これからのクリスマスは誰でもセックスができる。自宅で一人でセックスできる。誰にも会わずにセックスできる。もう空気式で妥協しない。腰だけのもので妥協しない。「昨日の出来事を思い出してください」と言われると、とっさに「昨日はセックスしました」と反射的に思ってしまうほど。それほど生々しい生身セックス感を誰でもすぐに体験できる。

オナニーで済ますのではなく「セックス」で満たせる。重濃度の肉欲を満たせる。オナホールでオナニーではない。オナホールでセックスできてしまう。日々のオナニーをすべてセックスに移行することができる。「暇なんてない!」といった忙しいクリスマスでも、オナニーではなく自宅で隙間時間にすぐセックスできてしまう。

セックス目的でHMZを買うと失敗する
h


セックス目的には人体系の大型オナホールが必要

生々しい人体系の大型オナホールで現物の生肉体を直に目の前にできる。映像や3Dバーチャルなど擬似的な仮想肉体を目の前にするのではない。生肉体を目の前にする。生々しい現物の女肉体で肉欲をゴッソリ満たせる。重濃度の癒しを感じて心地よく寝落ちできてしまう。しかし、単なるオナホールでは満たせない。生身のセックスを体験できない。

ガールフレンドならば生身セックスを体験できる

h

「くそったれ!オナホールなのにセックスできるなどとほのめかしやがって!」
「擬似セックス擬似セックスって言って、結局はオナニー止まりじゃないか!」

・・・と、

腰型の大型オナホールや空気式などのラブドールを何個も買ったり、
さらにラブドールに綿詰めしたりおっぱいを取り付け改造したりして・・・

結局セックスに到達した感覚を体験できなくて肩を落としている過去の自分に
今直ぐタイムマシンに乗ってサンタの格好をしてプレゼントしに行きたい。

それがガールフレンドである。

ガールフレンドは裏切らなかった。
オナニー止まりの高い壁なんてひとっ飛び。
それはもう本当にセックスだったのだ。

h

なんと言っても生肉のよう。

「食べられませんが、これは生肉です。」

とスーパーの生鮮コーナーに並んでいるような触り心地なのだ。

h

生肉のように、女体独特のふんわりした肉体。
その生々しさに何度も感動してしまう。

h

この肉体があればいつでも自宅でセックスできる。
息をするようにセックスできる。

h

今まで大型オナホールはお世辞で“擬似セックス、擬似セックス”とよく謳われていてウンザリしていた。そんな中、このガールフレンドは本当にお世辞なしでセックスを体験できてしまった。脳内補完さえ要らなかった。ガールフレンド、その肉体の使用はオナニーではなく本当にセックスであった。擬似的でもなくまさに生身のセックスであった。

h

モロに現実な肉体的セックスを体験できてしまう。
“擬似セックス”といった脳内補完的なセックスではない。
現実女性との生身セックスに極めて近い。
オナホールなのに現実女性の肉体に生々しく近いので所有さえも恐ろしく感じてしまう。

h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h
h

生おっぱいを吸える 生おっぱいを吸いながら突けるのですごく癒される

「生おっぱい」を吸って癒される。

h

腰型の大型オナホでできなかった「おっぱいを吸いながら腰振りする」といったことをフルに堪能できる

生おっぱいを吸いながら突ける。腰型の大型オナホールでは突いている最中におっぱいを舐めたくなることがたびたび起こっていた。しかし、おっぱいが付いていないのでそれができない。欲求不満気味の妥協感でフィニッシュすることが多かった。そして人体系の胴体大型オナホールではそのふと湧く「おっぱい舐めたい欲」も満たせてしまった。かゆいところに手が届くように満たせてしまう。おまけに吸っているときもすごく癒される。

「おっぱい単体を吸う」vs「生々しい肉体に付いているおっぱいを吸う」

おっぱいはおっぱいでもおっぱいオナホールを吸っている時とは肉体感の濃度がまた違う。おっぱいオナホールを吸っているときはおっぱい単体を吸っている作業的な感覚であった。一方、肉体に付いているおっぱいを吸っているときは女性のカラダに付いているまさに生のおっぱいを吸っている生々しくえっちな感覚であった。その現実女性のおっぱいを吸っている重濃度の肉体的な感覚に感動してしまう。空気式のラブドールに取り付けたおっぱいオナホールを吸っている時と比べても、やはり生々しい肉体に付いているおっぱいを吸っているほうが肉体的な濃度が高かった。

