「電動オナホにはAVが必須だって?」そのオナホ時代は終わったのだよ。つい最近、その時代の終わりを息子を通じて感じ取ったのだ…電動オナホの上位機種”性家電”で息子と遊んでいるときに!あなたも息子と一緒に新しい時代を迎えよう!”性家電”で!

性家電はAV無しで即射精できる

電動オナホール(性家電)の『NLSピストン』と『A10サイクロンSA+PLUS(プラス)』と『A10ピストンSA』を並べた様子|撮影:ONAHOFAN.COM

「AVが要らない電動オナホール」ずばり「性家電」である。大枠では電動オナホールに分類される。

AV無しであっという間に射精してしまった

性家電にはAVは必須ではない。|撮影:ONAHOFAN.COM

その性家電を「あえてAV無しで」実験的に使用したときに驚いてしまった。『A10サイクロンSA +PLUS(プラス)』も『NLSピストン』も『A10ピストンSA』も「AV無し」であっという間にイッてしまったのである。

A10サイクロンSA+PLUS(プラス)はペニスの肉棒と亀頭を同時に長くて分厚い舌で舐め回されているぐちょぐちょフェラ体験であっという間に射精してしまった。

NLSピストンはヘドバンのように頭を動かして激しくじゅぽじゅぽフェラされる激しさ満点のフェラ体験であっという間に射精してしまった。

A10ピストンSAはフェラだけでなく手コキも騎乗位感も人間としているようであっという間に射精してしまった。

AV不要感が性家電に共通している

性家電に共通してAVは不要|撮影:ONAHOFAN.COM

それらすべての性家電に共通していた。「AV無しでもあっという間に射精できる」という点が共通していた。

それまでオナホールというのはAVが必須であった。電動オナホールでも必須であった。しかし、その「オナホにはAVが必須」という時代は終わりを迎えたと悟った。性家電の使用を機に悟った。

“人にしてもらっている体験”なので即射精してしまう

性家電の挿入感は”人にしてもらっている体験”|撮影:ONAHOFAN.COM

なぜAV無しで射精できるのか、なぜ一般的なハンドオナホールや大型オナホールや電動オナホールではAVが必須的なのに、性家電ではAVが必須に感じないのか。その理由は「人にしてもらっている体験かどうか」である。

性家電は人に抜いてもらっている体験なのでAVが要らない

「人にしてもらっている体験」なのでAVが不要に感じる|撮影:ONAHOFAN.COM

電動オナホールの最先端とも言える性家電の使用体験は一言で言うと人にしてもらっている体験だ。だからAVが要らない。

人間との性行為にAVは必須ではないのと同じように

人間は性行為にAVを基本的に使わない|撮影:ONAHOFAN.COM

本来、人間はフェラやセックスの最中にAVというものを使っていない。そもそも使う発想さえ浮かばないほど不要に感じる。理由はやはり「人間にフェラしてもらっているから」「人間とセックスしているから」という当たり前すぎる見解…

「なぜフェラやセックスの最中にわざわざAVを使用する必要があるのか」といった疑問さえ出てくるほど、人間との性行為にはAVは必須とされていない。

ただ、おいそれと四六時中フェラやセックスするわけにはいかないので「AVとオナホールで代替する」という時代になっていった。

しかし、その時代が新たに覆された。「AVが必須ではない」と感じる次元に至ったのである。性家電がその次元に至らせてくれた。性家電は「人間との性行為を体験できるマシーン」とも言える。

人間や性家電にとってAVはオプション

人間にとってセックス中のAVはオプション扱い|撮影:ONAHOFAN.COM

人間が性行為の最中にAVを使用するというのはもはや「オプション」的な感覚である。性家電でも同様にAVを使用するのはもはやオプション的な感覚となる。

性家電は目をつむりながら使用すると勝手に人の姿が浮かび上がってくる。目をつむると勝手に適切な喘ぎ声が脳内再生される。そこにAVが入る余地は“オプション的”でしかない。

性家電は人間との性行為の体験なのでAVは必須ではない

性家電も人間と同じくAVはオプション的な立ち位置だった(メーカーやショップはAVを一緒に勧めようとするものの、必須には感じない。)|撮影:ONAHOFAN.COM

