立て上げて、

「服から浮き勃ったその豊満なおっぱいは全部ブラの丸みだったのだ!」

「服から浮き勃ったその豊満なおっぱいは全部ブラの丸みだったのだ!」

左右のおっぱいの膨らみに「ブラの膨らみで」爆乳に仕立て上げ、

「本当は小さいのに二の腕で寄せに寄せて巨乳に見せてるだけだったのだ!」

「本当は小さいのに二の腕で寄せに寄せて巨乳に見せてるだけだったのだ!」

二の腕で「ガンガンに寄せて」盛り盛りに仕立て上げて、

「本当は小さいのにアングルで巨乳に見えていただけだったんだ...」

「本当は小さいのにアングルで巨乳に見えていただけだったんだ…」

おっぱいが「巨乳に見えるアングルで」仕立て上げ、

「女性達そして風俗嬢達はおっぱいを爆乳に化けに化けさせて自撮りしていたのだ!」

「女性達そして風俗嬢達はおっぱいを爆乳に化けに化けさせて自撮りしていたのだ!」

そしてその盛り盛りおっぱいモードで自撮りしていたのだ!!

「その腕とブラを取ったら餅」

「服を着ているときに巨乳でも実際に脱いだら垂れ地なんだ...」

「服を着ているときに巨乳でも実際に脱いだら垂れ地なんだ…」

その現実にもう騙されない。

「実際は太ったおじさんのおっぱいと完全一致なんだ...」

「実際は太ったおじさんのおっぱいと完全一致なんだ…」

「わかる、わかる。おっぱいというのはこれがリアルだって。」

ラブドールの巨乳に慣れすぎてリアル女性のEカップが貧乳にしか見えない。

Eカップ揉んでると「70代の太ったおじさんの垂れ乳を揉んでいる感覚に変わってくるのがもう勃たないんだ」

「垂れ乳で乳首が小さいと完全に太ったおじさんの乳と同じだ」

「垂れ乳で乳首が小さいと完全に太ったおじさんの乳と同じだ」

唯一の救いは目の前にいる風俗嬢の方の乳首が小さいことではなく…

「詐欺乳で垂れ乳でも乳首が大きければなんとか勃起できる...」

「詐欺乳で垂れ乳でも乳首が大きければなんとか勃起できる…」

乳首が巨大なことだった。

「一回一回を確実に最高の風俗体験にしたい」

「理想は後ろからオッパイ溢れんばかりにわしづかみしながら...。実際は...」

「理想は後ろからオッパイ溢れんばかりにわしづかみしながら…。実際は…」

プレイが終わって店を出たときの喪失感。

「理想はおっぱいが身体に当たってきながら攻められること...。現実は...」

「理想はおっぱいが身体に当たってきながら攻められること…。現実は…」

ATMでごっそり引かれた3万円。

「理想はまたがられたときにおっぱいが股間に当たってくること...。現実は...。」

「理想はまたがられたときにおっぱいが股間に当たってくること…。現実は…。」

「風俗行くよりPS5買ってVRでFANZAのエロ動画観たほうがましだった感」そのもの。

「理想は騎乗位でまたがられたときに視界がおっぱいで覆われること...。現実は...」

「理想は騎乗位でまたがられたときに視界がおっぱいで覆われること…。現実は…」

まさに「橋の上から手を滑らして3万円がぴらぴらと下の川に落ちていくイメージ」そのもの。

「理想は騎乗位でおっぱいが暴れ踊る光景を目の前にできること...。現実は...。」

「理想は騎乗位でおっぱいが暴れ踊る光景を目の前にできること…。現実は…。」

「3万円がドブに落ちてしまったよう…」なレベルは越えている。

「理想は騎乗位で手からおっぱい溢れさせながら眺めること....。現実は...。」

「理想は騎乗位で手からおっぱい溢れさせながら眺めること….。現実は…。」

「ドブに落ちたレベルなら拾って洗う」そんな感覚になるほどの無駄なお金使った感、

「理想は騎乗位でおっぱいに食べられそうな勢いを体験すること...。現実は...」

「理想は騎乗位でおっぱいに食べられそうな勢いを体験すること…。現実は…」

もうそれは橋の上から落としてしまったどうしようもない感覚。

「理想は後背位でおっぱいが暴れ揺れて横乳が見えまくること...。現実は...。」

「理想は後背位でおっぱいが暴れ揺れて横乳が見えまくること…。現実は…。」

取り戻せない感覚。

「理想は後背位でダンスするように激しく揺れ動くこと...。現実は...。」

「理想は後背位でダンスするように激しく揺れ動くこと…。現実は…。」

「そしてガッチガチに硬く決まった。」

「理想は後背位で姿見の鏡に暴れるおっぱい達が観られること...。現実は...。」

「理想は後背位で姿見の鏡に暴れるおっぱい達が観られること…。現実は…。」

「もう二度とこんな思いはしたくない」と。