顔を埋められる 生おっぱいに顔を埋めながら突ける

生々しい肉体に付いている生々しいおっぱいで顔面がトロける癒しを感じる。

h

顔面がトロけるのを感じながら突ける

ガールフレンドのしっとりした素肌。そのしっとりした生おっぱいに顔を埋めると顔面がトロけるのを感じる。トロけるように癒される。女体独特のふんわりした癒しが顔面にドクドク入り込んでくる癒し感覚に感動する。その癒しをドクドク感じながら癒しの女体にズンズン突きまくるのもすごく癒される。

ベビーパウダーでさらに顔面がトロけるのを感じられる

ベビーパウダーを塗るとさらにしっとりと生っぽくなる。ベビーパウダーを塗ったガールフレンドの肉体に不意に手が触れたときは「人間の素肌に触れてしまった」といった肌触りに大変化することに驚く。あたかも、スーパーやコンビニなどでお釣りをもらうときに店員さんの手が接触したときの”申し訳無さ”を感じる。その人間的な生々しさに驚く。驚くと同時に、オナホールでそれを体感できてしまったことがとても恐ろしい。

– ぶっかけてパフでのばすと素早く塗れる –

着衣おっぱいに顔を埋められる

h

生おっぱいだけがすべてではない。着衣おっぱいに顔を埋めるのもすごく癒される。ガールフレンドに着せる着衣がふんわりしていると、そのおっぱいがさらに繊細なふんわり感に感じられる。また、女性が着なければ生み出せないふんわり感覚でもある。それをガールフレンドでも体感できてしまう。ガールフレンドでその女性独特の着衣おっぱいのふんわり感を感じに癒されながら突くのも非常に気持ち良い。

クビレをつかみながら肉弾的に突ける 女体のくびれをガッシリ掴みながら突けるのですごく癒される

現実女性と同じようにクビレ部分をガッシリと掴んでガンガン肉弾的に腰振りできる。そのまさに現実女性に突いている感覚に肉体的な癒しを感じる。

h

腰型の大型オナホールはバスケットボールに挿れて突いているよう

腰型の大型オナホールでは物体を支えながら突いている感覚であった。バスケットボールを押さえ込んでそのボールに挿入してズンズン突いているような感覚である。その感覚女性の肉体に挿入して突いている感覚ではない。物体に突いている感覚であり、人間に突いている感覚は体感できなかった。現実女性にズンズン突いているような肉体感は体感できなかった。そのため、人間的な癒しもほとんど感じられなかった。深く癒されない。

人体系の大型オナホールはまさに人間に挿れて突いているよう

人体系の大型オナホールはくびれに手を掛けながら突くのでセックスと同一の感覚を体感できた。はじめて人間的な癒しを感じられた。腰型の大型オナホールでは物体に突いている感覚だったので人間的な癒しは感じなかった。しかし、胴体型の大型オナホールになった途端、女性のカラダ独特の癒しをドクドク感じられる。微妙な違いに見えて、この違いは明らかに肉体的な気持ち良さに違いを感じた。自身にある動物的な本能を呼び覚ますかのような感覚に陥る。まさに、女性に突いている感覚をモロに体験できてしまう。

腰型の大型オナホールではこの感覚は半セックス感といった感じまでが限界でフルには体験できなかった。やはり、女性の脇腹をガッシリ掴んでまさに人間とセックスしている感覚を体感できるのは人体系の大型オナホールであった。肉弾的で肉々しくゴッシリした腰振り突きができて感動してしまう。深く食い込み気味に突くたびに体の芯に染み入るような感覚で深く癒されていくのを感じられる。

