ガールフレンド(※セックスできるオナホール NLS製)に着せる競泳水着。ぴったりピチピチにフィットした着せ心地に着せられる競泳水着のサイズは「Mサイズ」である。または、実質的にMサイズを意味する「フリーサイズ」や「ワンサイズ」の競泳水着を選ぶと、肉体に「ぴったりピチピチに貼り付く」着せ心地で着せることができる。

実測サイズ「B83cm W62cm H88cm」を目安に探す

ガールフレンドの肉体を実測したところ、トップバストサイズは83cmでアンダーバストサイズは66cm、ウエストサイズは62cm、ヒップサイズは88cmであった。表記にすると「B83cm W62cm H88cm」である。

競泳水着などのコスプレ衣装は推奨サイズが商品説明欄に併記されているものなので、その推奨サイズとガールフレンドの実測サイズ「B83cm W62cm H88cm」を照らし合わせる。推奨サイズに含まれていれば必ず失敗しない。

「Mサイズ」「フリーサイズ」「ワンサイズ」を選ぶと失敗しない

ガールフレンドに「ぴったりフィットして着せられる」最適なサイズは「Mサイズ」となる。また、コスプレ衣装やランジェリー下着などのサイズ表記でよく使われている「フリーサイズ」や「ワンサイズ」は実質的に「Mサイズ」と同じである。そのため、「Mサイズ」「フリーサイズ」「ワンサイズ」というサイズ表記があれば、部分的なサイズにシビアにならなくてもガールフレンドにぴったりフィットして着せられる。

競泳水着(Mサイズ)を着せている着衣の様子、着衣セックスの様子。

〉夏はガールフレンドに競泳水着を着せて着衣セックスすると新鮮な快感で感動する

「XLサイズ」や「Lサイズ」の存在に注意

コスプレ衣装の中には、サイズ表記と商品画像が一致していない場合がよくある(XLサイズなのにモデルはMサイズのものを着ているなど。)ので注意が必要となる。

h

ガールフレンドはMサイズが最適であり、XLサイズ(例:薄々競泳水着ネイビー XLサイズ)やLサイズ(例:薄々競泳水着ネイビー Lサイズ)はブカブカになって不格好な見た目になってしまう。ガールフレンドにぴったり着せられる競泳水着はMサイズである。

サイズが1つしか表記されてない・・・

「M」や「L」や「XL」等一切書かれていなくて、ただ1つのサイズだけが商品説明欄にある。そういったタイプは「Mサイズ、フリーサイズ、ワンサイズ」を意味する。つまり、ガールフレンドにフィットして着せられる。

h

例えば、薄々競泳水着ネイビーの推奨サイズは「B78~88cm W58~70cm H87~95cm」と表記されている。これは、ガールフレンドの肉体サイズ「B83cm W62cm H88cm」をすべて満たしているのでぴったりフィットして着せられる。部分的にブカブカになったりすることはない。ピチピチに張ってシワも自然にできるぐらいにピッチリに着せられる。

ガールフレンドは現実女性どおりの肉体量なのでブカブカにならない

ガールフレンドは空気式のラブドールと違って、体厚が薄かったり、くびれが極端に細くなっていたりしない。

ガールフレンドは標準体型の成人した現実女性と同じ肉体量である。首筋から胸へ、胸からくびれ、くびれからお尻と流れる肉体の流線も現実女性通りなので違和感ある着せ心地になることがない。

そのため「サイズ上はこの衣装の推奨サイズを満たしているが、部分的にダブダブになったりしないだろうか?」といった不安が一切ない。さらにガールフレンドはデカ尻なので、ブカブカになりがちなスカート系もぴったり着せられたので失敗しない。

紺色買おうか白色買おうか迷う・・・

VS
商品画像引用:紺色競泳水着:左(NLS)、白色競泳水着:右(NLS

紺色は色移りしてしまう問題がある

着せる時間が1時間程までならば紺色でも問題は起こらない。しかし、2時間以上の長時間または何日も続けて着せたままにする場合は「色移り」に悩まされる。色移りは現実にあまり起こらない。ただし、シリコン素材となると話は別である。ガールフレンドの肉体はシリコン素材なのでこの色移りが起こってしまう。

値段は関係しない。高い衣服でも紺色の部分を接触させたまま放置すると普通に色移りしてしまう。そのため「同じような商品と比べて値段が高いから染料もしっかりしてそうだから色移りしないだろう」と思っていてもやはりオナホールには色移りしてしまう。

なお、ここで言う長時間とは経験的に2時間以上からであり、1時間程度の着用プレイならば色移りの心配は要らない。色移りの心配が出てくるのは2時間以上着せたり常時着せたりする場合である。