性家電はその次元に在る。人にしてもらっている体験だからAVが必須に感じない。

「オナホールにはAVが必須」「オナホールには妄想が必須」そのようなかつてのオナホールの常識が性家電には無い。

性家電というのは人間の土俵に一歩を足を踏み入れている凄まじいオナホールなのだ。

AVが要らないおすすめの電動オナホ(性家電)一覧

「亀頭と肉棒を同時に舐め回されるフェラをされたい」

電動オナホ(性家電)の『A10サイクロンSA+PLUS(プラス)』は「亀頭と肉棒を舐め回されたい」ときにおすすめ|撮影:ONAHOFAN.COM

「亀頭責めされたい」「分厚くて長い舌で肉棒に絡みついてくるように舐め回されたい。」なおかつ「肉棒だけでなく亀頭も同時に舐め回されたい。」なおかつ「濃厚に肉棒に染み入るような濃度で舐め回されたい…」「濃厚でまったりねっとりじっとりじっくり時間をかけて長時間舐め回されたい」といった場合は『A10サイクロンSA+PLUS(プラス)』が最適でおすすめの電動オナホール(性家電)となる。それらの濃厚なれろれろフェラをこのA10サイクロンSAプラスで体験できる。

A10サイクロンSAプラスは人間と違って亀頭と肉棒を同時に濃厚に舐めてもらえる体験ができる|撮影:ONAHOFAN.COM

A10サイクロンSAプラスは「舌が分厚くて長くてなおかつフェラの技能に極めて優れているプロ」にしかできないようなフェラを体験できる。「人間とは思えないほど人離れしたフェラ技能」である。肉棒を同時に舐めながら亀頭も「非常に濃厚に」舐めるというのは相当難しい。舐めることができても肉棒か亀頭のどちらかが淡白なフェラ感触になってしまう。しかし、A10サイクロンSAプラスは肉棒も亀頭も「同時に濃い濃度で」舐め回される。

プロ中のプロのローリングれろれろフェラを自宅で低価格で体験できる|撮影:ONAHOFAN.COM

その“プロ中のプロ中のプロ中の”フェラを吉原に行って10万近く払ってプロ中のプロにお願いしなくても、この性家電で自宅ですぐに体験できてしまう。おまけに風俗特有の「費用が空気に溶けていく(特に射精時や退店時に。)」といった虚しい感覚にさいなまれずに済む。商品代金分はあっという間にペイできてしまうほど使用回数を重ねている日々となる。それほどやみつきになってしまう性家電である。

A10サイクロンSAプラスは最高速度まで上げても全然激しくないので物足りないのが欠点|撮影:ONAHOFAN.COM

ただ、物足りない。最高速度まで引き上げたときに物足りない。どこか理性で制御されたような「中堅クラスの激しさ」が限界速度になっている。そこでついに登場した。「理性が外れたような激しさの性家電」である。それが以下の電動オナホール(性家電)である。

「ラブラブ絶頂期と言わんばかり激しいじゅぽじゅぽフェラをされたい」

電動オナホ(性家電)の『NLSピストン』は「じゅぽじゅぽ激しいフェラをされたい」ときにおすすめ|撮影:ONAHOFAN.COM

「A10サイクロンSAプラスの最高速度の速度では物足りない」「れろれろ舐め回されるのではなくオーソドックスにじゅぽじゅぽとフェラされたい」「フェラって言ったらじゅぽじゅぽフェラだろう!なんでれろれろフェラなんだよ!」「静かなフェラではなく野生にかえったような理性が外れたような愛に溺れて貪り食ってくるような激しいじゅぽじゅぽフェラをされたい!」といった場合は、『NLSピストン』が最適でおすすめとなる。それらの激しいじゅぽじゅぽフェラをNLSピストンで体験できる。

獣を彷彿とさせる激しいじゅぽじゅぽフェラを体験できる|撮影:ONAHOFAN.COM

NLSピストンはまるで獣だ。野獣だ。理性が外れた人間のようだ。ドラゴンボールで言うと「大猿」である。「白目状態のスーパーサイヤ人」である。目を閉じると自身の股間でその獣が激しく頭を上下に動かしてじゅぽじゅぽフェラしてくれている体験にすり替わる。これが凄い。すり替わる。グワッとすり替わる。次元が歪むような感じである。目を開けて本体を直視しているとこの体験は大幅に薄まる。しかし、目を閉じると次元が歪む。「人に激しくじゅぽじゅぽフェラされている体験」にすり替わるのだ。