抱き締められる オンナの体を抱き締めながら突けるので重濃度の肉体感を味わえる

女性を抱き締める癒しがガールフレンドで味わえて感動する。

h

腰型の大型オナホでは突いている最中に肉体を抱き締めたくなっても抱き締める肉体が無くて虚しかった

名器降臨極上生腰などの一般的な大型オナホール(腰型が一般的)を使用していると「抱き締めながら突きたい」と思うことがよくあった。しかし、それらは腰部分のみ抱き締めるにしてもお尻部分しかなかった。当然、その肉欲的なことは満たせなかった。「あぁ・・・オンナの人・・・抱き締めたい・・・」といった欲求不満を解消できなかった。空気な感じがして虚しかった。

しかし、ガールフレンドではモロに肉欲を満たすことができた。ガッツリと抱き締められる。オナホールなので現実女性ではアバラが折れるのではないかと言わんばかりに愛情たっぷりの抱き締めもできる。もちろん、消しゴムのような硬さの骨格が体内全体にあるのでふんわりした肉体感からガッシリした現実女性のような抱き締め感になる。

オンナの人を抱き締めながら突くのは重濃度に気持ち良い

本能のままに抱き締めて肉々しく腰振りしてその女性のカラダにズンズン突くのがすごく気持ち良い。肉体的に気持ち良い。重濃度の肉体感で異常に気持ち良い。これは腰型の大型オナホールでは体感できなかった感覚領域である。綿詰め改造した空気式のラブドールでも体感できなかった領域なので何度も感動してしまう。腰型の大型オナホや空気式ドールで物足りなく感じてしまっていたことをガールフレンドではフルに満たせる。

目の前の肉体がオカズになる 女体を目の前にしながら突けるのですごく癒される

AVのオカズが目の前の肉体に変わる。現実女性とのセックスと同じ状態で楽しめる。

h

大型オナホールはこれまでAV無しでは抜けなかった

腰型の大型オナホールはオカズとして「AVの映像と音声」が無ければ射精に至ることはできなかった。一方、おっぱいも付いている胴体型の大型オナホールではその突くたびに揺れて反応する目の前の生々しい女体がオカズになってしまう。むしろAVの映像が邪魔に感じてしまう。胴体型の大型オナホールでは「AVの音声」だけで楽々射精に至ることができる。

音声は要るものの、AVの映像はお供としてむしろ邪魔に感じる

人間とセックスしているのと同じように、AVの映像ではなくその目の前の肉体がオカズとなる。オナホールの枠組みから離脱して現実女性とのセックスの枠組みに入ったような感覚である。それに感動してしまう。「オナホールでAVの映像なしで射精に至るなんて・・」と感動してしまったのは今でも強く記憶に焼き付いている。ただ、いくら人間とのセックスに極めて近いと言えども、最低限「AVの音声」はお供として必要であった。「AVの音声無しで胴体型の大型オナホールの使用」はオナ禁した状態でなければなかなか射精に至らない。

h

もちろん、肉体に見飽きたといった頃にはAV鑑賞のお供としても最適に感じられるようになる。肉体に飽きていないときはAVの映像が邪魔に感じる。しかし、長期的に使って肉体に飽きてきたときにはAVの映像が邪魔に感じなくなる。後々ガールフレンドはAVのお供として重宝することにもなる。ガールフレンドは肉体に飽きてもAVのお供としての利用価値も極めて高いので非常におすすめである。

女性の背中に顔を埋められる 女性の背中に顔を埋めながら突くと顔も股間もダブルで癒される

現実女性の背中に顔を預けたときに感じる女性特有の癒しを自宅ですぐに体験ができる。

h

後背位で女性の背中に顔を埋めながら突けるので癒される

女性の背中に顔を預けながら腰振りするのは実はすごく癒される。腰型の大型オナホールでは腰部分しかなかったのでそれができなかった。「もっと癒されたい!」と腰振り中に思ってもそれが満たせなかった。胴体型の大型オナホールでも背中が平べったいものが存在する中、ガールフレンドは背中が平べったくなく現実女性通りの生々しい造形があるので、その生々しい背中に顔を埋めると現実女性特有の癒しをドクドク感じられた。