「理想は後背位で突くたびに下乳が揺れ触れてくること...。現実は...。」

「理想は後背位で突くたびに下乳が揺れ触れてくること…。現実は…。」

無駄にお金を使わない。

「理想は後背位で股間当てて突く真似っこしただけでプルンと揺れるのが後ろから分かること...。現実は...。」

「理想は後背位で股間当てて突く真似っこしただけでプルンと揺れるのが後ろから分かること…。現実は…。」

そして心を鬼にして決めたのだ。

「理想は正常位で腕を寄せて猛烈な巨乳を目の前にすること...。現実は...。」

「理想は正常位で腕を寄せて猛烈な巨乳を目の前にすること…。現実は…。」

「Hカップ以上の風俗嬢の方しか選ばない」と。

「理想は正常位で乳首を優しく触りながおおっぱいわしづかみして手からいっぱい溢れ出させること...。現実は...。」

「理想は正常位で乳首を優しく触りながおおっぱいわしづかみして手からいっぱい溢れ出させること…。現実は…。」

「Iカップ以上の風俗嬢の方」しか選ばないと!

「理想は正常位でおっぱいに隙間なくギュウギュウに抱き寄せられて濃すぎる肉感を味わうこと...。現実は...。」

「理想は正常位でおっぱいに隙間なくギュウギュウに抱き寄せられて濃すぎる肉感を味わうこと…。現実は…。」

「Iカップ以上の風俗嬢の方」しか選ばないと!

「理想は正常位でおっぱいが顔を溢れてきながら乳首優しく吸って抱き締められること...。実際は...。」

「理想は正常位でおっぱいが顔を溢れてきながら乳首優しく吸って抱き締められること…。実際は…。」

「Jカップ以上の風俗嬢の方」しか選ばないと!

「理想は正常位で視界を爆乳おっぱいでいっぱいにしながらダンスを終えること....。現実は...。」

「理想は正常位で視界を爆乳おっぱいでいっぱいにしながらダンスを終えること….。現実は…。」

最低でも「Gカップ以上の風俗嬢の方」しか選ばないと!

「理想は最後に後ろから抱き締められながら添い寝するときに背中におっぱいがギュウギュウに当たってくること...。現実は...。」

「理想は最後に後ろから抱き締められながら添い寝するときに背中におっぱいがギュウギュウに当たってくること…。現実は…。」

そうすれば最高の風俗体験にできると!

「さらば詐欺巨乳!」

「もう詐欺乳に騙されない」

「もう詐欺乳に騙されない」

もう偽乳に騙されない!

「ノーブラでもおっぱいが盛り盛り、これこそが真の巨乳だ」

「ノーブラでもおっぱいが盛り盛り、これこそが真の巨乳だ」

ようこそ真の巨乳!

ようこそGカップ!

「巨乳こそが正義だ」

「巨乳こそが正義だ」

ようこそHカップ!

「巨乳と共にあれ」

「巨乳と共にあれ」

ようこそIカップ!

「巨乳こそが最高の癒やし」

「巨乳こそが最高の癒やし」

ようこそJカップ!

「抱き締めても収まらないほどの巨乳、それこそが真の巨乳」

「抱き締めても収まらないほどの巨乳、それこそが真の巨乳」

ようこそKカップ!

「クイーンの証、それこそが美爆乳」

「クイーンの証、それこそが美爆乳」

ようこそLカップ!

「巨乳と共に踊れ」

「巨乳と共に踊れ」

ようこそMカップ!!

「ヒロインの証、それこそがツンッと勃った盛り盛りのおっぱい」

「ヒロインの証、それこそがツンッと勃った盛り盛りのおっぱい」

「ようこそRカップ!!!」

「絶対的に巨乳が一番」

「絶対的に巨乳が一番」

「小さいオッパイと」
「大きいオッパイ」
「どっち好き?」

「やっぱり巨乳が大好き」

「やっぱり巨乳が大好き」

「大きいオッパイ!!」

「おっぱい揉みたい?ペロペロしたい?しゃぶりたい?うずめたい?眺めたい?」

「おっぱい揉みたい?ペロペロしたい?しゃぶりたい?うずめたい?眺めたい?」

行く場所は1つ。

「さぁ、ゆこう!真の巨乳を求めて」

「さぁ、ゆこう!真の巨乳を求めて」

「ソープだ!」

「ソープであなたを待っている」

「ソープであなたを待っている」

「爆乳女神に導かれるのだ!」

「おっぱい!」

「超旨い唐揚げ弁当を見つけるコツ、それは唐揚げが超デカイこと。おっぱいも同じだ!」

「超美味しい唐揚げ弁当」

「この弁当屋の唐揚げ弁当を食べるともうほかの唐揚げ弁当を食べられなくなるほど旨かった弁当屋に再びやってきた」

「超旨くてヤミツキになった」その唐揚げ弁当屋で弁当を待っている時、女性の方がすでに来ていた。後ろに並んでいる時にふっとイケナイ感情が芽生えてしまった。「今からソープかヘルスに行って爆乳を揉みたい」「後ろから爆乳を揉みたい」と。