意図的に想像で補うといった配慮が不要、勝手にフェラを想像してしまう|撮影:ONAHOFAN.COM

「最近、セックスシーンではなくじゅぽじゅぽ激しいフェラしているシーンで勃起してそこで抜きたいと思っている」といった場合はNLSピストンである。たいてい、そのシーンで手コキで抜こうとすると「やっぱり物足りなくてセックスシーンにスキップしてしまう」といったことがよく起こる。しかし、NLSピストンは目をつむるとそのシーンになる。激しくじゅぽじゅぽフェラされていてそのフェラで射精に至るシーン、それが目をつむると目先に自然に投影される。意図的ではない。勝手に投影させられる。

愛に溺れて理性が外れたようなフェラを体験できる|撮影:ONAHOFAN.COM

意図的にそのシーンを想像しようとしていないのに、身を流されるように勝手にそのシーンが目をつむった先に投影される。上下にじゅぽじゅぽされるというよりは詳しく表現すると「キツツキ」や「シーソー」のような感じで「円を描くように上下にフェラしてくる」といったフェラである。別の表現をすると「椅子に座っている状態で、相手が床にしゃがんで愛に溺れて貪り食うように自身の肉棒をじゅぽじゅぽと激しく口擦りしてくる」といった体験となる。

NLSピストンで体験できたのはフェラ挿入感のみ|撮影:ONAHOFAN.COM

ただ、体験できるのはフェラのみだった。手コキ感がない。動作は1モーションのみ、それがじゅぽじゅぽフェラだった。手コキ感はあまり感じられない。そして騎乗位シーンにも合わない。AVをオプション的に利用した場合、騎乗位シーンで抜こうと思ったときは「騎乗位シーンでフェラされる感触でイク」といった感覚である。NLSピストンはとにかくじゅぽじゅぽフェラのみだった。そこで手コキと騎乗位感も体験するにはNLSピストンの上位版である以下の”A10ピストンSA”が必要となる。

「激しいじゅぽじゅぽフェラだけでなく手コキ感や騎乗位感もされたい」

電動オナホ(性家電)の『A10ピストンSA』は「激しいじゅぽじゅぽフェラだけでなく手コキや騎乗位感やVRやAV連動を楽しみたい」ときにおすすめ|撮影:ONAHOFAN.COM

NLSピストン同様に「じゅぽじゅぽ激しくフェラをされたい」それだけでなく「手コキもされたい」それだけでなく「騎乗位感も体験したい」さらに「AVVRに連動して使用したい」といったときは『A10ピストンSA』が最適でおすすめの電動オナホール(性家電)となる。

A10ピストンSAは下位機種であるNLSピストンのじゅぽじゅぽフェラの他に手コキ感や騎乗位感を体験できる|撮影:ONAHOFAN.COM

NLSピストンで体験できるのはじゅぽじゅぽフェラのみだった。「手コキされたい」といったときには独特の手の動きを感じられない。もちろんA10ピストンSAでも「手が肉棒に触れる指の感触」の直接的な感触も無い上に「女性のスラッとした手で肉棒を握ってくれている」といった視覚快感もない。しかし「ハンドオナホを装着してその上で手コキしてもらっている」といった独特の手コキ感をやっとA10ピストンSAで体験できる。

A10ピストンSAはAVに連動できたりVRとともに楽しめる|撮影:ONAHOFAN.COM

さらに、A10ピストンSAとNLSピストンとの他の違いはやはり「AV連動」や「VR連動」である。NLSピストンは連動機能がない。ただ、性家電にとってAVというのは必須に感じられることはない。あくまでオプション的な立ち位置となる。しかし、今後ずっと使い続けたいといったときにやはり人間がセックスにAVをBGMなどに取り入れたりするように、AVの連動やVRとの連携をしたくなってくるときがありそう、というときはA10ピストンSAが最適となる。

最高のものが欲しい場合はNLSピストンではなくA10ピストンSAがおすすめ|撮影:ONAHOFAN.COM

「う〜ん、AVはもういい」「VRには手を出したくない」「フェラだけでいい」といったときは3倍も安いNLSピストンが最適となる。「私は完璧主義だ。絶対に妥協はしたくない。最高のものしか要らないのだ!」といった場合は『A10サイクロンSAプラスA10ピストンSA』の二刀流がベストとなる。

この二刀流であなたの“息子さん”も大喜びしてくれるだろう!

女性店員「プレゼントですか?」

[はい、私の息子へ。]

女性店員「いいですね〜〜(ほっこり」

女性店員「それでしたら…そうだっ、
こちらの”専用スタンド“でもっと喜んでくれると思いますよ〜」