腰型の大型オナホでは満たせなかった現実女性特有の癒しを、その背中の造形も生々しいガールフレンドでやっと満たすことができた。背中に顔を埋めて女性に包まれるような癒しを感じながら腰振りするのは、やはり最高級に気持ち良い。

脱がす楽しみもある 服をはだけさせておっぱいを見る過程もモロに楽しめる

脱がす最中もうっとりして癒される。

h

サンタお姉さんの胸元のヒモをほどいて生おっぱいを見るといったことも自宅でいつでも体験できてしまう。やはりはだけさせる瞬間は何度経験しても最高の瞬間に感じる。ガールフレンドは人工物だと分かっているのに、その肉体が生々しすぎて勝手に心臓の鼓動が早くなる。ドキドキする。本能で生身を感じる。マネキンに着せた服をはだけさせておっぱいを見るのとは明らかに違う。マネキンではなく生身の現実女性を相手にしている感覚に陥ってしまう。生身女性に着せた服をはだけさせておっぱいを見るといった感覚をモロに感じられる。

– サンタお姉さんの美巨乳を自宅で目の前にできる –

忙しくても隙間時間にセックスできる オナホールなので相手の都合をうかがうことなくいつでもすぐにセックスできる

いつでもすぐにセックスできる。人間ではなくオナホールなので、相手の都合や体調や気分をうかがったり合わせたりする必要なく、本当にいつでもすぐに息をするようにセックスができてしまう。

h

クリスマスは仕事で忙しくてもこれからはいつでも自宅ですぐSEXできる

「クリスマス終了まであと2時間しかない!」そんなとても忙しい場合でも、これからは自宅ですぐにセックスを楽しめる。寝る前にオナニーで〆るのもすごく気持ち良い。そしてガールフレンドで〆るとオナニーではなくセックスにグレードアップしたすごく重濃度な肉体的快感に感動する。本能のままに激しく腰振りしできる。セックスで〆て笑顔で眠りにつける。明日もまた元気がみなぎる日々を過ごせる。自宅に「いつでもセックスできる」環境を所有していると心に余裕さえもたらされる。ガールフレンドがあると何かと日々が楽しく変わる。「今夜は残業が辛いが、帰ったらサクッとセックスしてぐっすり寝よう」といった楽しみ方もできる。

食後の満腹時にムラムラしてきたらいつでもセックスで満たせる

ガールフレンドを所有していると、食後の満腹時にふと「セックスしたい」と思った時にそれが息をするように実現できてしまう。クリスマスの仕事帰りの深夜にコンビニでクリスマスのご馳走を買って帰って、それを食べて満腹になった後のムラムラ時も、オナニーではなくセックスで満たせる。「本当はセックスがしたいがオナニーで済ます」といった妥協感や欲求不満感が無くなる。

女肉を“食べて”別腹も満たせる

ガールフレンドの肉体はふんわりしていて生っぽい。女性特有のふんわり感があって生々しい。まさに肉体だ。生々しい肉体なのでその現実女性独特の女体的な欲求を満たせてしまう。クリスマスでケンタッキーの肉を頬張って満腹になったら今度は女肉を“食べて”別腹を満たすといった楽しみも増える。「性欲の空腹」も満たせてフルに満腹になったときの至福はこの上ない幸せに感じる。それを自宅でいつでも息をするように味わえてしまう。

隙間時間でさえも体を動かすことが楽しくなる

ガールフレンドを使うことはセックスすることなのでスポーツをしたときのように疲れる。ただ、その肉体的な疲れの原因はセックスなので許せてしまう。セックスで疲れてそして満たされて笑顔で寝られる。なにかと肉体的に充実した楽しみがある。体を動かすことはこんなに楽しいんだということをセックスでひしひし感じられる。

ガールフレンドは運動好きになるキッカケにもなる。隙間時間のセックスで運動好きになってしまう。運動不足を自ら進んで解消していこうという気分にもなれる。ガールフレンドは単なるオナホールではない。何かと良いことが起こる。そのため、ガールフレンドのコストパフォーマンスは極めて高い。