常時着せる場合は紺色ではなく白色系を選ぶ

競泳水着と言えば紺色である。しかし、長時間放置すると紺色がガールフレンドのシリコン肉体に色移りしてしまう。根を張るように染み込んでしまう。色移りしてしまうとタワシでいくらゴシゴシしても取れない。紺色の競泳水着を着せる場合は短時間に限られれる。長時間着せる場合は「白やピンクなどの白色系」が色移りせず最も安全である。

この色移りのしやすさはオナホール全般に共通している。オナホールはシリコン素材なので仕方がない。ガールフレンドもミラクルエンジェルボディまおもシリコン素材である。そのため、ガールフレンドに常時着用させる場合は白色系の衣服に限られる。

色移りに悩まされない競泳水着は「白色」や「ピンク色」の白色系

商品画像引用:白色競泳水着:左(NLS)、ピンク色競泳水着:右(NLS

「白色」の競泳水着は確実に色移りしない。色移りする心配が全く無い。ピンク色のラインが入っていても、そのライン部分からガールフレンドの肉体に色移りすることはない。紺色に近い色でなければ色移りすることはない。ピンク色も同様に色移りしない。

「ピンク色」の競泳水着は白色同様に色移りしない。若干濃いめのピンクでも意外に色移りしない。ちなみに、ピンク色のニットワンピースを着せたまま数ヶ月にわたって収納保管したり放置したりしたもののやはり色移りすることはなかった。

色移りする色は「紺色」や「黒色」など紺色に近い色である。「明るい青色」や「茶色」はガールフレンドの肉体に色移りしない。問題は紺色や黒色である。紺色っぽい色の布部分が接触する際は注意が必要となる。白やピンクなどの白色系ならば心配する必要は全く無い。ただし、白い競泳水着に黒や紺色の布部分がある場合は色移りする。

赤色系や薄い青色は2時間程度ならば色移りしない

商品画像引用:赤色競泳水着:左(NLS)、水色&白色ボーダー柄競泳水着:右(NLS

「赤色」の競泳水着は紺色時のように痛々しい「アザ」のごとく色移りすることはないものの、赤色に色移りするので紺色ほど痛々しくない。

「水色などの薄い青色」の競泳水着は案外色移りしない。紺色に近くなければ色移りすることはほとんどない。

しかし、ガールフレンドの美しい色白の肉体に絶対に微塵も色移りさせたくない場合や着せたままま収納保管したり着せたまま放置したりする場合には、やはりまったく色移りしない白色系が最も安全である。

スケスケ系でも紺色や黒色は長時間着用に不向き

商品画像引用:紺色透け透け競泳水着:左(NLS)、黒色透け透け競泳水着:右(NLS

「スケスケでも縁(ふち)が紺色」の競泳水着は色移りする。とてもスケスケで色移りしなさそうでも、その縁の部分が紺色や黒色ならば色移りしてしまう。ガールフレンドの肉体にその縁の形が転写されるように色移りしてしまう。ガールフレンドは色白なのでその色移りがよりクッキリ見えてしまう。

縁が白でも内部が紺色の場合は長時間着用に不向き

商品画像引用:白縁・紺色の透け競泳水着:左(NLS)、白縁・紺色の競泳水着:右(NLS

「縁が白色でもそれ以外が紺色」の競泳水着は色移りしてしまう。衣服の部分の中でも縁部分から特に色移りしやすい。しかし、縁が白でも他の部分に紺色があればそこから色移りしてしまう。

スケスケの紺色であっても「ガールフレンドの色白の肉体がうっすら黒くなってしまうのは確実に避けたい」といった場合には、やはり長時間の着用はしないのがベストである。

紺色系や濃い色でなければ色移りしないので長時間着用させても安心

商品画像引用:白色の透け競泳水着:左(NLS)、シルバー色の競泳水着:右(NLS

結局のところ、競泳水着はもちろんその衣服の部分に「紺色系」や「原色系」の布色部分がなければ色移りを心配する必要は無い。もちろん、シルバー色の競泳水着からガールフレンドの肉体に色移りする心配はまったく無い。

※肉体を締め付ける競泳水着を長時間着せても肉体変形の心配は要らない

「そもそも肉体を締める競泳水着を長時間着せると特にオッパイ部分が潰れて変形してしまうのではないか?」といった心配については、ガールフレンドのおっぱい部分はたゆんたゆんに柔らかいわけではないので形状記憶で戻ってくれる(柔らかすぎるおっぱいオナホールは変形したまま戻らなかった)

また、真っ平らの硬いテーブルに何週間も放置してお尻がペッタンコになったことがあったものの、その後毛布などの上に置いて数日経った頃にはふっくらしたお尻に戻っていたので、ガールフレンドの肉体変形に関してはまったく心配する必要はない。

