“オマンコ内”で味わえるこの「亀頭が弁をくぐる感触」は笑顔がこぼれるほど気持ち良い。“挿入口”で感じるほうの弁くぐりの感触はオマケ程度であるが、中のほうはオマケではない。ただし、この感触は工夫した使い方で初めて感じられる。この隠れ挿入感がとても新鮮な感触なので飽きることがない。非常に重宝するお勧めの使い方である。

ドリュ感は挿入口だけじゃない!ナカでも似た感触が味わえる!

ガールフレンド〔※人体系(胴体型)大型オナホール、現実女性の等身大、NLSオリジナル製〕の隠れ挿入感は、オマンコ内で亀頭が弁をくぐる新鮮な感触。具体的に言うと、亀頭のカリ首に弁がひっかかりながら生物的に「ニュドリュッニュドリュッ」とくぐっていく感触である。

ガールフレンドの隠れ挿入感

ローション少なめ、目を閉じ、亀頭で味わうようにゆっくり動かす

ガールフレンドは「挿入口」でも弁をくぐる感触を味わえる。実はさらに「オマンコ内」でも工夫によって味わえるのだ。普通にやるとこの感触は味わえない。しかし、以下の工夫使用方法で初めてその感触を感じることができる。とても簡単である。新たに何も買う必要もない。ローションは少なめにして、目を閉じて、亀頭で味わうようにゆっくり大きく動かすだけである。工夫した使い方によってガールフレンドはさらに気持ち良くなる。

1. ローションを少なめにする

ガールフレンドで隠れ挿入感を味わう方法 手順1 - ローション少なめ -

つくだにの豆1つぶ程度にする。ガールフレンドのオマンコ内はとても深いが、この1つぶ程度のローション量にする。その豆1つぶ分だけ注入したら、外から適度に揉んで膣内全体になじませる。

ガールフレンドにローションを豆つぶ程度だけ注入している様子

2. ゆっくり、大きく、深く、腰を動かす

ガールフレンドで隠れ挿入感を味わう方法 手順2 - ゆっくり、大きく、深く -

ゆっくり動かす。大きく動かす。膣奥まで深く挿れ込む。食べるように深く挿れ込む。

ガールフレンドで大きくゆっくり腰振りしている様子イメージ

今回は早く動かさないようにする

早く動かしてしまうとこの弁くぐりの新感覚感触は感じられない。弁くぐりを味わう時は早く動かさないようにする。

ガールフレンドで早く腰振りしてしまうと隠れ挿入感を感じることができない

ゆっくり腰振りする。そうすれば、はじめて中でその弁をくぐる感触を感じられる。ローションを少なめにした上で、ゆっくり動かす。

挿入幅を「可能な限り」大きく、「食べるように」深くまで挿れ込む

ガールフレンドに深く挿入しきっている様子イメージ

大きく動かして、膣奥までグイグイ食べるように深く挿れ込む。限界まで深く挿れる。股間をいつもより強く押し付けて股間全体で食べるように深く挿れ込む。オマンコ内を入り口から奥まで余すこと無くペニスで味わう。ガールフレンドのその未知的に気持ち良いオマンコを100%味わう。

3. 目を閉じる

ガールフレンドで隠れ挿入感を味わう方法 手順3 - 目を閉じる -

目をつぶって亀頭がオマンコ内の壁を舐めていくのをイメージしながら、ゆっくり大きく食べるように腰を動かす。亀頭で味わうのをイメージする。

事務的にゆっくり動かしても何も変わらない。目をつぶり、オマンコ内の膣壁を亀頭で舐めるようにゆっくり動かす。オマンコ内の壁を亀頭が細かく舐めていくのをイメージする。目をつぶってイメージしながら動かした時にはじめて、「オマンコ内で」柔らかい弁を亀頭がニュドリュニュドリュとくぐる新快感を味わえる。

妄想ではない。実際にガールフレンドのオマンコ内で確実に感じることができる。この部分は繊細なので亀頭がゆっくり舐めるようにくぐった時にその感触を味わえる。ゆっくりだけでなく大きく動かし、そしてイメージすることでより鮮明に味わうことができる。