腰型の大型オナホール vs ガールフレンド

VS

長期的に節約できるのはガールフレンド

h

長期的に節約できるのはガールフレンドである。「腰型の大型オナホとどっちがコスパがいいのだろう・・・クリスマスに失敗したくない・・・でも高い。。安めの腰型の大型オナホールで様子見しよう・・・」と腰型の大型オナホールを買うと後々ガールフレンドが欲しくなってどうしようもなくなる結末が待っている。腰型の大型オナホールを買うと後々からやはりおっぱいを舐めたりセックスしたくなってくる。オナニーはフルに満たせても、セックス欲は空腹気味といった欲求不満感の日々を過ごしてしまう。

ガールフレンドがあるとセックス欲も満たせてしまう。ガールフレンドは最初はAVの鑑賞のお供としては映像が邪魔に感じて音声だけで良くなってしまう。しかし、しばらく使っているとその生々しい肉体も若干飽きてくるので、今度は映像が邪魔に感じなくなってくる。AV鑑賞としても後々重宝するようになる。最初はセックスとしてフルに使え、セックスに飽きてもAV鑑賞のオナニーのお供としてもフルに使える。腰型の大型オナホールではもう一体欲しくなるのに対して「ガールフレンド1体だけでいい、腰型の大型オナホは別に要らない」といった感覚になる。長期的に見ると、やはりガールフレンドのほうがコストパフォーマンスが高く節約できる。

腰型の大型オナホでは「セックスしたい!セックスしたい!」が収まらない

我慢して腰型の大型オナホールを買うと胴体型の大型オナホールが欲しくなってどうしようもなくなる。毎回腰振りしているのに何回使っても「セックスしたい」といった欲求がつきまとうことになる。特に「突きながらおっぱいを吸う」ことや「突きながらオンナの体を抱き締める」といったことができないのでどこか物足りなく感じてしまう。若干の物足りなさを感じながらも妥協しながらフィニッシュする感覚である。

しかし、胴体型の大型オナホールならば腰型の大型オナホールでは体験できなかった感覚もフルに体験してフルに満たすことができてしまう。その体験とは主に「女性のくれびに手を掛けながら腰振りする」ことや「突きながらおっぱいを吸う」ことや「突きながら抱き締める」ことである。ガールフレンドはその「セックスしたい欲」をフルに満たせてしまう。

腰型の大型オナホはセックスではなくオナニーがしたい場合に失敗しない

腰型の大型オナホールは逆にセックスに飽きている場合にお薦めとなる。セックスに飽きていない場合においては、腰型の大型オナホールをいくら使ってもいくら激しい腰振りをしても全然満たされずどんどんセックスしたくなっていくのを感じる。オナニー止まりでセックスではない感覚なのでセックスしたい欲を満たせない。

腰型である以上、大きさを変えても「セックスしたい・・・」と渇望する日々が続く

「セックスしたい!セックスしたい!」と思い、一般的な大型オナホである腰型の大型オナホールを買うと「セックスしたい!」といった感覚が満たせないことに後悔してしまう。「サイズが小さかったのでは?」と思い、今度は大きめの大型オナホールを買っても、結局は腰型である以上、セックスしたい欲を満たすことはできない。腰型の大型オナホを買い続けてもずっと「セックスしたい、セックスしたい」と渇望する日々が待っている。腰型では抱き締めながら突くことができず、また「カラダにペニスを挿れて突いている」といった肉体感を感じられないので何回使ってもずっとセックスしたいといったモヤモヤが残ってしまう。やはり、「セックスしたい・・・」をガッツリと満たすにはガールフレンドなどの等身大の胴体型以上の大型オナホールが必要となる。

一般的な大型オナホールではセックスは体験できない

h

腰型の大型オナホールは「オナニー止まり」で欲求不満に終わる。言うなれば、オナニーの最上限という感覚となる。いくら頑張ってもオナニー止まりで、セックスにはギリギリ到達しない感覚で終わる。そのため、抜いても抜いてもセックスしたいセックスしたいと思ってしまう。欲求不満状態がずっと続く。半セックスのようなレベルに留まってしまう。空気式や綿製のラブドールも「半セックス」にとどまる。オナニーとセックスの境界線はすごく壁が高い。