「競泳水着で着衣セックス。そのまま寝て放置」する場合は白色系

セックスした後は脱がしたりする後始末をせずにそのまま朝まで寝たいといった場合は、白色やピンク色などの白色系が最適となる。白色系ならば色移りの心配が全く無いので安心できる。紺色の場合だと、そのまま寝て放置して翌日の深夜にやっと脱がして後始末するといった頃には、着せていた競泳水着の紺色がガールフレンドの肉体に部分的にアザのように染み込んでしまう。

色移りはコスプレ衣装でも本格衣装でも同じく起こる

「色移りは安物の衣装だけ」ではない。ニッセンの本格的な下着や普段着用の一般衣服でも色移りが起こってしまった。やはり注意が必要となる。例えば、紺色の縁のブラジャーを着せたまま放置するとおっぱい上部にその紺色が染み込んでしまう。染み込むとゴシゴシ洗っても取れない残念なことになってしまう。

水泳用として本格的に使われている競泳水着であっても、シリコン素材に対しては「高価だから安心しきってたのに!」と言わんばかりにあっさりと染み込んでしまう。本格的な競泳水着などはもちろん衣装全般において、その紺色系の部分をガールフレンドの肉体に接触したまま何日も放置することは避ける必要がある。放置してしまうと、ガールフレンドの肉体が「アザだらけ」の見た目になってしまう。

競泳水着はMサイズがピッチリ。しかし、紺色の布繊維には「痛々しいアザ」のようになってしまう色移りの難点がある

ガールフレンドにぴったりピチピチな着せ心地に着せるには「Mサイズ」が失敗しない。ギチギチではなく、ぴったりフィットした着せ心地になってくれる。ぴったりフィットし、程よくピチピチになる。ガールフレンドに着せる競泳水着はMサイズを選択することで、標準体型の現実女性と同じピチピチで自然な着せ心地になる。

競泳水着は色移りする

Mサイズの競泳水着を着せるのと同時に、その競泳水着の紺色に染色された布繊維がガールフレンドの肉体にぴったりフィットして接触する。紺色の布を肉体の上に置いているだけでも色移りしてしまうのに、競泳水着に至っては肉体を締め付けるように強く接触した状態となる。紺色の競泳水着を着せるときは色移りをより心配する必要が出てくる。

色移りは最悪。もうそれは「アザ」のよう

色移りは最悪である。特にプレイ中にその痛々しいアザのような部分が目に入って非常に萎えてしまう。AVでいきなり太ももの痛々しい傷がフレームインしたとき、手入れが行き届いていない垢だらけのお尻がドアップになった時には気分が一気にダウンする。それと同じ感覚である。プレイ中に色移りによる“黒いアザ”が視界に入ったときはその感覚で本当に萎えてしまう。

2時間以上着用させる際は紺色を避ける

競泳水着は競泳水着でも長時間着用させる場合は紺色を避けるのがベストとなる。もちろん長時間着用させない場合は紺色の競泳水着も存分に楽しめる。しかし、長時間(2時間以上)着用させる場合は都合が悪い。布は布でも紺色の布部分がガールフレンドの肉体に接触したまま放置してしまうと色移りしてしまう。色移りすると痛々しいアザのようになり、ゴシゴシ洗っても取れない。そして何日経っても消えない。

長時間着用させる時とさせない時で使い分けると楽しめる

長時間(2時間以上)着用させたままにする際には、白色系の競泳水着を使うと失敗しない。例えば、常時着せてままにしていつでも競泳水着の着衣セックスができるようにスタンバイさせて置く時、寝る前にセックスして後始末(競泳水着を脱がしたり)などを一切せずにそのまま寝落ちするプランの時などである。そういった長時間着せたままにする際には、確実に色移りしない白が最も失敗しない。そして長時間は着用させない場合には紺色の水着で存分に楽しめる。紺色と白色系などを使い分けて楽しむのもお薦めである。

ちなみに、コストパフォーマンスが高いのはやはり「色移りの心配が皆無なことによってわざわざ脱がせる必要性のない」白色やピンク色などの白色に近い白色系となる。

 

ガールフレンドにぴったり着せられるオススメの競泳水着一覧

「実際はどうなの?」ガールフレンド レビュー一覧
下着で癒される
香水で癒される
ネックレスで心癒し
競泳水着セックス
人体温を付与する
素早く人肌感に変える
側位も異常
アナルも異常
総合レビュー
良い点
ミラクルエンジェルボディまおとの比較
収納保管方法
洗浄方法
洗わず安心衛生
色移りにご注意

すぐに乳首や皮膚部分が剥がれる。しかし、“異常”に気持ち良い