ローション少なめ!ゆっくり動かす!オナホールを繊細に感じられるようになってオナホールがさらに気持ち良くなるヒミツ方法


どれもこれもやっぱり、
ヌルヌルなだけじゃないか。

膣肉がどうとか、ザラザラとか、凹凸の感じとか、
パッケージに色々書いてあって宣伝に載せられて買ったがそんなのは何にも感じない。

結局ヌルヌル。

あんなに「強刺激」とか「ヤバイ」とか「強烈」とか言って、
実際使ったらただヌルヌルした感触だけじゃないか。

「結局オナホなんてどれ買っても挿入感は同じようなもんなんだよ。」

数本買ってそう悟っていた昔の自分に言ってやりたい。
ローションを少なくしろ、
ゆっくり動かせ、
亀頭で舐めるのをイメージしろ。

使用方法に以下の4つの工夫を加えることでオナホールの気持ち良さが変わる。オナホールにある繊細な感触をペニスで感じられるようになる。ヌルヌルだけではない、そのオナホールに秘められている感触を感じられるようになる。商品パッケージのあの「またか」と思ってしまう宣伝臭に満ちた挿入感はあながち間違いではないのだ(一部本当に宣伝的なもので全く感じられない挿入感も当然ある)

1. ゆっくり動かす

ゆ〜っくり、ゆ〜っくり動かす。これまでシュッシュッシュッシュッ素早く動かしていたのをゆっくりゆっくり動かす。そして目をつぶってペニスが膣壁をはっているをイメージする。

2. 大きく動かす

ゆっくり動かすだけではない。ゆっくり「大きく」動かす。ゆっくりちょこちょこ動かしても繊細な感触は感じられない。大きく動かすのである。「根本」まで挿入したら今度は「亀頭先」まで動かすのだ。抜くと萎えてしまうので抜けないギリギリのところまで動かす。これをゆっくりした動きで続ける。ペニスが膣壁の感触を感じ取っていく。

3. ローションを少なめにする

ゆっくり大きく動かしても、結局挿入感はあまり変わらない。なぜならローションが多いからである。ローションを少な目にする。つくだにの豆1つぶ程度のローションを入れる。それだけで良い。そうすることでオナホール内の凹凸もザラザラ感も繊細に感じられるようになる。

4. 亀頭で膣壁を舐めるのをイメージする

ローションを少なめにしてゆっくり大きく動かしても、確実に繊細に感じられるわけではない。さらにもう一つ重要なことがある。それはオナホールの内壁、オマンコ内の膣壁を「亀頭で舐める」のイメージすることだ。目をつぶりながらイメージすることである。冷めた感情で感じられるものではない。なぜなら繊細だからだ。

「こんな感触もあったのか!」

ローションを少なめにしてゆっくり大きく動かし、それをしばらく続ける。すぐにシュッシュッ素早く動かすことはしない。しばらくそのゆっくり大きく動かすのを愉しむ。目をつぶり、亀頭で膣肉を舐めるように味わう。

同じオナホールなのに、この工夫使用方法で今まで気づかなかった新たな感触を発見をすることになる。似たようなオナホールだとしても、毎回買うたびにそのオナホールは以前買ったオナホールとはまた違う感触が楽しめてしまう。

まったり系のオナホールが変わる

ニュルニュルの中にさらに繊細な感触を味わえるようになる

「オナホールの断面図を見ると盛り盛りした膣壁がある。グネグネ曲がってる。すごそうだ」と思って実際使用するとただのニュルニュル。騙された気分になる。結局まったり系オナホールは何をしてもまったりなんだと悟る。

しかし、上記の方法でそれらの繊細な感触をニュルニュルの中に感じられるようになる。例えば、R20の膣壁にはイボイボがあるが、このイボイボによる「ザラザラした繊細な感触」をニュルニュルの中に感じられるようになる。オナホールに施されたその盛り盛りしたイボイボやザラザラのエロティックな膣壁、それらは結局何にも感じないと思っていた感触が感じられるようになる。

強刺激系のオナホールが変わる

気持ち良さが分かって痛く無くなる

「なんだこれ!痛いだけじゃないか!洗濯板でこすってるみたいだ」と思っていたオナホールが気持ち良く使えるようになる。ただし強刺激系オナホールの場合はローションは少なめにするのではなく「カタめのローション」を使用する。固めとはドロドロしたローションのことを意味する。

例えば、洗い不要ローションの「ハード」である。これらの固めのローションを使用して、ゆっくり大きく動かす。そうすればそのゴリゴリした感触を気持ち良く繊細に味わえるようになる。「地雷に当たった」と思って即効ゴミ箱行きにならなくて済む。

中刺激系のオナホールが変わる

多角的な挿入感を味わえるようになる

「中刺激でオールマイティーなオナホールとうたわれるオナホールを買っても結局ニュルニュルなだけだった」そう思っていたオナホールでも、それぞれ違う感触を多角的に感じられるようになる。どれも一緒くたになってただニュルニュルに感じてしまうのに対して、それぞれ繊細な感触を複数感じられるようになる。

より繊細に感じられる追加工夫:内部を温かくする

寒いと感覚が鈍る。寒い冬は手足や唇の感覚も無くなる。しかし、暖かいと感覚は鋭くなる。同じように、内部が温かければ冷たいオナホールで感じられなかった感触も敏感に感じられるようになる。オナホウォーマを使ってオナホール内部を温めれば、上記の工夫方法で感じられる繊細な感触を「より鮮明に」感じられるようになる。亀頭は粘膜なので温度差による感触も敏感に感じ取れる。そのため、多大な気持ち良さアップとなる。この追加工夫はショボイ工夫方法ではない。


「他のオナホールと挿入感はあまり変わりません」といった口コミが目に入っても気にすることはない。この使い方をすれば強刺激系でもまったり系でも、複数の感触を「繊細に」ペニスで感じ取ることができるようになるのだ。そしてさらに気持ち良くなる。この工夫によってさらに気持ち良く感じるので、疲れた気分もより瘉されるのを感じる。

[sc:onahofan-top-auth-section]