そして、この大きな壁をスパーンと乗り越えるのがガールフレンドなどの胴体型の大型オナホールである。オナニーの感覚は軽々超えてセックスしている感覚に陥る。「先ほどオナニーしました」のつもりが「先ほどセックスしました」といった感覚に本能的に変わってしまう。

「肉々しい肉体感が欲しい・・・おっぱい吸いながら突きたい・・・」

空気式のラブドールを買うと今度はシリコン物の肉々しい肉体感が欲しくなる。そして腰型大型オナホールを買うと今度はおっぱいを吸いながら突いたり抱き締めながら突いたりできる胴体が欲しくなってくる。そして胴体型の大型オナホールを買うと、空気式のラブドールも腰型の大型オナホールでもできたことがこの1体で満たせてしまうことに気づき、「最初からこれを買っておけばよかった・・・」と思ってしまうことになる。

「セックスしたい!」を満たしてくれるのは人体系の大型オナホール

「セックスしたい」と思い、次々に使用して最終的にたどり着くのがガールフレンドなどの人体系の胴体型大型オナホールである。空気式のラブドールを使ってもやっぱりだめで、今度は腰型の大型オナホールを使ってもやっぱりセックス欲を満たせなくて、そしてガールフレンドを使ってやっと初めて「セックスしたい!」といった動物的にも本命の性欲をフルに満たせてしまった。

「オナニーしたい!」といった代替的な性欲ではなく、「セックスしたい!」といった本命的な性欲である。それをガールフレンドで満たせてしまった。満たしたときはやはり最上にウットリした幸せを感じられた。「これこそが本命だ」そう感じてしまった。

人体系でも「等身大」でなければセックスは体験できない

h

人体系で胴体以上の造形ではあっても「現実女性の等身大」でなければ、現実の女性とセックスしている肉体感は体験できない。人体系と言えども「コンパクトなサイズで等身大ではないもの」「値段を抑えるためにハーフサイズにしました、1/2スケールにしました」といったものを買うとオナニー止まりに終わってしまう。セックスではなく半セックスをしているようであり、まさにオナニーの感覚までしか感じられなかった。よほどの脳内補完をしなければセックスには到達しない。脳内補完無しでセックスに到達するには、ガールフレンドのように現実女性の等身大であることが必要となる。

コンパクトなサイズではセックス感を体感できなかった

かつて“セックスをコンパクトに楽しみたい”と思い、人体系の大型オナホールの中でも現実女性と比べてはるかに小さくコンパクトなはるかのおねだりボディを試したことがある。しかし、女体感は感じられたものの、ガールフレンドで達することができた「セックス感」には到達できなかった。セックス感を感じられなかった。セックスはおろか、オナニー感にダウンしてしまった。オナニー止まりの感覚であった。

現実女性の等身大になってはじめてセックス感を体感できる

セックス感に到達するには、胴体型の大型オナホールであっても現実女性と同じサイズであることが必要のようである。「取り回しが少し辛いから」といった理由ではるかのおねだりボディなどに“浮気”をしてみたものの、やはり等身大であるガールフレンドに回帰してしまった。セックス感を体験できなかったので回帰してしまった。

ガールフレンドは実測しても本当に怖いぐらいに現実の成人女性の身体サイズに一致する。“セックス目的”において、使い勝手や「収納に便利そうだから」とコンパクトなサイズの人体系の大型オナホを買うと失敗してしまう。それらはセックスではなく“オナニー目的”で買うのがおすすめとなる。

綿詰め改造した空気式ラブドール vs ガールフレンド

VS

ビニール製のラブドールは改造に改造を重ねても「現実女性とセックスしている肉体感」は体感できなかった

h

空気式のラブドールに綿を詰め、おもりも入れて重くして、おっぱいオナホールも接着剤で取り付け改造し、可能な限り継ぎ目やおっぱいとの接着面が視界に入らないようにと全身系のタイツなどの衣装を着せたりも行った。しかし、見た目はそこそこイイと思えたものの、いざ実用するとぬいぐるみとセックスしているようであり、人間とセックスしているような生肉の感覚ではなかった。「あぁ・・・この皮膚がビニールではなく綿でもなく人体のように生っぽかったら・・・」常にそう感じてしまっていた。