「今すぐしゃぶりつきたい」

「今すぐしゃぶりつきたい」

「爆乳おっぱい揉みたい」「爆乳でパイズリされたい」「今すぐ帰ってしたい」「今すぐ帰って自宅でしたい」しかし…「風俗を利用する気力は無い」しかし…「ラブドールの硬いおっぱいではイケない」そう詰んでいた。

「今すぐかぶりつきたい」

「今すぐかぶりつきたい」

「風俗に代替できるのはおっぱいオナホしかない」

「弁当屋の待合席でおっぱい求めてスマホですぐさま検索へ...」

「弁当屋の待合席でおっぱい求めてスマホですぐさま検索へ…」

そう思いながら弁当を注文して待っている時に待合スペースですぐさまNLSでおっぱいを検索。「やはりオッパイ業界はラブドール業界よりもオナホ業界の方が最先端を行っている…」。

「画面を最暗設定にしてどんどんおっぱいを探していく...」

「画面を最暗設定にしてどんどんおっぱいを探していく…」

昔の単素材構造と違って今は複層構造、中身はジェルでトロトロ、外はしっとり。本当はゴムみたいなのに「揉み応えのあるおっぱい」などと覆い隠す表現の時代は終わったのだ。「二の腕を揉んだときと同じ柔らかさ」その次元に業界は行っている。

「本当に人間のおっぱいのあの二の腕の感触を追求して作られた”Kカップ”と”Zカップ”のおっぱい発見...!!!」

「本当に人間のおっぱいのあの二の腕の感触を追求して作られた”Kカップ”と”Zカップ”のおっぱい発見…!!!」

そして探しに探した。「最も巨大なおっぱい」でなおかつ「最も本物の生乳に近い柔らかさ」を。

早く見つけないと弁当が出来上がってしまう…

「どちらも先進的な複層構造であの二の腕感触と一致する二の腕により近いといった漢字のことを言っている...これが現状他の商品と比べて柔らかい...」

「どちらも先進的な複層構造であの二の腕感触と一致する二の腕により近いといった漢字のことを言っている…これが現状他の商品と比べて柔らかい…」

「5番でお待ちのお客様〜唐揚げ弁当でお待ちのお客様〜」その店員の方の掛け声と共に見つかった。

やっと代替になる存在にたどり着いたのだ。

まさに「おっぱい界の二大巨塔」に。

「数多くのオッパイの中で”先進的な2大巨頭なおっぱい”を発見」

左『皆見さんの激乳』右『EXっぱい』|「数多くのオッパイの中で”先進的な2大巨頭なおっぱい”を発見」

まずメニューを見て一発で一目惚れした巨大な唐揚げの弁当。
同じくおっぱい一覧で一発で一目惚れした超美味しそうな巨大乳首とブツブツ乳輪。

「凄く旨い唐揚げ弁当の唐揚げは中身がニュップニュップ」で感動してしまう

「凄く旨い唐揚げ弁当の唐揚げは中身がニュップニュップ」で感動してしまう

そして中身はさすが最先端、タッポタッポでやわやらだそう。

「凄く旨い唐揚げ弁当は唐揚げが巨大だった。皆見さんの乳首も巨大、運命だ。」

「凄く旨い唐揚げ弁当は唐揚げが巨大だった。皆見さんの乳首も巨大、運命だ。」

この唐揚げは中身はニュップニィプ。同じようにこの皆見さんの激乳の中身はタッポタポ。

「凄く旨い唐揚げ弁当の唐揚げは巨大だった。EXっぱいも巨大、運命だ。」

「凄く旨い唐揚げ弁当の唐揚げは巨大だった。EXっぱいも巨大、運命だ。」

なぜこの「最高の弁当屋の最高の唐揚げ弁当」を注文して待っている時に一緒にこの「巨大でタッポタポの爆乳」を発見したのか、運命だ。

これは絶対に「運命」だ。

「巨大な唐揚げ」は正義、そして「巨大なおっぱい」も正義。

その事実を今回、風俗で“Eカップ偽巨乳”に騙されて悟ったんだ。

「そして弁当屋で悟った、これは運命だと。」

巨大な唐揚げと巨大なおっぱいは繋がっているのだ。

そして降り立ったのだ。

皆見さんのおっぱいえくすとらっぱいという、二人の女神が!

おっぱい!!