「ゆっくりな腰振りも欠かせない」と強く思うようになる

ゆっくり動かすとまた違う感触がある。ただリズムカルにスポーティーに腰振りすることだけが気持ち良いわけではない。ゆっくり「繊細に味わう」ように腰振りするとまた違った新たな気持ちよさを味わえてしまう。

そして、このガールフレンドではそのゆっくりした腰振りによって「亀頭が弁をくぐる」という、突然誰かにくすぐられるような新鮮で気持ち良い感触が新たに味わえる。この不意打ちはイクのが早まるほど気持ち良い。ゆっくり動かすのも最高だと強く感じる。

ただし、隠れ挿入感は「隠しコマンド」を使わないと味わえない

この隠された挿入感「隠れ挿入感」は、隠しコマンドを行った人にしか現れない。その隠しコマンドとは「ローションを少なめにし、目を閉じて、ゆっくり大きく深く動かす」ことである。あまり感じない場合は目をつぶると感触が鮮明になってくる。

目を閉じてイメージすることがこの隠れ挿入感を味わえるか味わえないかの決め手である。亀頭がオマンコ内を繊細に舐め上げていくのをイメージする。そして柔らかく筋肉質に締まったオマンコ内の弁に亀頭が「ニュドリュッニュドリュッ」とくぐる新鮮な感触を味わえる。これが気持ちよすぎてすぐにイキそうになってしまう。

隠れ挿入感のおかげで飽きない。押入れ行きにならない

飽きたら隠しコマンド、飽きたら隠しコマンド

ガールフレンドで隠しコマンドを使わない場合は「膣トレでよく締まった元気な生オマンコ」に挿れている挿入感である。毎回同じ挿入感だとやはり単調に感じて飽きてくる。しかし、ガールフレンドには挿入感の「単調リセット」ができる隠しコマンドがある。

ガールフレンドで隠しコマンドを行えば、オマンコ内で「亀頭が生物的な弁をニュドリュッニュドリュッくぐる」新鮮な感触を味わえる。新しい風が入ってくる感覚である。通常時の挿入感に飽きてきたら隠しコマンドの出番。飽きたら隠しコマンド、飽きたら隠しコマンド、この繰り返しで飽きることがない。

隠れ挿入感は生々しく生物的な気持ち良さ、そして新鮮な快感で飽きない

隠しコマンドによってすべてのオナホールがさらに気持ち良くなるわけではない。しかしそんな中、ガールフレンドで味わえるこの隠れ挿入感は生物的で生々しく気持ち良い。人工感がない。人工的に付け加えられた感触がない。とても人間的だ。

生物的な感触なので人間本来の感覚がして生理的にそして本能的にうっとりする。そして隠しコマンドを行うたびに毎回自宅に新しい家電を迎え入れた気分である。だから飽きない。飽きないので「もうこのガールフレンドさえあればいい」と思ってしまう。

「もう、このオナホールさえあればいい」と思えてしまう

特にこのガールフレンドは元々が強烈に気持ち良い上に、隠し挿入感も快感が単調になるのをリセットできるぐらいとても気持ち良い。「このオナホールさえあればいい」という感覚を確実にそして根強く感じたのを鮮明に覚えている。

「節約したい」「本当に神がかった最高のオナホールだけを1つ買って、しばらくもうオナホールは買わない生活にしたい」「新商品が出ても1つだけでやりくりできるオナホールが欲しい」「オナホールが欲しくて落ち着かない日々を何とかしたい」という方にも非常に有効である。毎日セックスができる環境があると“オナニー”は不要になる。ただ、毎日同じ挿入感だとさすがに飽きてくる。でも安心だ。隠しコマンドを出せば必ずイケる。

何回も使っていると調子の悪い時が必ず来る。腰振りしていくら擦ってもなかなか気持ち良くならない。全然イケなくて冷や汗も出てくる。何回コスっても手応えを感じないバトル、そろそろ飽きてきた単調なバトルに ↓↘→+P 、新しい波を呼び起こそう。



– ローションを少なめにして、目を閉じて、ゆっくり大きく深く動かす –



[sc:onahofan-top-auth-section]
[sc:girl-friend-bottom-section]