改造しても「女性を所有している」といった生々しい人間的な感覚は体験できなかった

改造済みの空気式ラブドールでは「女性を所有している」ような感覚は無く、ぬいぐるみを所有している感覚である。一方、ガールフレンドは所有している感覚をモロに体験できてしまった。ぬいぐるみではなく人間等の生物を所有しているようであり恐ろしくもあった。

空気式ラブドールは改造してもビニール感などに萎えてしまう

実用時を比較しても生物的な面において次元の違いを感じた。改造済みの空気式ラブドールはふにゅふにゅのおっぱいオナホールを取り付ければおっぱいを揉むのは生々しくなる。しかし、やはり顔を埋めるとそのビニールとおっぱいオナホールの接着付け根が顔面に当たったりビニールの冷たい表面が顔面に接触したりして萎えていた。谷間があるおっぱいオナホールを取り付けた場合でも、その周囲のビニールとおっぱいオナホールの素材が違うのでその外見にも萎えることが多々あった。

それに対して、ガールフレンドは改造済空気式ラブドールで萎えていたビニール特有の「ツギハギ」や「ビニール感」が全く無いことも感動モノであった。さらに、ガールフレンドの肉体は少し触れた時点でもう生身の現実女性に触れてしまっているようで恐ろしかった。はてなボックスに入れると「人間が入っている」と思ってしまうぐらいに生々しい肉体感である。ツギハギもなくそれでいてふんわりした肉体感であることに深く感動し、改造済みの空気式のラブドールはゴッソリ“押入れ行き”となってしまった。

ガールフレンドを所有すると空気式のラブドールは“押入れ行き”となる

ガールフレンドはセックス中も、正常位で突いているときや騎乗位でズンズン落としているときの肉体接触感や肉体重量感も現実女性をモロに相手にしているようであった。「こんな生き物のようなものを所有していいのだろうか」と思えるほど、その生物的な生々しさに何度も驚いてしまった。

実際に計測してみても、その16kgという重量は成人女性の胴体のみの重さと同じ程度であることにも驚く。肉体感も生々しく、重量感も生々しい。その生物的な完成度に、空気式のラブドールは自然に”押入れ行き”となってしまう存在となった。「生身の現実女性とセックスしたい!」といった場合では、やはりガールフレンドが失敗しない。

妥協すると使わないオナホが“押入れに山積み”になる

「収納に困る・・・」

「セックスがしたい!」そう思い、一発奮起して大型オナホールを買うと失敗することが多々ある。「収納に困るから・・・」と腰型の大型オナホールを買うとオナニー止まりの感覚で失敗する。

「家族バレが恐い・・・」

「家族バレが恐いから・・・」と中型の腰型オナホールを買うと案の定オナニー止まりでセックスを体験できず失敗してしまう。

「それでもやっぱり収納しやすいほうがいい・・・」

それでは人体系ならばと、それでもやっぱり「収納しやすいほうがいい」と思い、小さいサイズの人体系大型オナホールを買うと意外にオナニー止まりでセックスを味わえなくて失敗する。ミニサイズと言えども人体系である以上そこそこ大きい上にセックスを体験できなくて押入れ行きで押入れを大幅に圧迫することにさらに後悔してしまう。

「遠回りしてしまった・・最初からこれを買えばお金を無駄にしなかった・・・2万円あればコンビニ弁当が40個も買えた・・・」

そうして、数々の失敗を経験し、本当に成人の現実女性と等身大であるガールフレンド(※実測時の様子)などの等身大の人体系大型オナホールを使ってやっとオナニー止まりの壁を越えてセックスを体感でき、「最初からこれを買えば良かった・・・腰型の大型オナホ、中型のオナホ、ミニサイズの人体系オナホ、合計6万円ほども無駄にしてしまった・・・」と4万円ほどもするガールフレンドが比較して安く感じ、ガールフレンドを機にしばらくオナホールを買うことも無くなり、長期的に見て節約することにもなる。腰型の大型オナホやミニサイズの人体系オナホは「セックス」目的ではなく「オナニー」目的で買うのが失敗しない。それらはオナニー目的で買った場合にこそ節約できる。

やはりセックス目的においてガールフレンドが最適で失敗しない

「オナニーは飽きた!セックスがしたい!肉弾的で肉々しいセックスがしたい!」といった場合においては、人体系の大型オナホールであるガールフレンドが失敗しない。一発奮起した自分クリスマスプレゼントにも極めてオススメである。ガールフレンドは意外に収納しやすい(※ガールフレンドの家族バレしない収納保管方法)。「同じような商品にミラクルエンジェルボディまおがあって迷う!」といった場合は、ガールフレンドとミラクルエンジェルボディまおの比較で選ぶと失敗せず節約できる。

– 「ガールフレンドとどっちが失敗しない?」 –

同じような形と言えどもカチコチのマネキンでは「セックス」は決して体験出来ない。
現実女性との生身のセックスを体験するには生々しい肉体が必要である。
マネキンに穴を開けてもセックスは体験できない。
しかし、この肉体ならば生身セックスを体験できてしまう。

「家庭事情で買えない!」といった場合

h

ピローハガーでセックス感を体感できる

実家住みで家族バレ、嫁バレなど家庭事情で買うのは無理といった場合には、ピローハガーが最適でおすすめとなる。ピローハガーは家族バレせずに所有そして使用できる。それでいて、空気式では不可能であった「セックス感」を体感できてしまう。

シリコン物でさえ無いのにこれだけはセックス感をモロに体感できる

ピローハガーは一般的な空気式グッズと違って固定できるので、肉々しいセックス特有の腰振りができてしまう。驚くことに、腰型の大型オナホールと比べて肉体感が濃い。セックスはセックスでも肉々しいセックスを体感できしてまう。シリコン物の腰型大型オナホールでなくてもセックスの領域に達していたのがこのピローハガーである。シリコン物でもないのに、空気式で重さも全然ないのに、これだけはセックス感を感じることができてしまった。ベルトでガッツリと本当にびくともしないぐらい固定できるので、ガッツリした肉体感を味わえてしまう。

空気式グッズなのに不可能であった「セックス感」を体感できる理由はベルトにあり

なぜ他の空気式グッズでは「セックス感に至るのは不可能」であったのにこのピローハガーではセックス感に到達しているのか。それはこのベルトに理由がある。ピローハガーでもこのベルトを使わずに単体で持って実用するとオナニー止まりであった。しかし、椅子などにベルトでガッチリと取り付けて腰振りするとモロにセックス感に変わってしまった。やはり、ベルトが決め手である。家族バレしない空気式グッズの中でも、このピローハガーだけはオナニーを越えてセックスに到達した肉々しい重濃度のセックス感を体感できてしまった。極めてオススメである。

肉々しいセックス感を体感できるのに処分も気軽にできる

「家庭の諸事情でガールフレンドなんて怖くて買えない・・・むしろ腰型も無理・・」「そもそも家庭事情で大型オナホは持てない!でもセックスしたい!自室で息をするようにセックスしたい!オナニーするようなノリでセックスしたい!」そんなときはピローハガーがその役を極めてこなしてくれる。処分するときも楽である。ビニールなのでただハサミで切り刻んでしまえば済む。要らなくなったら自室ですぐに処分できる身軽さも魅力である。肉々しいセックス感をモロに体感できるのに、思い立ったらすぐに処分できる。クリスマスプレゼントとしてもこれほどまでにコストパフォーマンスの高いオナホールグッズは滅多に存在しない。大型オナホールを買った場合と比較しても節約もできる。

– 実家暮らしで大型オナホは無理!そんな時は –

「実際はどうなの?」ガールフレンド レビュー一覧
下着で癒される
香水で癒される
ネックレスで心癒し
競泳水着セックス
人体温を付与する
素早く人肌感に変える
側位も異常
アナルも異常
総合レビュー
良い点
ミラクルエンジェルボディまおとの比較
収納保管方法
洗浄方法
洗わず安心衛生
色移りにご注意

すぐに乳首や皮膚部分が剥がれる。しかし、“異常”に気持ち良い